BASE(ベイス)とワードプレスを連携させて集客の弱点を補おう

ジンです。

今回は、BASEの弱点である集客を補う戦略について解説して行きます。
この記事を読んでいる人はBASE(ベイス)の集客で悩んでいると思います。

BASE(ベイス)は、確かに無料で簡単にネットショップが作れます。
その為、多くの人がネットショップを作成しようと試みます。

ですが・・・。
辞めてしまう人が非常に多い。

なぜか??
売れないからですね。

商売をする以上、商品が売れなければ意味がありません。
商品を売る為には、一番大切なものそれがお客様なんですね。

どんなに良い商品を提供してても、
お客様に見てもらえなければネットでは絶対に売れません。
つまり、売上にならないって事ですね。

BASE(ベイス)集客が弱くて売れない。なぜ?

ネットで集客する為には何をすれば良いのでしょうか?
先ずは、この事を理解しなければなりません。

考えられる事を上げて行きましょう。

①SEO対策をする。
②広告を出す。
③キーワードを選定する

その他にも様々ありますが、
今回は、この3点に絞って話して行きます。

①SEO対策をする。

先ずは、お客様の行動を想像して見ましょう。
この行動を想像する事って非常に重要です。

ブログ記事を書くにしてもです。
この事は、今度別記事としてアップしますね。

話を戻します。
先ずお客様が、商品を欲しいと思った際にどのような行動を取るのか?

多くの方は、アマゾン、楽天、メルカリなどで商品名で検索するのではないでしょうか?
または、商品名をそのままググるかもしれません。

例えば、商品名でググるとします。
今のアマゾンはネット販売では非常に強い為、ほどんどの場合上位を独占しています。

例えば、
プロテインが買いたいな。

こんな時は、「サバス プロテイン」何かで検索するのではないでしょうか?

検索結果は、以下となります。

この様に、アマゾンが大抵上位にきます。
今回は、広告やメーカーのホームぺージが上位に来ていますが、
大抵の人はアマゾンのサイトを見て購入するでしょう。

話しは変わりますが、
上の方にある広告のマイプロテインと言うサイトが
プロテインを購入するには最安値で変えますからね。

海外から送られて来る為、多少時間は掛かりますが、
日本でプロテインを購入するより3分の1程度で購入できますからね。

マイプロテインはおススメです。(←こちらから登録で500円引きになります。)

話を戻しましょう。

この様にお客様が商品を購入する際は、大抵の場合、商品名などを入れて検索する。
先ずこの事を意識しなければなりません。

なぜBASE(ベイス)が売れないかが理解できると思います。

商品名で検索してもBASE(ベイス)のショップなんか上位に表示される事がないからですね。
バカバカ売れてしまうのは、アマゾンや楽天な訳です。

いくらBASE(ベイス)で「サバス プロテイン」を
アマゾンや楽天より安く販売していたとしても検索からは売れないんですね。

BASE(ベイス)でもSEO対策というAppsが確かに存在します。
ですが、正直言ってこれを入力した程度で上位表示できるとは思わない方が良いです。

絶対とは言いませんが、BASEショップが上位表示するのは
極一部の奇跡的なショップだけだからですね。

これは、検索して見れば分かりますよね。

何か商品を買おうと思って、検索でBASEショップに行って購入した。
こんな人は、ほぼいないと思います。

これが答えなんですね。

やっぱりBASE(ベイス)で大きな売上を取るなんて無理だからやめよう。
この様に考える人が多いんですね。

②広告を出す。

次に考えられるのは、広告を出すですね。

この方法を実践すれば確かにショップに来てもらう事が可能になります。

要は、お金の力を利用して強制的に上位表示して集客をするからですね。
ですが、ここも素人が簡単に売上を拡大するのは難しいです。

広告料を払って、実際に売れずに終わる。

この様になるリスクがあります。
確かに広告料を払う事で、ショップに誘導する事は可能です。

ですが、費用対効果をしっかり検証しなければ意味がありません。
その検証自体、素人には難易度が高い訳ですね。

広告料を5万使った。
利益が10万増えた。

簡単に言ってこれが正解です。
そこから更に、広告料を10万にしたら利益が20万になった。

この様になれば、どんどん広告料を増やして行けば利益が増します。

ですが、こんな上手くは行きません。
仮に2万広告費を使った。
PVは確かに増えた。
でも、売上は0。

この様な場合もあるって事ですね。
広告を出すにもキーワード選定が重要な為、理解していない人が実施すれば
お金を捨てるだけになりますので注意が必要です。

③キーワードを選定する

BASE(ベイス)で売れない原因としてキーワード選定が間違っている場合もあります。
今回は、仮にBASEアプリでお客様が購入する事を想定して話して行きます。

今回説明するキーワードとは、商品名の事ですね。

多くの人は、ここを間違っていますので再度確認して見て下さい。

BASEアプリで商品を購入するとします。
どの様に商品を購入するか考えて見ましょう。

BASEの「今日のおすすめ」「フォローショップの商品」「特集ページ」
ここを見て購入する方もいるでしょう。

でも多くの人が、
「検索窓にキーワードを入れて商品を見る」
ここを想像できなくてはダメです。

例えば、ワンピースを出品するとします。
良くある間違いが商品名
「レディース ワンピース」
これで終わり。

初期に始める人の多くがこの様な商品名を記入して
その後、画像、商品説明、価格をどんどん記入して出品します。

その作業をひたすら続けて売れない。
その後、
価格が高いのかな?
画像が悪いのかな?
BASEが売れないのかな?

この様に悩みます。

でも、ここで気づかなければなりません。

あなたの出品した商品、
そんな商品名では、見られていませんから~残念。

最初に誰もがやってしまう~斬り。

by波田○区

考えて見て下さいね。
いくらBASEが弱い販路だからと言って検索結果を意識しないのは
更に売れないって事ですからね。

アマゾンや楽天と比較しそれでなくても集客が弱いんです。
お客様の来店数は少ないってことですね。

そこで更にその様な商品名で出品していたとしたら
自分の商品なんて気にしないでくださいね。

趣味で掲載しているだけですから・・・・。

この様な事になっているって事です。

これを聞いて
「はっ」とした人は、今すぐ自分の商品名を確認して下さいね。

売れない原因はそこかもしれません。

じゃあ、改善するにはどうしたら良いのか?
それには答えを見ましょうって事です。

私は何度も言っています。
初期は徹底的にパクると。

アマゾンの商品名を見てパクっても良いです。
ここでのパクリは、丸々コピペをしてと言っている訳ではないですからね。

自分の商品と似た商品を扱っている人の商品名を参考にする訳です。

自分は、「レディース ワンピース」で出品している。
でもアマゾンでは、
「トップス スカート 2点 セット セパレート ワンピース スウェード レディース ワンピース風 長袖 S~2XL」
この様な商品名で出品されている。

ここで気づかなくてはなりません。

なぜ、この様なキーワードを入れているのかって事を・・。

ここまで言えば分かりますよね。
お客様が検索する可能性があるキーワードを入れる事で自分の商品を露出したいからですね。

①「レディース ワンピース」の場合。
検索窓にレディースと入れて検索する人がいますかって事ですね。
先ずいないですよね。
レディース ワンピースまで入れて初めてあなたの商品が検索結果に出る可能性があるって事です。

ですが、レディース ワンピースというキーワードを入れて
出品している商品なんて無限にあるって思いませんか?

その通り、沢山います。

だから、あなたの商品を見られる可能性は圧倒的に少ないって事です。
何度も言っていますが、ネットでは自分の商品が見られなければ売れる事はあり得ません。
だから、売れていない場合も考えられるって事ですね。

先ほど、アマゾンの商品名を参考にすると言いましたが、
便利なサイトもあるのでこれも活用すると良いでしょう。

アマゾンサジェストキーワードツールですね。

このサイトを活用する事で、
アマゾンで実際にお客様が検索しているキーワードを見る事ができます。

これが何を意味しているのか?

このサイトから抽出したキーワードを入れる事で
自分の商品が露出される可能性を高める事が可能って事ですね。

「ワンピース」を入力して検索して見ましょう。

ここに表示されているキーワードを商品名に入れて行けば良い訳ですね。
何でもある程度答えは載っています。

これらのツールを使いこなす能力の方が大切です。
自分で商品名を考えて作っている。
この場合は、大抵需要のないキーワードを使用している可能性があります。

アマゾンで実際にお客様が検索しているキーワードです。
答えを見て商品名を作りましょう。

特別にここまで読んでくれた方に限定動画を公開します。
以下も参考にして見て下さいね。

BASE(ベイス)で集客する為にはどうすれば良いのか?

商品名などで売れていない場合もある事が理解できたかと思います。

でも、今回はそんな話ではなく、BASEで上位表示をする為にはどうすれば良いのか?
これの戦略な訳です。

BASE(ベイス)がSEOに弱いのは、十分理解していると思います。
その為、BASE(ベイス)自体から上位表示を狙わなければ良いってことですね。

その解決策としては、ワードプレスを利用します。
ワードプレスは知っていますよね?

ブログを作る物ですね。
ワードプレスの利点としては、SEOに強いって事です。

もう答えが出ていますが、
要は、ワードプレスで上位表示するブログを作成する。
そのブログにBASE(ベイス)の商品を張り付ける。

これで、上位表示ができるBASEショップが作れるって事ですね。

細かく話すと長くなりますので、
簡単な流れを説明して行きます。

①ファッションサイトを作る。
②BASE商品を並べる。
大きな流れとしては、サイトからBASEに誘導します。

例えば、ファッションサイトを作るとします。
キーワード選定がここでも重要ですからね。

ライバルが多いビックキーワードを狙っては勝てません。
ある程度、勝てるニッチなキーワードで記事を書いて行きます。

徐々にアクセスが集まってきます。

記事からおススメの商品はコレ。
BASE商品のURLを貼る。

やる事はコレだけです。

BASE(ベイス)でも管理画面から「ショップを見る」で
自分のネットショップを見る事ができます。

ブログに掲載したい商品を選び商品の下にある
「外部サイトに貼る」これでリンクをブログに貼れば良い。

上記を押せば、埋め込みのURLが記載されています。
そのURLをブログにコピペする事で、ブログからBASEショップへ誘導が可能って事ですね。

BASE(ベイス)本体からSEO対策をしてもたかが知れています。
ってか多分集客は無理です。

その為、SEOで上位表示できるブログを作成して
ブログ⇒BASEと流した方が簡単って事ですね。

BASE(ベイス)の弱点である集客を補えば最強である。(まとめ)

BASE(ベイス)の良い点は、ネットショップなんですね。
その為、この様なリンクから誘導さえできれば自分のショップに引き込む事が可能です。

自分のブログで集客をしショップへ誘導する。
これをする事で、BASE(ベイス)の弱点である集客を補える訳です。

BASE(ベイス)は、集客以外は、非常に使いやすく誰でも簡単にネットショップを作成できます。
ワードプレスと組み合わせる事で、最強のショップも作成可能って事ですね。

BASE自体の集客が弱ければその他から集めれば良い。
この様な考えを持った方が良いですね。

ブログ以外でも、SNSも同じ様に使用できます。

商売は、客数で大きく変わります。
売上の大きさは客数に影響するからですね。

自分の商品の値段は高いのではないか?
そんな事を考えるより、ブログを構築して高い値段でも売れるショップを作った方が、
利益も増してより良いサービスをお客様に提供できます。

利益は、ビジネスを加速させる為の原資ですからね。
薄利多売では、大手に勝てる訳がありません。

個人でやるからこそ大きな利益を取れる手法を考えて行きましょう。

まだショップ自体作っていない方は、無料なので以下を参考にショップを開店しましょう。
↓ ↓ ↓

おすすめの記事