日本の中国輸入代行を使わないのはなぜ?

ジンです。

今回は、なぜ私が日本の中国輸入代行を使わないのか?

こちらのテーマで話して行きます。

日本にも中国輸入代行があるけどなぜジンさんは使わないのですか?

この様な質問を受けました。

中国の代行の方が最終的には強いから。

確かに日本にも有名な代行は沢山にあります。
現に使用して来ましたし使いやすかったのは事実です。
ですが、私的に中国輸入をやるのであれば中国人と手を組むのが最終的に強いと思っております。

中国の方が人件費が安い(現状は)

日本の代行を否定しているわけではなく、簡単に考えて見て当然経費が安くなるのは中国である。
この様に思っているからですね。

どうしても日本では人件費が多く掛かります。
確かに中国には億万長者が1億人と日本の人口程います。

ですが、富の格差が広がっているんですね。
お金持ちは1億人いるが、中国人の人口は14億人。
1億人も億万長者いるのに日本の億万長者は210万人程度。

中国に負けてるじゃん。
富裕層の人口では負けていますが、日本と同じく貧困で悩んでいる人も日本人以上にいるって事ですね。

その為、お金を稼ぎたいと考えている人は沢山いる訳ですね。
中国の平均賃金は、790万と高いですが、貧富の差が激しいだけに日本より貰っていない人は
まだまだ沢山いるって事ですね。

その事からも経費が日本より安くて済む場合もまだまだ多いって事ですね。
成長率から見て抜かれる可能性も十分ありますが。。。

この事からもまだまだ安価でやって頂ける中国人は沢山います。

ビジネスなんでもそうですが、販管費の中で人件費の占める割合が一番大きい訳です。
これを考えた際に人件費が安いに越した事はありません。

中国人は対応が雑な場合も多いが全てではない。

中国輸入を実践していると、日本ではあり得ない様な対応をされる事が山ほどあります。

例えば、在庫に関してですね。

中国サイトを見てもらえれば分かると思いますが、在庫数って本当なの?
って思う様な数字が並んでいます。

何万個も在庫が記載されている。
こんなにあるなら安心と思う方も多いかもしれません。

ですが、在庫数って適当な場合も多くあります。
在庫の記載はショップの自由ですからね。

当然正確な数字を入れていないショップも多くいるって事です。
この為、いざ在庫があるからと注文しても在庫切れと返答が普通に来たりします。

在庫有になっているけど?
この様に確認しても ない物はない。

これで終わりです。

また、厄介な事に初期は在庫があります。
この様に返答が来たとしても数日後に在庫がないと来たりします。

まじか。。。。

この様な事は日本で早々ありませんが、中国では頻繁に起こります。

その為、無在庫販売では、在庫切れを防ぐ事は難しいと言っている意味なんですね。

確かに全てのショップが適当な訳ではありません。
在庫数しっかり持っているショップもあります。

初期は、慣れるまで大変かと思いますが、日本はサービスが良過ぎる。
それに慣れているから中国の対応が悪いと思ってしまうのかもしれません。

先ず第一として、在庫切れを起こさない事は、無在庫では不可能に近い。
この様に思っておいた方が良いです。

在庫切れは絶対に起こしたくはない。
この様な事であれば有在庫一択になります。

初期投資をして中国から取り寄せてその在庫数だけ販売するしかありません。
その分しっかりリサーチしなければ売れないものばかりが残り資金繰りが難しくなります。

この様に有在庫、無在庫共にリスクはあります。

全て完璧な手法はないかと思っています。

中国人には日本語を話せる人も多くいる。

これ結構います。

私は当然、中国語を話せないのですが、
なぜ中国人のパートナーさんがいるかと言うと
パートナーさんが日本語を話せる訳ですね。

努力家ですよね。

この様に日本語を話せる中国人はいます。
その様な方を探してパートナーさんになれば良い訳です。

確かに通じない場合もありますが、
ビジネスに支障があるかと言えば全く問題ないレベルです。

私も長年やっていますが、中国では男性より女性の方がしっかりしているイメージがあります。。。

中国の情報は、中国が一番早い。

日本の代行においても当然現地の人員を活用しているので中国の情報は早いです。

ですが、ワンクッションあるのと直では、

直の方が早い訳です。

【代行の場合】
顧客が質問を投げる⇒代行が現地の職員に質問する⇒現地の人が代行に回答する⇒代行が顧客に返答する。

この様な流れになります。

【パートナーの場合】
質問を投げる⇒回答が来る。

この様に無駄な事がなくなります。

今回のコロナウイルスでもそうです。

現地に状況を聞いた方が早いわけですね。

最近は、物流も減便しておりますが動いています。

ショップも今はほとんど運営しているとの情報も得ています。

この事からもパートナーさんとビジネスをした方が安価で強いと思っております。

無駄な経費を抑えられますからね。

まとめ

今回は、なぜ日本の代行を使わないのかを説明していきましたが、
これは人それぞれだと思っています。

当然、日本の代行は日本品質を理解している為、安心感は高いです。
ですが、その分お値段も高い場合が多いです。

それは、経費が掛かっているからですね。

私の場合は、パートナーさんの方が良いと思っているのでなるべく現地の人と手を組んでおります。

現在は、多数の中国人の方と連絡を取れます。
その中からお互いにWIN-WINに慣れる様にしている訳ですね。

当然自分だけが儲かる仕組みはダメです。

互いが儲かるからビジネスになる訳ですね。

現在は、中国輸入は代行を活用すれば誰でも可能です。
今日からでも明日からでも実践は可能です。

要は、やり方を理解すれば誰でもできる訳ですね。

初期は流れが????

になりますが。

一回流れを掴めば簡単な流れなんですね。

私的には、現在在庫は持たない手法としております。
有在庫もやっていたので、腐れ在庫はまだ収納に残っていますが・・・・。

この様に中国輸入でも有在庫、無在庫と稼ぎ方は沢山あります。

自身に合った手法を実践して見て下さい。

私は、時間の自由、場所の自由など。
なるべくパソコンで完結するビジネスをしたかったので無在庫にしているだけなんですね。

個人でも行動次第で稼げる時代です。
このチャンスを逃さず、いち早く行動して見て下さいね。

おすすめの記事