BASE(ベイス)自動出品ツールの詳細について

ジンです。

自動出品ツールを提供してから興味を持ってくれる人が多くなって来ました。

そんな中で、今回はこのツールの出来る事を紹介して行きますね。

BASE自動出品ツール BASE ASSIST機能紹介します。

BASEの出品ツールを提供している意図としては、出品自体が面倒で辞めてしまう方が多いからです。

BASEショップは、無料で作成できます。
ですが、当然無料なので集客力が弱かったりとデメリットも存在します。

その為、本気で出品しないと売れないで終わるのが現状のBASEショップです。
あくまでも無在庫での話となります。

有在庫では、価格が安かったり、配送が早い為、出品数は少なくても売れる可能性は十分あります。
無在庫では、初期の投資リスクが少ない分、作業で補う必要があります。

機能① 中国サイトからの抽出機能(アリババ、タオバオ、天猫、アリエク)

BASE ASSISTでは、アリババ、タオバオ、天猫、アリエクより出品情報を取得して行きます。

取得する内容としては、出品タイトル、商品画像、サイズなどBASE出品に必要な情報です。

中国サイトURLを登録する事で、そのショップの扱っている商品全てを抽出します。

機能② サーバーで動くツールです。

ツールの中には、パソコンを常につけておかなければ出品されない。
ツール起動中は、ほかの作業ができない。

この様な物も存在します。
こちらのツールでは、サーバーを利用しています。

その為、設定をしておけばパソコンを消しても自動で出品がされます。
ツール起動中も他の作業が可能です。

ネットを利用していますで、スマホでも簡単な操作は可能です。

機能③ 中国タイトルの自動翻訳、自動修正機能

中国サイトの為、当然取得したタイトルをそのままBASEショップに登録しても意味がありません。

その為、ツールで自動に翻訳されます。

翻訳機能も豊富に用意してあります。

中国語⇒日本語
中国語⇒英語
中国語⇒英語⇒日本語

中国語をそのまま日本語に翻訳。
中国語をそのまま英語に翻訳。
中国語を英語に変換してから日本語に翻訳。

この様に変換も可能です。

中国語⇒英語⇒日本語を選ぶ事により、より変な日本語に変換される可能性がなくなります。

その後、タイトル翻訳を選択可能です。
Google翻訳
Google翻訳+キーワード
キーワード翻訳
キーワード翻訳+キーワード
英文
英文+キーワード
キーワード翻訳+Google翻訳
キーワード翻訳+Google翻訳+キーワード

この様にタイトル翻訳も更に選択可能です。

以下が、翻訳例となります。
中国語⇒英語⇒日本語
キーワード翻訳+キーワード

これを選択した場合となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原文タイトル
古奇天伦8015新款透气舒适百搭粗跟女凉鞋防水台后拉链时尚女凉鞋

英語タイトル(google)
Gucci Tianlun 8015 new breathable comfortable wild thick heel women sandals waterproof platform zipper fashion women sandals

日本語タイトル(google)
Gucci Tianlun 8015新しい通気性のあるcomtable野生の厚いヒールの女性サンダル防水platmジッパーファッション女性サンダル

翻訳タイトル
レディースサンダルジッパー 靴 シューズ 防水
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この様に違和感のない商品名に自動変換され出品されます。
勿論、タイトルの追加や変更も可能です。

無在庫では、沢山の出品が必要になります。
良くあるのが、自分で考えていると同じ様な商品タイトルになって来てしまう。

これをツールを使用する事で防ぐ事が可能です。

機能④ タイトルの前後に自動でキーワードを追加可能

タイトルプレフィックス、

タイトルプレフィックスに新規商品

タイトルは、以下の様になります。

新規商品 レディースサンダルジッパー 靴 シューズ 防水 a1

これは入れなくても入れても良いです。
入れた方が管理がしやすいなど自由にお使い下さい。

機能⑤ 商品詳細の自動入力

商品詳細にも

使用方法としては、
詳細プレフィックスには
ショップフォロー案内。
クーポン発行案内。
Line@へのリンクなど。

毎回初期に入れる文面を入れておきます。

などなど、毎回入れる文面を入れておくことで商品説明が毎回自動で入力されます。

正直、コレだけでも良いと言う方は商品説明すら書かなくても出品可能です。
商品画像のみで判断して購入してくれるお客様もいます。

こだわりたい方は、

機能⑥ 自動連携のオンオフが可能。

こちらのツールの流れとしては、
①取得したい中国サイトを登録する。
②ツールが中国サイトの情報、商品が画像を取得する。
③取得した情報をツールで制御し出品する。

この様な流れです。
自動連携をオンにしていた場合は、全て取得したまま出品します。

自動連携をオフにしていた場合は、ツール内に取り込みだけします。
その後、修正などをしてから出品します。

この様に、事前に出品する商品を確認したいのであればオフ。
取得した商品をそのまま出品するのであればオンにしておけば良い訳です。

BASEからでも出品後は、修正可能です。

連携には、
価格再連携、在庫数再連携、詳細再連携がオンオフ可能です。

オンにしていた場合は、再度情報をツールが取得した際に変更されていた場合は、自動で修正します。
簡単に言って、在庫数の変動があった際は、取得した時に在庫が変わっていればBASE側でも変更されます。

※情報の取得時により状況は変わります。
中国サイトそのものの在庫数が適当な場合は、品切れの可能性はあります。

※タイトルなど自身で修正した場合は、オフにしておかなければ再取得した際にタイトルが元に戻ってしまいます。

機能⑦ BASEショップは3ショップ同時に運営可能。取得サイトは5サイトまで可能。

ツールでは、現状3ショップまで連携可能です。
また取得する中国サイトは、5サイトまで可能です。

使用方法としては、
BASEショップ①
BASEショップ②
BASEショップ③

中国サイト①
中国サイト②
中国サイト③
中国サイト④
中国サイト⑤

この様にあった場合。
BASEショップ①と中国サイト①、②を連携する。
BASEショップ②と中国サイト③、④を連携する。
BASEショップ③と中国サイト⑤を連携する。

この様な事が可能です。
この様な設定をする事で、3ショップが同時に構築されて行きます。

※BASEショップは連携を解除する事で、無数に作成する事が可能です。
BASEショップ①②③にある程度出品数が増えた。
BASEショップ④⑤⑥を新たに連携する。
この様な事も可能です。
注意としては、連携を外すと情報が更新されなくなります。

BASEショップ④⑤⑥は新規で連携したので情報を取得します。
BASEショップ①②③は連携を解除したので情報の更新はストップします。

この様に連携できるのは、3ショップになります。
在庫変動などを常に連携するには、定期的にツールないで組み変える必要があります。

再度、連携する事で、情報の更新は可能です。

私の意見としては、中国ショップの在庫は適当な場合が多くあります。
その為、初期に在庫がない商品を出品しなければ良い。

この程度しか思っておりません。
勿論、こちらのツールでは、初期に在庫がない商品は出品されません。

その為、専門店化を図って行く手法が良いかと思います。
例えば、中国サイトでも靴専門店などがあります。

BASEショップ①と靴専門の中国サイトを連携して1つのショップを完成させる。
BASEショップ②とドレス専門店の中国サイトを連携する。
BASEショップ③と鞄専門店と連携する。(鞄は偽ブランド注意)

この様に初期は設定します。
その後、解除して
BASEショップ④、⑤、⑥を新たに開店する。
以後同じ繰り返し。

これをする事で、ある程度の出品数のショップが量産されます。
連携を解除する事で、在庫数の取得はされなくなりますが、
中国無在庫をする以上、在庫切れは避ける事ができません。

ある程度、避けて運用する必要はありますが、
在庫切れを恐れていれて中国無在庫は向かないかと思っています。

在庫切れが起こった際にどのように対応して行くのか?
これをレベルアップさせていった方が良いでしょう。

初期は、この様な手法で量産を続けて行けば必ず売れます。
現在の中国無在庫は、タオバオ、アリババ、アリエクがメインです。

国際送料や、代行費用も大きく変わりません。
その為、如何に多くの露出を可能とするのかで売上が変わってきます。

ツールを使用する事で、
手間なく量産可能です。

手出品の場合は、1品に10分掛かったとして、
1時間で6品。
副業の場合は、3時間も取れれば良い方なので3時間で18品です。

月に540品程度出せれば頑張ったとなるでしょう。
ですが、ツールの場合、多少品質は低下する可能性はあるでしょう。

修正しない場合ですが。
ツールの出品数は、月に3,000品も可能です。

この差を理解しましょう。
しかも自動です。
手間が掛かりません。

外注化した場合、1品100円で依頼した場合。
月に3,000品であれば30万の経費が掛かります。

ツールは費用対効果も抜群って事ですね。

機能⑧ スケジュールで出品を制御する。

ツールでは、10個のスケジュール登録が可能です。

BASEショップ①
BASEショップ②
BASEショップ③

を運用しているとします。
これら3つを10個のスケジュールで管理して行きます。
※1個ショップの場合は、10個登録も可能です。

BASEショップ①の連携時間を7時
BASEショップ①の連携時間を12時
BASEショップ①の連携時間を16時
BASEショップ①の連携時間を20時

BASEショップ②の連携時間を13時
BASEショップ②の連携時間を19時
BASEショップ②の連携時間を23時

BASEショップ③の連携時間を15時
BASEショップ③の連携時間を18時
BASEショップ③の連携時間を21時

この様に10個のスケジュールを組む事が可能です。
この時間になったらBASEと連携して出品が始まるって事ですね。

過度な出品はBASEに目を付けられる可能性がある為、
時間を管理して安全に出品されます。

設定する時間は自由です。
このスケジュール管理をする事で、副業では出品できない時間にも出品が可能となります。

機能⑨ カテゴリー設定。

カテゴリーも事前にBASE側で作成しツールで設定する事で振り分けが自動で可能です。

キーワードは全てのタイトル(補正、翻訳、日本語、英語、原文の順に)をチェックし、
一致したキーワードがあればカテゴリが設定されます。
最大2カテゴリまで自動設定されます。
2つ以上のカテゴリに一致した場合、BASEで設定している順に2つまで設定されます。

この様に、事前にBASEとツールでキーワードを設定しておくだけで
以後出品される商品も自動でキーワードから紐づけして振り分けが可能です。

機能⑩ プッシュ通知の自動化

この機能を使うことでフォローユーザー定期的にプッシュ通知を送ることができ、集客の拡大につながります。

一度設定すると毎週or毎日同時刻にプッシュ通知を送ることができます。

●商品の宣伝
BASEASSISTで取得及び連携した商品を自動で6商品ランダムに選択しプッシュ通知します。

●クーポンの配布
5%から50%まで5%刻みでランダムに自動で作成してくれます。
(高割引率のクーポンは出にくくなっています)

この様に商品の宣伝やクーポンの自動配布が可能となります。

機能⑪ インスタ連携(アカウントにより使用できない方がいるので改善中)

ツールでスケジュールに設定した時間に自動的にインスタに商品が投稿されます。

外部誘導からの集客が見込める機能となります。

手動でも可能なので、インスタはおススメです。

まとめ

この様にザっと書いて行きましたが、細かな点はまだまだあります。

最近BASEもCMを打ったりと成長している企業となります。

露出が増えると当然、利用者が増えます。
購入者と販売者ですね。

BASEには、現状ツールが存在しません。

だから、チャンスだと思っています。
手動では、不可能な出品を自動で実施する。

開いた時間は、その他のビジネスを拡大する。
これもツールを使用する事で時間を節約できるから可能な訳です。

費用対効果を良く考えて見て下さいね。
①自身で無料で出品をする。
完全無料で実施できますが、時間が凄まじく掛かります。
初期は自分でやった方が経験値が上がるので良いかもしれませんが、
1品10分掛かっていれば、1時間で6品です。
ツールで出品できるのは、月に3,000品です。
時間にして、500時間です。
仕事を終えてから500時間掛けて3,000品を無料で出品するのもありです。
でも決して賢いとは言えません。

想像以上に過酷な作業ですから・・・。
無在庫は・・・。

その為、アマゾン、ヤフオク、メルカリなどもツールを利用して費用対効果で稼ぐ訳です。
全ては費用対効果です。

自身がその費用以上に稼げる様になれば、利益が増えて行く訳です。
つまり経費と言う考え方ですね。

掛けた経費以上に最終的にリターンを得る考え。
これは、ビジネスでは当たり前なんですね。

完全無料で全てやる。
この思考の方は、ビジネス思考とは言えません。

どんなビジネスであれ、経費は掛かるものです。
初期投資の意識はしておいた方が良いです。

また、直ぐに収益が出ないと辞めてしまう。
この様な事も思わずに実践した方が良いです。

何度も言っていますが、これはビジネスです。
簡単に稼げる様な怪しい事ではありません。

初期に少しやった程度で利益が出る。
こんな事は思わない方が良いです。

ビジネスには、成果までの曲線があります。

最初なんて成果0、むしろ赤字です。
そこを超えてから最終的に黒字に持って行けば良い。

この位の覚悟がないとより成果までのスピードは遅くなるでしょう。

最近特にこの様な思考の方の参入が多くなっています。
少しやって稼げないからやめる。

この様な意思では、何をやっても稼げません。
ショップもコツコツを様々な試行錯誤を繰り返す事で成長します。

数品、数10品で成果が出る方が運が良いとしか言えません。

最終的に、諦めずに努力した者が大きな成果を得られる。
これは、今がどんな状況でもです。

今が赤字だからと諦めたらそこで終わりです。
どんな状況であれ、作業を続ける事で結果が出ます。

その結果に対して、次はどうするのか?

PDCAすら理解せずに稼げない。
この様な事は、思わない方が良いです。

自分からの情報を得ている方には本当に稼いで貰いたいと思っています。
その為、やさしい事は言いません。

これが事実だから・・。

数か月やって実績がでない。
これは初期は当然なんですね。

運良く出る方もいるし、直ぐに成果がでる人もいる。
これも事実ですが、ほんの数パーセントでしょう。

そんな確率に期待せずに、努力を重ねる。
それが一番の近道なんですね。

その近道を少しでもできればと情報発信しています。
私の今までの知識が参考になる方がいるのであれば教えてあげたい。

興味があれば、以下のサイトより登録をお願い致します。
人数には制限あり。お早めに。

おすすめの記事