BASE(ベイス)売れる可能性を高めた出品方法(トレンド出品)

[su_animate type="lightSpeedIn"]売れる可能性を高めた出品方法(トレンド出品)[/su_animate]

それでは、前回話した通り、無在庫出品も多少リサーチした方が、
売れる可能性を上げる事が出来ます。

その方法の一つであるトレンド検索を実行して行きましょう。

これは、例ですが、やり方を説明して行きます。

google検索に「トレンド 2017」と入れる。

これで、記事を読んで行けばその年のトレンドが把握できます。

また前回話した通り、google検索のツールを活用した別の方法としては、
検索窓に「トレンド ファッション」のみを入力し、ツールの「1週間以内」「1か月以内」で絞り込む事で、新たな記事を検索できます。

また、ファッションサイトなどにトレンドキーワードを既に載せてくれてます。
是非活用して下さい。
例えばファッションの大手ZOZOTOWN。
売れる金額が莫大です。

その分、莫大な情報がそこにはあります。

特にZOZOで私が参考にさせて頂いている物を紹介します。

注目キーワード一覧

これは、お客様が検索する可能性が非常に高いキーワードとなっています。

ここを押さえておくだけでも十分把握できます。

ご丁寧にトレンドキーワードも書いてくれています。
勿論、注目のキーワードランキングの中にも
トレンドキーワードがたくさんありますので、
この様なキーワードを利用し、中国サイトで商品を探してみたり
商品名にこのキーワードを使用する事で、自分の商品が検索される可能性が高まります。

その他にも、

(楽天)注目キーワード一覧

(WEAR)この一週間で話題になっているキーワード

MERY

SHOPLIST

まだまだありますが、この位を押さえておけば良いかと思います。

見つけたキーワードの話題性を確認するには、

Google トレンド

これを活用しましょう。

この表から分かるように、「グレンチェック」は、
9月10日~9月16日の1週間が一番の人気度になっています。

この数字は、検索された数字ではなく、
入力したキーワードに対して、指定した期間中での人気度が分かります。

まだまだ人気がありますが、徐々に人気は落ちて行っている事が読み取れます。

グーグルトレンドの使い方

こちらを見ておくとより理解度が増すと思います。

例としてZOZOTOWNの注目ランキング上位3位で検証してみました。

対象国は「日本」、期間は「過去5年間」

※最初の画像が、「コート」「セットアップ」「グレンチェック」での結果。
※2番目の画像はコートが強すぎる為、コートを無くした結果です。

当然ながらコートが圧勝の人気です。
やって見ればわかりますが、
このグラフからもコートも9月後半より徐々に人気度が上がってきており、
12月上旬、中旬辺りでピークを迎える事が分かります。

この事からも、無在庫販売の利点を活用し、
需要の開始段階から出品をしておく。

これが、本当に重要です。

在庫リスクがないんです。

出すしかないでしょう。

間違ってもピーク時に焦って出す事がないようにしましょう。
その為にも、この様なリサーチを行っておく事で、
取りこぼしがなく出品が出来るようになります。

ファッションには、特にこの様な考え方が重要です。
でも逆にやれば良いだけです。

リサーチした情報を資産化して、
来年に備える。

メモとして情報を貯めておく、
例えば
「コートは8月より出品開始をしておく。」

こんな感じでも良いと思います。

この様なスケジュールみたいな感じにしておけば
今の時期に何を出品すれば効率が良いかが
一目でわかるようになります。

それを資産としてまとめて行く。

この様な事を続けて行く限り、
売上昨比を超える事は難しくないと思います。

これ以外にも無限にネットの情報を活用すれば
色々なリサーチが出来ると思います。

自分に合ったリサーチ方法を探して資産化してみて下さい。

有在庫に出来ない差別化を図るのであれば、
この様な努力が必要です。

無在庫販売は、在庫リスクがありません。
出品したとしてもお金は掛からないんです。

やるしかないでしょう。

ってここまで書きましたが、
これも実はやっている人は当たり前にやっています。
※これをやれば売上は上がってしまいますが。。

何度も言いますが、人と違った事をする事で、
大きな収益を生み出す事が可能です。

例えば、トレンドキーワードをリサーチしている時に
見たことのないキーワードがランキングの後半に載っていた。

これが何を意味するかというと、
その様な見たことのないキーワードは、
今後化ける可能性もあるし、
以外にニッチキーワードであり、おいしい可能性があるって事です。

多分ですが、この記事を仮に参考にしてキーワードリサーチを
やって見ようとした時に、

ほぼ、95%の方は、上位のランキングやキーワードのみをリサーチして終わります。

確かに不正解ではありません。
無在庫なんで、出せば当然売れる可能性も十分あります。

何が言いたいかって言うと、
それじゃみんなと一緒であるって事です。

大多数が同じ事をやったらどうなるのか??

飽和するまでは言いませんが、
やはり売れる可能性は、分散されてしまいます。

その為、ランキングもただ単にトップ10を押さえて終わり。
って事にならずに、逆に100位から見ていく。

そこで、気になったキーワードをGoogleトレンド等で
調べてみて、需要を探ってみる。

もしくは、その結果が悪くても先ずは、出品してみる。

この様な行動が、必要かと思っております。

ランキングの100位に入っているって事は、
十分需要がその時点である訳です。

トップに載っているキーワードは、
みんな使っているって事です。

それだけを押さえて満足しては行けません。
上位品も当然出品しますが、
下位にあるキーワードもリサーチをしておく。

本当に以外とおいしいキーワードはあります。

常に、「人と違った事は何だ?」と考えながら作業していく事で
この様な考えも習慣化してきます。

定期的にリサーチする為にも、
この様なサイトをブックマークしておきます。

リサーチしたからには、何かしら結果を資産化していく。
(メモでもエクセルにまとめるでも)

何も残さないと人間は忘れてしまいます。

せっかく時間を掛けてやっている事なので、
後々の事を考えて面倒でも、構築意識を高めて行って下さい。

 

 

 

 

おすすめの記事