物販で稼ぐ事は難しくない。

ジンです。

昔を思い出すと物販で稼ぐってどうやるの?

この様な疑問が良くありました。

自分になんて売る商品なんてないし・・・。
商売なんてできる訳がない。

昔は良く悩んでいましたね。

ですが、今思えば売る商品なんて無数にある訳です。

物販でも稼ぐ方法が沢山あると言った方が分かり易いかもしれません。

初期に特に思う事としては、中国輸入って難しそう。
この様に感じてしまうかもしれません。

輸入ってだけで、そんなの自分になんてできる訳がない。
この様に難しく考えてしまう事があるかと思います。

輸入って今は誰でもできます。

輸入って今の時代、やり方さえ知っていれば今日でも明日からでも始められます。

特に中国輸入なんて誰でも開始する事が出来るんですね。

転売を例にあげると、例えばせどりです。

せどりはどのように稼いでいるのか?

これは、価格差を利用している訳です。

お店で売っている価格とアマゾンで売られている価格とを比較して
お店の方が安く売っていて手数料を加味しても儲けが残れば仕入れる訳です。

お店で購入して、アマゾンに発送して売れたらお店で購入した金額より
アマゾンから振り込まれる金額が多くなっていれば良い訳ですね。

超簡単に言えば、安く買ってそれ以上に高く販売できれば儲けがでる訳ですね。

これがせどりです。

店舗それぞれ価格が違う訳で、アマゾンで売られている商品も
必ずしもどのお店の価格より安い訳ではないって事ですね。

アマゾンで売られている価格より安く仕入れる事が出来れば儲かる訳です。

その為、せどりではアマゾンのデータを活用する訳ですね。
アマゾンより安く販売していないかなって。

特に在庫限りであったり、型落ち品を狙うのはその為です。

これを考えれば、中国輸入も同じって事ですね。

アマゾンで販売する場合は、アマゾンより安く中国で仕入れる事が出来れば
その差額が儲かる訳です。

初期は、相乗りから実施するのがおススメですね。
大きく稼ぐ事は難しくなりましたが、まだまだ稼ぐ事は可能です。

アマゾンでノーブランドで検索すれば、まだまだ中国輸入商品が多数見つかります。

見つかった中国商品を中国サイトで探す訳ですね。

慣れれば、直ぐに中国サイトが見つかります。
後は、計算してアマゾンに直送して販売して差額として儲かるのか?

これを確認するだけですね。

慣れるまでは、大抵利益が出る商品を見つける事すらできないでしょう。
でも慣れてくれば、意外と見つかるものです。

後は、運も必要ですね。

仮に中国で仕入れてアマゾンに直送すれば儲かる商品が見つかったとします。

中国から仕入れてアマゾン倉庫に届くまでに2週間程度掛かる訳です。
その間に価格変動が起こって赤字になる事もあるんですね。

代行に注文した時は儲かっていた商品が、
いざアマゾンに届いて販売開始した時には赤字になっていた。

もしくは、利益がほとんど取れない価格まで下落していた。

この様な事もある訳ですね。

初期は、軍資金も少ない為、購入できる種類も少ないでしょう。
そうするとより、その様な状況になる場合もあります。

ですが、その状況を乗り越えて徐々に大きな資金を投入できる様になると、
沢山の商品を仕入られる様になっています。

その為、数品は赤字になってしまったが、黒字のままアマゾンに反映されることも多くなる訳です。

数品は赤字でも、その他の商品で黒字化していれば最終的には黒字になる訳ですね。

初期には、自分の購入した価格より赤字で販売する事に抵抗を抱くこともあるかと思います。
ですが、損切と言う考えは必要です。

なるべく早期にですね。

即、損切していれば赤字幅が少なかった商品も、赤字になりたくないとズルズルと粘っていると
取返しもつかない位大赤字になる場合も良くあります。

その為、赤字でも最終的に黒字になれば良い。

黒字になった商品のみリピート販売する。
これの繰り返しが有在庫の基本的な考え方ですね。

自分自身での儲かるリストがどんどん増えて行きますからね。

この様に、中国輸入は今の時代簡単に誰でもできます。

代行が全てやってくれるからですね。

良い時代になったもんです。

一度でも流れが分かれば慣れてしまうくらい簡単な流れです。

流れ自体が分かれば後は、レベルアップをして行くだけですね。

初期には確かに中国輸入は難しいと思うかもしれません。
ですが、やり方は簡単です。

その為、経験者はその上を行く手法をやっている訳です。
手法は簡単だが、太刀打ちできないくらいの価格で販売して来たり、
様々な戦略を練って来る訳ですね。

中国輸入って言っても奥は深いですからね。
慣れてくれば分かりますが、ODM、OEMと自身の商品を作成したりして
独占販売したりと中国輸入でもやり方はいくらでもあります。

その為、先ず自分が伝えたい事としては、
中国輸入を難しく捉える前に先ずはやって見ましょう。

やり方は簡単だから。
中国輸入すらできなければ、その後のOEMなんて無理ですからね。

その為、先ずは難しいと考える前にやって見ましょう。
簡単ですからね。

一回やれば経験値が貯まるので一気に成長します。
こんな難しく考えていた中国輸入も一回仕入れて見たら簡単だった。

こんな事は良くあることで、その後どうするのか?

ここが重要です。

簡単にできる=ライバルも簡単な訳です。

ライバル以上の戦略を練らなければな。
ここからが本当のスタートなんですね。

その為、先ずはやって見ましょう。

中国輸入は、慣れればせどりより簡単です。

せどりは店舗での価格差を探しに行きますが、
中国輸入では中国サイトでリサーチすれば良い訳ですからね。

商品数もせどりの比になりません。

しかもせどりでは、在庫の変動が良くあります。

儲かる商品も購入してしまったら無くなってしまうものです。

ですが、中国輸入の場合は、リピートができます。

生産工場が作っている限り何度もリピートできます。
これが中国輸入の強みです。

せどりと比較すると
せどり=店舗在庫がなくなるまで
中国輸入=生産されなくなるまで

これを考えた時にどちらが楽ですか?

って事です。

しかも売れると分かれば数十個、数百個と仕入れる事が中国輸入では可能です。
せどりで数百個仕入れる事はそうそうないかと思います。

ですが、中国輸入では、簡単に可能な訳ですね。

自宅に居ながらパソコン一台でリサーチして仕入れる事が可能です。
車を使って移動して商品を探すせどりより自由度は高いです。

せどりはせどりの良い点もありますが、
最終的には中国輸入の方が強いかとは思っています。

せどりから中国輸入に切り替える人も多くいますが、
その答えが、中国輸入の方が将来性があるからなのだとは思います。

現に私もせどりから中国輸入に切り替えた身なので良く分かります。

副業でも本業でも良いですが、最終的にパソコンで作業が完結した方が
費用対効果は大きいです。

是非、中国輸入なんて難しくて自分になんてできない。

この様に考えている方は、騙されたと思って一回代行に注文して見た方が良いですね。

あっ。
自分でも出来た。
簡単だった。

ってなりますから。

おすすめの記事