BASE(ベイス)集客を増加できる無料の方法について。

ジンです。

BASE(ベイス)で全く商品が売れない・・・・。

この様な事で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

なぜBASE(ベイス)が売れないのか?

これを考えて見ると大きな要因としては、客数が圧倒的に少ない。
これに尽きます。

今まで私も多くの販路を実践してきました。
そこから思い当たる点として、

①客数が圧倒的に少ない。(回数が少ない。)
②自分の商品が表示されづらい。(BASEのシステム面)
③参入者のレベルが低い。

この様な事が想定されます。

一個ずつ確認して行きましょう。

①客数が圧倒的に少ない。(自ショップを見られる回数が少ない。)

BASEショップは、無料でネットショップが簡単に作れる事を売りにしています。

初心者でも、無料登録する事で、
数分で開店できてしまいます。

非常に便利な時代になりました。

ですが、ネットショップって今の時代、作るだけでは効果はありません。

考えて見れば分かりますが、今は昔と違い無数のネットショップが存在します。
ネットショップの利点は何かと言うと
プラットフォームに依存しなくても良いという事です。

アマゾン、メルカリなどは確かに売れます。
なぜ売れるのかを考えた際に出る答えが
集客力の高さな訳です。

ネットショップで一番必要な作業である集客。
この作業をアマゾン、メルカリの母体が行ってくれるんですね。

だから、一個人が商品を並べて販売した際に
比較的簡単に商品を売る事ができます。

アマゾン、メルカリは確かに手数料が多く取られたり
ルール(規約)を守らなければなりません。

ですが、個人では到底不可能なマーケティングを行ってくれています。

この差がある訳ですね。

広告を撒いたり、テレビ広告を打ったり個人では不可能ですよね。

莫大な経費が掛かります。

この様な費用を母体が行ってくれている為、
安定した莫大なお客様をサイトに呼び込んでくれるから
そこで一個人が販売しても商売が成り立つ訳です。

初心者でも比較的簡単に売上を上げる事が出来る理由が客数なんですね。

副業マン
副業を探していて物販が比較的簡単みたいだな。
アマゾンで商品を販売すれば売れるみたい。
やって見よう。

アマゾン
集客は任せて下さい。
お客様は、こちらで集めます。
その代わり売った商品に対して手数料を貰いますね。
お客様第一主義なのでルールは守って下さいね。

副業マン
せどりを勉強して出品して見たら本当に売れた。
凄いなアマゾン。
でも、やっぱり手数料が少し高いし、規約もどんどん厳しくなってきた。
今後も、このままで良いのかな?
出品できる商品も少なくなって来た。
何よりアマゾンはお客様に優しすぎる。
何でも返品受けちゃうし、困ったもんだ・・・。

アマゾン
お客様の為なら何でもやります。
返品でも当社が決めたルールです。
お客様が要らないのなら返品は受けるでしょ。
規約に関しても良くして行く為には避けられません。
納得できないのであればその他に行けばいいのでは・・・。

副業マン
もうダメだ。
売上が下がってきている。
このままじゃダメだ。
運営側が強すぎる。
何か規制の緩い販路はないものか。。。
この様に、アマゾンは確かに初期に売りやすい販路です。
初心者でも売れやすい環境を提供してくれていますからね。
ですが、運営者側の言いなりにならなければならない。
運営者側がダメってなれば販売者側は従わなくてはなりません。
アマゾンも上手く活用できれば、凄まじく売れる販路である事は事実です。
ですが、毎年ライバルのレベルもアップして来ており、
初心者が簡単に参入して売れる販路ではなくなって来ています。
そこで、徐々に注目を受けているのがBASE(ベイス)なんですね。

副業マン
何か自由に販売できる場所はないかな・・・。
規制にビクビクしなくて手数料も安い所がいいな・・・。

ベイス
誰でも無料で簡単にネットショップを作成できますよ。
手数料も6.4%+30円で良いよ。
しかも売れた時に初めて取るから売れなければ無料だよ。
販売方法は自由だよ。
是非やって見てね。

副業マン
おぉぉ。これだ。
ネットショップ昔から作って見たかったんだよね。
でもネットの知識が無くてチャレンジできなかったんだ。
ベイスは無料で作れるのか。
やって見よう。

ベイス
ネットショップ開設実績、2年連続NO1だよ。
簡単に作成できるように作ってあるからやって見てね。
BASEアプリと言うアプリがあるから
お客様の集客も手伝いするね。
頑張って。

副業マン
メールアドレス、ショップURLを入力して登録。
おぉ。開設できてしまった。
ショップの情報を入力して特定商取引、決済方法を設定して・・・。
確かに難しくないな。
しかも、決済方法も豊富ではないか。
クレジットや、コンビニ、キャリア決済などなど
これを無料で個人が使えるのはありがたい。

ベイス
みなさんが売ってくれれば手数料が入るから
どんどん資金が溜まってシステムを強化していくね。
だから頑張って売ってみてね。
APPSという機能を使えばどんどんお店を使いやすくできるからね。
APPSも増やしていくね。
頑張っていきましょう。

副業マン
無料でネットショップを作れて、規制も緩い。
APPSも使える機能も結構あるな。
これなら行ける。
アマゾン、メルカリを脱却だ。

ベイス
諦めずに頑張ってね。
BASEアプリで集客を図るけど、無料だからそんなに期待しないでね。
集客は、広告なり、SNSを使うなり外部から引っ張ってきた方が良いよ。
どうしも無料だと集客にお金かけらんないんだよね。
自分で考えてみてね。

副業マン
あれっ。全然売れない。
確かに規制は緩い、緩すぎる。
何しても何も言われない。
でも、本当に売れない。
アマゾン、メルカリでは売れた商品を出品しても
無反応過ぎる。。。
なんでだ。。。。
この様な状態に大抵なるんですね。
商売で必要な事は集客なんですね。
商売とは、お客様がいて初めて成り立ちます。
その最大のお客様が少ない=売れづらい。
これが、無料でできて規制の弱い最強のベイスの最大の欠点なんですね。
これを理解しなければならないんですね。
個人でもネット広告を出す事自体は可能です。
ですが、当然お金が掛かります。
しかも、知識がないまま広告を出した所で
お金が掛かるだけで全く集客できなかった。
こんな事も良くあります。
アマゾン、メルカリは高い手数料を取るだけの事はありますが、
商売に絶対に必要なお客様を大量に集めてくれる最大の強みがあります。
じゃあ、やっぱりBASEでは、集客が図れないから売れないのか?
これは、違います。
考えて見ればわかりますが、
今の時代は、SNSなど活用すればお客様は呼び込む事が可能です。
その方法を勉強して、お客様を徐々に集めて行けば可能なんですね。
インスタ、ツイッターなどで沢山のフォロワーがいる。
その人に向けて、ショップのURLを送る。
自分のショップに来てもらえる訳です。
ベイスショップは、ネットショップな訳です。
つまり、ショップURLを踏んでくれれば自分のショップに
連れてくることが可能ってわけですね。
BASEでもちゃんと言っていますよね。
外部からお客様を誘導しましょうねって。
ですが、初めたばかりの人は、
意味が理解出来ていないんですね。
BASE(ベイス)に商品を並べただけで売れる。
この様に錯覚を起こしている場合が大多数です。
確かに売れない訳ではありません。
BASEアプリから売れる場合もありますからね。
でも、それ以上に売りたいと考えた時は、
外部からの集客も自らが行わないといけないって事です。
twitter、インスタのフォロワーを増やせば
ショップに呼べそうなイメージは沸きますよね。
でも、イメージだけで終わってしまっている人が非常に多い訳です。
要は、行動までしていない。
フォロワーを集めて、
新作入荷しました。→ショップURL
セール行います。→セール会場はこちらURL
この様に簡単に書きましたが、
フォロワーが増えれば増えただけショップを見てくれる可能性は
必ず増加します。
理解が出来ているだけではダメって事です。
それをBASEでは本当に実践して結果を出さなければなりません。
この結果を出す方法は、
ジンの日刊メルマガでも話しています。
↓ ↓ ↓
一番多く間違っている事としては、
SNS構築には時間が掛かる。
多くの人が、ツイッター、インスタを少しだけ実践し結果が直ぐに出るものだと錯覚しています。
結果なんてそんな早くでません。
最低でも、3ヶ月は無反応と思っておいた方が良いです。
やり方の違いで大きく変わりますが、
どんなに正しいやり方をしていたとしても
広告などお金をかけずに無料で行う場合は、大抵時間が掛かります。
無料で直ぐにお客様を呼べるほど、甘い話ではないって事ですね。
無料で全てやりたいのであれば、その分圧倒的な作業量で補いなさいって事ですね。

②自分の商品が表示されづらい。(BASEのシステム面)

現在のBASE(ベイス)は、確かに無料だし、無在庫も許されているし
自由度が半端ないです。

ですが、その代償として、
システムがまだ整っていません。

BASEアプリにしても、アマゾン、メルカリの様なお客様に商品を見つけやすい仕様にはなっていません。

BASEアプリで商品を検索しても
良く分からない商品が上の方に載っていたり、
なんでこんな商品が上位に・・・。

こんな状態な訳です。

特集ページに載る商品も担当者のさじ加減って感じです。

要は、システム自体がまだ確立されていない。

この様な状態の訳です。

ここでも、BASEを責めても何も変わりません。

自分の手法を変えるしかない訳です。

様々、やり方を試して見る。
これが正解だと思っています。

簡単に言って
商品名を変えてみる。

BASEでも、検索機能はある訳で、
大抵のお客様は、商品を買う際に商品を検索して
自分の欲しい商品を見つけます。

つまり、お客様が検索しそうなキーワードを入れて見て
自分の商品がちゃんとそのページに載るのか?

これを考える必要があります。

その載る為に必要な作業が商品名の変更なんですね。

「レディース ワイシャツ」
で商品を出したとします。

これでは、お客様に商品を見られる可能性は低いでしょう。

仮にレディース ワイシャツで検索しても
自分の商品が表示される可能性が低いからですね。

レディース ワイシャツで出品しているライバルなんて
無数にいます。

その商品の上位に入る事なんてそうそうないって事ですね。

その為に行わなければいけない事が、
その他のキーワードも商品名に入れるって事です。

例えば、
トレンドキーワードなどですね。

ゾゾトレンド

上記の様なサイトなどを参考にして
今の需要が高いキーワードを入れる方法があります。

ファッションの最大大手、ゾゾタウンが集計している
トレンドキーワードな訳です。

要は、多くの人がこの様なキーワードで検索しているって事ですね。

例えば、結婚式が2位となっています。

①「レディース ワイシャツ」
②「レディース ワイシャツ 結婚式」

商品名を決める際にも、上記2点の場合は、
②の方が、表示される可能性は高まるってことですね。

お客様が、「ワイシャツ 結婚式」で検索した場合、
①では、表示される可能性は圧倒的に少ないです。

②の場合では、表示できる可能性は高まるって事ですね。

同じ商品だとしても、商品名の決め方によりみられる可能性は変化するってことです。

基本中の基本ですが、
商品名も適当ではダメってことですね。

表示されるか否かを決める重要な部分ってことです。

例の為、簡単にしましたが、
この様な考えを持って商品名を決めましょう。

アマゾン、楽天、メルカリなど
同じ様な商品を探して、
どの様な商品名にしているのか?

これをリサーチすれば良い訳ですね。

今の時代、何でもネットに答えは載っています。
それをどのように活用するのか?

これが、自分自身のスキルになります。
自分では、今の時代知識はあまり必要ありません。

今の時代に必要なスキルとは、
無数にある情報を自身が上手く活用できるスキルだと思っています。

知らない事は、検索して分かれば良い訳です。

自身で答えを出すのではなく、何でも分からない事は
検索する(ググる)、他人がどのようにしているのか?

成功者を徹底的にパクる。

これが最強な訳です。

ビジネスでもそうですが、
一から新たなビジネスを作る事は難易度が高すぎますしリスクがあり過ぎます。

多くのビジネスは、成功モデルを少し変える。
合算させてみる。方向性を変える。

この程度で行われています。

要は、みんなある程度パクって成功している訳です。

一個人でもパクる作業は絶対に必要って事ですね。

商品名も初期から全て自分で考えても答えはでません。

既に結果を出している人の商品名がどのような商品名なのか?
この商品であればどのようなキーワードを使用しているのか?

これを見て、使ってみて
自分の商品がキーワード検索で表示されるか?

これを検証して行きましょう。

そして、差別化を図る方法も考えましょう。

他人と比較して目立つ為には何をしなければならないのか?

例えば、メイン画像の変更です。

BASEアプリで良く見かける画像ですね。
何も加工していない。
これでも、売れない事はありません。
でも、お客様に見てもらう、ライバルに勝つための工夫をしているのか?
これに対しては何も考えていないとなります。
ネットで商品を販売する為に必ず必要な事が、
商品を見てもらう事です。
商品をお客様に見られなくては、
カートに入れる→決済する。
この行動まで辿り着けないって事です。
つまり売上になりません。
また、検索結果でライバルと自分の商品が上位に表示された。
でも、画像を何も加工していない。
タップされる可能性を高める行動をしていなければ
見てもらえないかもしれません。


上記2点を見た時に、(②通常は、真ん中に文字は入れません。画像が無かった為お許し下さい。)
どちらの画像がタップされやすいのか?
絶対に②とは言いません。
ですが、赤の洋服は普段着ない。
この様な方は、絶対にタップしてくれません。
例えタップしてくれれば、
黒やブルー、白が表示されるかもしれません。
ですが、多くのお客様はメイン画像で判断しなければなりません。
メイン画像を見て、興味を持ってくれなければ
タップされない。=売れる事はない。
これになる訳ですね。
これも全て可能性の話になります。
赤い服は着ないけど、黒は着る。
この様な場合は、メイン画像に黒も載っていれば
見てくれる可能性が増えるってことですね。
何が言いたいかと言うと
なるべくお客様目線で見た方が良いよって事です。
自分で商品を買う訳ではありません。
買うのはお客様な訳です。
自分では、黒も売っているのに・・・。
と思っていても、それが情報として伝わらなければ意味がない。
その為に、メイン画像でもある程度の情報を載せる工夫をするって事ですね。
これが差別化です。
他人がやっていない事を少しでもやる。
やらないよりやった方が売れる可能性は高まると思っています。
動画でも解説しているので見て見て下さい。
BASE(ベイス)差別化を図る無料の方法

BASE(ベイス)フリーフォント導入方法

何でも行動です。
これやって意味あるかなぁ。
なんて思っているだけでは結果は変わりません。
集客を図りたい。
本気で思うのであれば、行動しています。
結果は、行動して初めて分かる訳です。
想像してばかりいては、何も変わらないって事ですね。

③参入者のレベルが低い。

BASEでは、多くの初心者が参入しています。

その為、適当にやっているショップも多くあります。

良い意味では、レベルが低い為、助かりますが、
逆を言えば、お客様を減らしている場合もあるって事です。

何でもありで、無料ってなれば
多くの人が参入しています。

アマゾンの様に月額が掛かる訳ではありません。

当然、意識が低い人、適当に考えている人が多数いるのも事実です。

その様な事から、対応が悪かったり適当な商売をする人がいれば
当然BASEのイメージも下がるって事ですね。

お客様としては、
BASEで商品を買った=そのショップの対応がBASEのイメージ

となる訳です。

適当な対応をされたお客様が再度BASEで商品を買おうと思うかって事ですね。

BASEでもっと商品を売る為には、客数が必要です。

商売をする事は自由ですし、副業でも可能です。

ですが、

商売をする=ビジネスをしている

商品を売れば、自分の収益となる訳です。

お金を頂く=価値を提供する

価値を提供するからお金を頂ける訳です。

商売をする以上、副業などは関係ありません。
しっかり対応する義務があります。

生半可な気持ちでやるのはやめましょう。

お金を稼ぐ事は、簡単ではありません。

ですが、個人でも頑張って努力すれば
会社以外からの収益を得る方法がある訳です。

私のブログでは、物販で稼ぐ方法や、情報発信で稼ぐ方法を伝達しています。

ですが、根気が必要です。

数週間、数か月かじった程度で結果がでる内容ではありません。

半年間は、自分の人生を犠牲にする覚悟が必要です。

どんな事があっても諦めない。
初期に大きな実績を求めない。

少しずつ少しずつやり方を理解して、行動していく。
その結果として徐々に実績が出てきます。

ネットでは、レバレッジが効きます。

その為、徐々に実績を出して行けば
その後、大きな収益にするのは比較的簡単になる訳です。

0→1が大変。

これは、良く聞くことだと思います。

ですが、事実なんですね。

この図の様に、初期にいくら我武者羅にやっても無給が多いわけですね。

サラリーマンやパート、アルバイトなど、労働収入を経験している人が理解できていません。

1カ月も頑張ったのに1円ももらえない。
もう辞めよう。

多くの場合が、これになります。

この曲線からも分かる様に、
自分がいくら頑張っていると思っても実際の成長はまだまだ成果に対して足りていない。

成果を出すまでのゴールに行きついていないのに辞めてしまうって訳ですね。

やった分だけ貰えるのは、時給で雇われるしかありません。

ネットで少しでも時給で稼ぎたいのであれば
クラウドワークスなどで仕事を得ればよいでしょう。

やった分、必ずお金が貰えますからね。

でも、雇われは大きくは稼げません。

最終的に強いのは、雇う側なんですね。

初期には、この曲線を何度も見て下さい。
頑張ればいずれ、努力量以上に成果が出てきます。

サラリーマン、パート、アルバイトでは得られない金額を得られる訳です。

この辛い0→1を耐えられた者のみ
得られる報酬となっています。

90%以上の方は、副業で挑んでも半年も持たずに諦めて辞めて行きます。
辞めた時点で、人生を変えない事を諦める事にもなります。

副業する人の環境も様々あると思います。
時間が取れる人、全く取れない人。
でも、これは、自分でどうにか作るしかありません。

時間がないからできない。
これは言い訳でしかありません。

どんなに忙しい人でも、
本気であれば、1日1時間は捻出できると思っています。

要は、多くの人は、自分に甘いわけですね。
何かを言い訳にして、行動を止めている訳です。

それでは、結果はでません。
ビジネスは、成果報酬だからですね。

やらなければ、何も言われませんが、結果も出ません。

現在、人生100年時代と言われていますね。
その100年の中で、1年必死に勉強する時間を確保しても良いのではないかと思っています。

本気で1年成果を求めずに我武者羅に実践していれば、
成果を出さない事の方が難しいでしょう。

おすすめの記事