ネット物販の方法を簡単に説明します。

今日はジンです。

 

最近連絡を頂く事の多くでやり方が分からない。
こんな事が良く問い合わせで来ます。

 

私自身では、簡単にできる様にブログで既にやり方を書いているつもりですが、
多くの方には伝わっていない、若しくは見られていない事が要因であると思っています。

 

今回お話する方法は、私のやっている方法になります。
ネット行う物販もやり方は多数存在します。

 

・在庫を持ってやる方法(有在庫)
・在庫を持たずに注文が入ってから商品を用意する方法(無在庫)

大きく分けてこの2種類が存在します。

 

なぜ、私が無在庫をやっているのか?
これは、簡単に言って自分の今の環境に適しているからです。

 

自分には、本業があります。
時間が限りられている訳ですね。

限られている時間において可能な販売方法が無在庫だったんですね。

 

基本物販の流れとしては、
商品を出品する→購入される→商品を発送する→対価としてお金を頂く。

 

この流れですね。

 

・商品を出品する。
これは、外注化も可能です。
でも、初期から外注化を図るべきではないと思っています。
まずは、自分で出して見てコツを掴む。
ある程度経験する事で外注化も容易に行える様になると思います。

 

・購入される
注文が確定するとメールが販路先から来ます。

・商品を発送する。
注文が入った場合は、商品をお客様に発送しなければなりません。
有在庫の場合は、基本自分自身で行う事になりますので、発送作業に多くの時間を費やす事になります。
私は、発送作業に追われていた為、この時間をどうにかできないのか?
その解決策として中国のパートナーさんに発送をやってもらっています。
自分でやる事は、注文が入った商品を中国パートナーさんに依頼すれば終わりです。
自分で発送していた時とは比較にならない程、時間に余裕が持つ事ができた訳ですね。

 

・対価としてお金を頂く。
商品を無事お客様へ届ける事ができて満足してもらって初めてお金を頂く事ができます。

 

 

簡単に話してこの様な流れになっています。
では、この流れは分かったとでもやり方が分からない。

 

そんな方が多い訳ですね。
簡単に言って私のやっている方法なんてパソコンを多少いじれるレベルでできる訳です。

でも、多くの方がその方法すら難しく感じてしまっている。
その理由としてやはり経験が足りないからだと思っています。

 

私のやっている方法なんて、1週間も本気で取り組めば理解できてしまうほど簡単な作業だと思っています。
戦略だなんだは別の話ですよ。

でも、やり方自体が分からない。
そんな事はないと思っています。

 

①中国サイトから商品(ファッション関連品)を出品する。

 

その他にもタオバオ、天猫(T-mall)がありますが、基本私はアリババのみですね。
その理由は、価格が安い事、昔ほど品質も悪くない事。
一番大きな理由としては、アリババは大量仕入れが基本です。
無在庫には向いていない訳ですね。(基本2個以上買わなければならない)
この様な表示がされています。

でも、アリババでも1個から購入可能な場合も多い訳です。
競合はアリババから出していない場合が多いです。
このことを知らないからですね。
その為、私はあえてアリババから出品することで、価格を抑えて販売できる訳ですね。
これが可能なのも中国パートナーさんに事前にこのショップは1個から購入できるか確認ができるから可能になっています。

 

②商品を出品する。
出品に必要な事は、画像と商品説明文になります。
画像の切り取りを行いますが今は簡単に切り抜く事ができます。
BASEでは上手く切り取らないと画像が切れてしまいますので、なるべく正方形になる様に切り抜くと良いでしょう。
これも経験で覚えるしかないと思います。
その他販路では、画像の自動補正がある場合もありますのでその際は気にしなくても良いでしょう。
一番簡単に画像が切りとれる無料ソフトかなと思っています。(その他の無料ソフトでも良い)
Rapture
これで画像は用意できる訳です。
中国サイトの画像をソフトを使って切り取るだけですからね。
誰でもできます。
中国語などは入らない様に切り取った方が良いでしょう。
その為、予め画像を確認して中国語が入っていない画像かを確認しておきます。
ショップによりその傾向は変わりますので、なるべく直ぐに切り取りできるショップを選んだ方が効率が良いです。

 

その後、商品説明に入ります。
この商品説明も確かに初期は躓く要因となっているのかなって思います。

中国語で書かれていては理解できないからですね。
そこで多くの方が止まって作業できなくなってしまいます。

 

確かに商品説明は重要です。
でも、多くの人が商品説明を見ているかって言うとそうでもありません。
特に画像で判断できてしまう事が多い訳です。

 

画像を見てこの服かわいいから買おう。
こんな事がよくある訳です。

 

中にはいますよ。
素材は何を使っているのか?
長さを正確に知りたい。

 

でも、そんなに多くないと思っています。
その様な方は、事前に質問が来る事の方が多い訳ですね。
要は、質問が来たら調べて答えても良いという訳です。

 

その為、商品説明文はある程度で良いと思っています。
基本画像で購入してくれるお客様をターゲートにしても良いと言う訳ですね。

 

簡単に商品説明を書く方法としては、
アマゾン、楽天などを参考に書けば良いと言う訳です。
難しく考えている人は、1から考え初めているのではないかと思っています。

私ですら、何も参考にしないで商品説明を書く事はありません。
だってファッションの知識がズバ抜けている訳ではないからですね。

 

アマゾン、楽天などでメチャクチャ売れている商品は
それなりに大企業な訳です。

商品を如何に売れる様にするにはどうしたら良いのか?
これを個人レベルでは不可能な次元で調査している訳です。

 

その文章だって読む事ができる訳です。
だったらそれを参考に書けばある程度の商品説明文だって素人でも書ける訳ですね。

 

様々なライティングテクニックを見る事ができる訳です。
パクる事はダメですが、参考にして自分の文章に書き換える。
これは可能な訳です。

 

この様にすれば誰でも商品説明が書けない事はない訳ですね。
自分の出品する商品に当たり障りない文章を書いて行けば良い訳です。
そんな細かな事まで書かなくても売れます。
無在庫は出した商品全てが売れる事なんてありません。
売れた商品や、この商品よく売れるな。
こんな事が分かってから商品説明をより良い物に作り直すでも良いでしょう。

 

これで出品ができないと言う人はいないと思います。
難しい事なんてない訳ですからね。

 

あとは、無在庫では、商品管理をしっかり行っていく。
これが重要です。

 

出品のやり方は分かった。
出しまくる。

 

しっかり管理していなければどこのショップの商品かが分からなくなる。
注文が入っても商品を手配できなくなる訳ですね。

 

その為にも、出品した商品を管理して行く事が必要になります。

 

現在、メルマガにて無在庫に必要な管理エクセルを配布しております。
こちらの管理エクセルでは、中国元を入力すれば日本でいくらで販売すれば良いのか。
これを自動計算される様になっています。
これで、何も分からない人でも出品で躓く事はなくなると思います。
自分で作成できなければメルマガに登録して見てください。

 

出品管理をしっかり行い、商品を出品して行けば売れる様になります。
初心者限定で、この方法を使用し売れた際は、ご連絡お待ちしております。

おすすめの記事