①ネット物販なんてやったことがない。
②ネット物販における知識なんて何にもない。
③やり方がそもそも分からない。

上記にあてはまる方はこちらのメルマガをご登録下さい。
構築に必要な競合店リサーチシート、出品管理表、自己管理表などなど
メルマガのみの随時無料プレゼントをお渡ししております。

ネット物販をロケットスタートで始めるメルマガはこちら。

最速でネット物販で収益を発生させるご案内をいたします。


無在庫なんてけしからん。

こんにちはジンです。

無在庫を否定する人も良くいますよね?
無在庫なんてお客様に迷惑を掛けるだけだし辞めるべきだ。

こんな意見も良くありますよね?

無在庫は確かにメリットが多い様に感じてしまいます。
在庫持たなくて商売になるんでしょ?
自分が持っていない商品だって出品できるし。
サイズやカラーだって出し放題。
画像だってショップが用意しているのを使えば良い。
売れてから商品を手配すればいいんでしょ?
売れなければ売上にならないだけで在庫リスク0じゃん。
価格だって自分のある程度欲しい利益を乗せて販売すれば良いだけじゃん。
出品さえしてしまえば売れるまで待っていれば良いんでしょ?
在庫なかったらごめんなさいで済む話じゃん。
リスクがあって、有在庫なんてやってらんないよね。
無在庫ならパソコンさえあればどこでも仕事になるんでしょ?



無在庫の場合、こんな事を目にする機会もあるのではないでしょうか?

 

無在庫は最強みたいな・・・。

正直言って最強と言えば最強ですよ。
在庫リスクがないですからね。

ホリエモンも言っていますよね?

成功しやすいビジネスの4原則

堀江貴文のビジネス4原則
・小資本で始められる。
・在庫がない(あるいは少ない)
・利益率が高い
・毎月の定期収入が確保できる

これな訳です。

・無在庫って売れるまで基本お金は掛かりません。
・在庫を元から持ちません。
・利益率は、自由です。
・構築すればある程度、勝手に売れて行きます。(販路による)

こんな訳ですね。
無在庫転売もしっかりホリエモンの上手く行きやすいビジネスに当てはまる訳です。

確かに実践するからには、
誰でも出来ます。

やり方さえ知っていれば。
後は、如何に売れるサイトを構築できるかって事ですね。

でも、無在庫も利点ばかりではありません。
当然デメリットも多数存在します。

無在庫販売のデメリットって何?

メリットも多いけど、完璧なビジネスではない訳です。
・出品数が多いので管理が大変。
・無在庫の為、有在庫には基本売価で勝てない。
・手元に商品がない為、基本発送が遅い。
・商品を見ていない為、質問されても予想でしか返答できない。
・売れてから商品を仕入れる為、品切れにより商品を確保できない場合がある。
・実績がでるまで、基本有在庫より遅い場合が多い。
無在庫の為、有在庫には基本売価で勝てない。
これは、どういう事かというと、無在庫販売って事は、
通常売れても1品が多い訳です。

場合より3品程売れる場合もありますが、
基本は1品の注文が入る訳です。

1品の注文に対して配送料などが掛かって来ますので
当然利益を出そうとすると価格が高くなってしまいます。

仮に中国輸入で考えて行きましょう。
中国輸入で、商品を有在庫で販売する場合は、
大量注文をするのが基本です。

数万円から数十万、数百万と一気に仕入れます。
これはなぜかと言うと
商品は当然中国にある訳です。

日本に発送するには、国際送料が掛かる訳です。
この国際送料は、基本重さで計算されます。
体積重量計算の代行も良くあります。
(体積重量計算とは軽くてもサイズが大きい物は、どちらか大きい方の値段を取りますよ。)
例えばぬいぐるみなどは、基本軽い訳です。
でも、大きなぬいぐるみの場合は、軽いけどサイズは大きくなる訳です。
この場合は、本来軽いから送料が安いと思いがちですが、サイズが大きければそちらを
基準に国際送料が決定される。

それが、体積重量計算ですね。
軽ければ何でも安いって訳ではないのです。
軽くても大きな商品は、大きい方の料金を取りますよって事ですね。

その為、軽いから送料が安いだろうって考えは間違っている場合もあります。

話を戻しますが、基本的に、重量が多ければ多いほど1kg当たりの国際送料は安くなります。
それには当然物量が必要な訳です。
100kg以上~500kg以上とこれ位までなると大きな経費削減に繋がります。

大抵の代行は、量が少ないと、1kg25元位掛かります。
それが、100kg以上になると1kg16元
500kgになると1kg13元など

量が増えれば国際送料が安くなる計算です。

でも、注意が必要です。
100kgが仮に1kg16元の場合は、1600元(1元を17円計算の場合は27,200円)が送料だけで掛かるって事です。
500kgが13元では、6500元(1元を17円計算の場合は110,500円)が送料だけの料金です。

その他に、商品代金、中国国内送料、代行手数料、関税などが掛かってきます。

これを考えれば100kg以上では確かに安くなるが、数十万円程の仕入れ代金が必要になってきます。
始めは、少量で良いかと思いますが、
少量の場合は当然国際送料が高い為、1品当たりの原価は高くなってしまう訳ですね。

簡単にまとめると
量は多ければ多いほど、国際送料が安い為、
1品当たりに掛かる国際送料はどんどん安くなる。
つまり原価を安くできるって事ですね。

でも、これにも当然リスクがあります。
いくら安くても売れなければ在庫リスクがあるってことですね。

 

有在庫のリスクって何?

有在庫のリスクは、在庫過多による資金繰りのショートです。
折角安く仕入れてもそれ以上の価格で売れなければ価値がない。

商品は、初めて現金に変わる事で価値がある。
ってことですね。

売れる商品に在庫リスクはありませんが、
売れない商品を仕入れてしまった場合は、
掛かった経費が全て不動在庫(不良在庫)になります。

その為、有在庫の場合は、しっかりリサーチして売れるって分かってから
仕入れをしないとただ単に安いから大丈夫って甘い考えで実践してしまうと
資金ショートという痛い目を見ます。

確かに有在庫をやった方が、確実に売れやすいのは事実です。
でも有在庫もデメリットが多くあります。

・売れなければ資金が回らなくなる。
・キャッシュフローが悪い(売れた資金をまた仕入れに回す為)
・商品の受取や在庫スペースが必要。
・売れたら商品を梱包、発送しなければならない。

基本労働と同じ訳です。
しっかりと仕組み化が図れているのであれば問題ありませんが、
全て一人で実施すると売れればうれる程、自由な時間は無くなって行きます。

私も経験したのでわかりますが、売れてもただ辛いだけ。
毎日出品に追われて毎日が辛い。
これじゃ労働と一緒だ。

ってなる訳です。(メルカリの時に経験しまくりました。笑)

その為、有在庫では、アマゾンが良いかと思っています。
FBAを利用すれば、
中国からFBAに直送します。

あとは、アマゾンが売れたら勝手に発送してくれます。
自分は、何もしていないのに
発送通知の連絡が来まくります。

なんて便利なんだ。
凄いぞアマゾン。

なんて事になる訳ですが、こんなに便利なアマゾンですから、
他の競合もたくさん参加してきます。

競合が増えるとどうなるのか?
価格競争になるって事ですね。

価格競争で勝つには原価を安くしなければならない。
その為、500kgで一括ドカンと仕入れる訳です。

船便で更に国際送料を抑えて来る訳です。
何も知らない初心者が簡単に勝てる市場ではなくなってきています。

それがアマゾンなんですね。
でも、絶対的に勝てない訳ではないですからね。

簡単には稼げないってことですね。

手元に商品がない為、基本発送が遅い。
商品を販売する際は、基本商品は手元にありますよね。
どこのお店に行っても基本的に商品はお金を払えば、すぐに買う事ができます。

でも、ネットの場合はどうでしょうか?
最近は、アマゾンprime Nowなどと言った
1時間後には商品を受け取る事ができるなどと言った
ネット販売では考えられなかったサービスもあります。

ネット販売のデメリットはどうしても
発送に時間がかかってしまう事です。

でも、逆を言えば発送に時間が掛かる事は認知されている訳ですね。
そこを利用した方法が無在庫販売な訳ですね。

実店舗では、商品を並べなくてはなりません。
でも、ネットの場合は、画像を並べるだけで問題ない訳です。

それが手元にあろうがなかろうが。
説明文に到着予定を記入して購入して頂ければ商売が成立してしまいます。

その為、在庫リスクがなく販売する事も可能になるって訳ですね。
でも、当然多くのお客様は、すぐに商品を欲しい訳です。

その為、発送速度をどんどん早めようとアマゾンなどは取り組んでいる訳です。

話を戻しますが、要は在庫を持たなくても商売になってしまう。
これがネット販売の利点の一つでもある訳ですね。

その様な利点を利用しようと様々な手法の無在庫販売が確立されて行きました。
アマゾン無在庫、ヤフオク無在庫、メルカリ無在庫、ヤフーショップ無在庫などなど。

要は、販路が違うだけでやり方は基本一緒ですね。
でも、ほとんどの場合は、無在庫は許されていません。

要は、お客様に迷惑をかける可能性が有在庫に比べて圧倒的に多い訳です。
その為、様々な販路で無在庫は禁止ですよー。
ってなっている訳ですね。

無在庫も楽に稼げる訳ではないんですね。
いろいろと仕組みを構築しておかなければならないと思っています。

無在庫のデメリットを対策する。

デメリットはどうしても避けられません。
でも、対策をする事でリスクを減らす事に力を入れる事で緩和させることは可能です。

・出品数が多いので管理が大変。
・無在庫の為、有在庫には基本売価で勝てない。
・手元に商品がない為、基本発送が遅い。
・商品を見ていない為、質問されても予想でしか返答できない。
・売れてから商品を仕入れる為、品切れにより商品を確保できない場合がある。
・実績がでるまで、基本有在庫より遅い場合が多い。
順番に見て行きましょう。

出品数が多いので管理が大変。

無在庫では、商品はいくらでも出す事が可能です。
仕入れをしていなくてもこれが良いかな。
これ売れそうだな。
この属性になら興味がありそう。
へんなカラーだな。でも、需要はあるかも。
価格高いなぁ。でも売れたら仕入れだから出品してみるか。

こんな感じで、自分は商品を仕入れる必要はないんですね。
出品して売れてから商品を購入する訳です。

そのため、簡単に言って何を出しても良い。(輸入禁止品、偽物はダメ。)
資金がなくても無限に商品を扱えるようになる。

これが、無在庫の最大の利点です。
全サイズ、全カラーなんて有在庫では怖くて入れられません。
でも、無在庫なら出品自体はできてしまうんですね。

でも、何も管理していないと売れてから”てんてこ舞い”になります。
商品が手元にないんですからね。

いざ、注文が入った。
あれっ。この商品どこから出品したんだっけ?

何も管理していなければこの様な状況になります。

売れてから必死に販売しているショップを探す羽目になります。
すぐに見つかれば良いですが、そんな事に数時間取られていては効率が悪いです。

その為に初期に必ず出品した商品を管理する必要があるんですね。
この様に、

この様な管理をしていく必要があります。

商品管理番号をつけて行くってことですね。
何番が売れた。
じゃあ何番はどの商品なのか?

この様な管理にしておけば迷う必要はなくなります。
瞬時に見つける事ができますからね。

この様に、無在庫には手間が掛かるわけです。
有在庫であれば初期なんて数品しか仕入れません。

こんな管理をしなくても商品を見ればすぐに見つける事ができます。

でも、無在庫の場合は初期からこの様な管理が必要になってくるわけですね。

面倒であっても初期からこの様な管理をしておく事で最終的には効率化が図れています。
在庫管理は、しっかり行いましょう。

無在庫の為、有在庫には基本売価で勝てない。

無在庫の利点は、何でもかんでも出品が可能な点でしたね。

でも、基本無在庫は、経費が掛かります。
私の行なっている中国無在庫で例を話します。

基本中国輸入のメリットは、日本より原価が安い。
これが最大のメリットの訳です。

でも、これは一括で仕入れる事で得られる恩恵が多いわけで。
無在庫の様な1個仕入れには通常向いていません。

だって国際送料が高いから。
いくら中国商品が安くてもそこに馬鹿高い国際送料が掛かってしまっては意味がない。

これは理解できると思います。

じゃあ無在庫はできないのか?
これはできるんですね。

無在庫は値段が高くて売れないのか?
そんなことはない訳です。

商売って価値と価値の交換なんですね。

自分がこの金額でこの商品を出品しよう。
これは、自由な訳ですね。

5,000円で出品しようが、1万円で出品しようが。
あとはお客様がその商品に対してこの金額を払う価値があるのか?

これはお客様次第な訳です。
いくら5,000円で販売してもお客様から5,000円払う価値はないと思われれば当然売れません。

逆に5,000円でも欲しいと購入してもらえれば後は、その商品を提供すれば良い。

これなんですね。

価値がなければいくら自由な金額で出そうが売れません。

お金を払う価値がないからですね。

無在庫で価値を感じてくれて売れる商品は何なんだろうか?

これを考えた結果、ファッションだったんですね。

洋服であれば値段は様々です。
服の値段なんて聞かなければ分からない。

こんな事が多い訳です。

値段を聞いた際にこの服5,000円なんだ。
って言われても、そうなんだ。

ってなるし、

セールで1,000円と言われても、そうなんだ。

ってなると思います。

つまり、洋服の正確な価格がわかる人なんてそうそういない。
洋服の価格は、自分が気に入れば購入してしまう。

こんな事が多い訳ですね。

中国輸入では、洋服も非常に安価に購入できます。
それは、元から洋服の原価は安いためですね。

その為、中国で洋服を仕入れる価格って非常に安いです。
日本では、3,000円も5,000円もする様な洋服も1,000円で売っていたりします。

そこを私は利用している訳ですね。

いくら無在庫でなんでも販売できるとしても、売れなければ意味がない。
価格が高くて話にならなければ意味がない。

その様に思っています。

その為、洋服なら価格も分からない。
中国では安く売っている。
無在庫のデメリットである経費が掛かっても以上に高い値段にしなくても良い。

つまりある程度、日本で売られている様な価格で販売する事ができる。

これを利用している訳ですね。

中国では、洋服は無限にあります。
日本では売られていない商品なんていくらでもあります。

洋服は、個人の趣味が非常に別れる商品なんですね。

洋服が大好きな人なんてたくさんいます。
このデザイン可愛いから買おう。
この様な考えが非常に多くいます。

その為、以上な価格でなければ可愛いから買う。
デザインやカラーが自分好みだから買う。
サイズが大きいと良いデザインがあまり売っていないから買う。

この様に中国無在庫とファッションは相性が抜群に良いのです。

注意として自分では絶対買わない様な洋服も販売すべきです。
以下の動画で説明しています。

この様な考えを持って無在庫販売を実施して行けば十分通用してしまうんですね。

手元に商品がない為、基本発送が遅い。

これは、確かに避けられない部分ですね。

少し前に流行ったアマゾン無在庫であればこのデメリットはないですが・・・。
だってアマゾンに売っている商品を横流しするだけですからね。

でも、自分はこれが好きではありません。

だって、アマゾンで売っている商品な訳です。
人によっては、アマゾンで売っている事を知らない属性に商品を探してあげる手間賃で利益をいただく。
これも価値だ。

って人もいますが、私はあまり好きではないんですね。

だってアマゾンで買えば安く買えるんですから。
確かに犯罪ではないですよ。
否定する訳でもありませんが、ただ私がやりたくないだけです。

中国輸入を無在庫でやる人の多くは、チャイナポストで発送するんですね。
安く日本に送れるからですね。

でも、私はこれもあまりやりたくないんですね。
商品到着までに時間が掛かるから。

時間が掛かることによるデメリットの方が価格より多いのではないか?
この様な考えになった訳ですね。

確かに安価に送ることで、経費は削減できます。
その分安くも販売できます。

でも、評価の多くが発送が遅いなどと書かれています。
お客様のお問い合わせも多くなります。

いつ着きますか?
まだ届きません?
発送はいつされますか?
待てないのでキャンセルお願いします。

この様な質問が多く来ます。

これに対応している時間の方が手間だな。
しかもキャンセルされた場合は、赤字になります。
既に買い付けて発送している訳ですからね。
商品を回収しようと返却依頼をする場合も着払いなどの場合がほとんどです。
余計に手間と赤字が増加します。

この様な手間をなるべく回避したい。
その様に考えた際に航空便を利用する。
この方法を行なっている訳ですね。

確かに在庫ないですよ。
時間が掛かります。
航空便でも7日から2週間程度は掛かってしまいます。

でも、チャイナポストよりは早い。
問い合わせのコストを考えればこちらの方が良い。
値段は多少高くても価値を感じてくれて購入してもらえる努力をすれば良い。

この様な結論に至った訳です。
中国の無限の商品を2週間程度で提供できるのであればビジネスになるな。
って思ってやっているだけですね。

商品を見ていない為、質問されても予想でしか返答できない。

これも無在庫の欠点ですね。
商品が手元にない訳です。

生地はどんな感じですか?
この生地は伸びますか?

この様な質問が来ても商品がないので答えられません。

その場合も、予想で返答するしか基本ありません。

その為、私は、ある程度調べて分からない場合は、中国人のパートナーさんにショップに問い合わせをしてもらっているんですね。

この様な質問来ましたが、ショップに聞いてもらえますか?

この様なことで対応できる場合が多いんですね。

 

売れてから商品を仕入れる為、品切れにより商品を確保できない場合がある。

これが、売れてくると最大の悩みになります。

中国サイトも当然、季節毎に扱う商品は変わってしまいます。
通年アイテムも当然ありますが、やはりファッションなどはいきなり販売停止なんてよくあります。

在庫だって中国サイトの記載されている数字なんてあてになりません。

豊富にあった在庫数だからと安心して出品して売れたから注文したら
「在庫ないです。」

えっ。

サイトを確認すると未だに販売しています。

再度、確認しても
「やっぱり在庫ないみたいですね」

こんな事が非常に多い訳です。

日本ではこんな事は対応をしたらありえない。
って事を中国では当たり前に起こります。

これも慣れなんですが、そのショップから購入することは諦めるしかないんですね。

これが中国輸入だ。

って割り切った方が、精神的に楽です。

「しょうがない。他のショップを探そう」

この様にすぐに気持ちを切り替えます。

同じ中国語で検索して同じ商品を見つける。
画像検索で探す。

見つかる時はすぐに見つかりますし、見つからない時は何時間かけても見つかりません。

その様な場合は、
「申し訳ないが謝罪しよう」

この様に考えるわけですね。
慣れてくればわかりますが、この様なことは毎日売れてくると頻繁に起こります。

この在庫切れにある程度、決まりというかルールを決めておかなければきついと思っています。

私の場合は、
上記の様に探して見て1時間くらいかけてダメな場合は、諦める。

この様にしています。

何日もかければ見つかるかもしれません。
でも、そこまで時間をかける訳にも行かない状況になって来ます。

せっかく購入してくれたお客様には申し訳ないが、謝罪しようと決めるんですね。

季節品の様な、その時期にしか売れない商品の場合は、大きなクレームになる場合もあります。
でも、日本人はある程度理解をして返金対応してもらえています。

そこのクレームに対して、真摯に対応するかが重要だと思っています。

「在庫なくなったんで発送できません。」

この様な対応してたらそりゃお客様もキレますよ。

「ふざけんな」

って。

迷惑をかけているのはこちらです。
ご迷惑をお掛けし申し訳ない。
せっかく無数にあるショップから私の商品を購入してくれた訳です。
本当にありがたいお客様じゃないですか。
商売の基本中の基本ですよね。

商売する以上、必ずお客様は必要です。
お客様のありがたみを考えれば普通この様な対応はしません。

でも、中には、上記の様な適当な対応をしてしまう販売者もいるんですね。
その為、無在庫はやるべきではない。

こんな事を言われてしまうわけですよ。

私の場合は、丁重に謝罪し、販路によってですが、
BASEであればお詫びクーポンを発行したりしています。
利益ないくらいのクーポンを発行する訳ですね。

クレームもしっかり対応していれば固定客になってくれる場合も多い訳です。

お客様だって、悪いと思っているんだな。
クーポンもあるならもう一度購入してみようかな。

こんな感じになってくれるありがたいお客様も多い訳です。

商売なんでもそうですが、お客様目線になる事って重要です。
自分がお客様だったとしたらを常に想定して対応する。

自分がやられてどう思うのか?
この様な事を考えながら対応していればそれほど大きなクレームに発展することはほとんどありません。

適当に対応しているから、余計にクレーム対応に時間が掛かっていると思っています。

中国輸入に品切れは避けられません。
その避けられない事に対してどの様に対応して行くのか?

クレーム対応マニュアルなんてものが企業にもありますが、
この様な考えも自分自身で作成しておく必要があると思っています。

自分の対応次第で、クレームは最低限にできると思った方が良いと思います。

実績がでるまで、基本有在庫より遅い場合が多い。

これもよくあります。

私も有在庫、無在庫とやってきましたが、どうしても無在庫は実績がでるまで時間がかかるなって思っています。

基本有在庫より値段が高い訳ですし、それを補う為にある程度出品数が必要になってしまうんですね。
有在庫に勝てるとことは、バリエーションの豊富さですからね。

販路によって当然売れ始めるスピードは違います。
売れる販路であればすぐ売れる場合もありますし、販売しているショップによって成果が変わります。

同じ商品を同じ価格で販売していたとしてもどうしても差が出てしまいます。
それは、上位表示されているか(露出の回数)や評価であったり、状況が違う訳ですね。

インターネットで商品を売る為に、必ず知っておくべき事が、お客様の目に止まらなければ商品は売れない。

こちらも動画で説明しています。
こちらも意識しておいた方が良いです。

この様に、ネットで商品を売る為には、必ずお客様の目に商品が表示されなければ100%売れない。

これを絶対に認識しておかなければダメです。

それを理解しているからみんなお金を掛けて広告打ってなど、経費を掛けているわけですね。

この考えをBASEバージョンで考えた動画を限定として公開しています。
興味がある人は、私まで連絡してもらえれば、特別にURLを教えちゃいます。

ここまでちゃんと読んでくれているって事だからですね。

まとめます。

ネット物販を始めようとすると、有在庫がいいのかな?無在庫がいいのかな?

こんなことから悩むと思います。

正直、正解ってなくて。

有在庫でも稼いでいる人は稼いでいる。
無在庫でも稼いでいる人は稼いでいる。

あとは、どの様にしてお客様に価値を提供するのか?
これに尽きます。

誰かが有在庫はやめた方が良い。
無在庫はやめた方が良い。

こんな情報に振り回されない様にした方が良いと思っています。

自分現状のスタイルに合わせて実践できる方法をやった方が良いと思います。
絶対に何かしらやることで経験や知識が増えます。

失敗したって良いと思います。
むしろたくさんの失敗をしたからこそ成功できる場合の方が多いです。

全て最初から上手く行くとは思わず、まずは、これをやるって決めたらある程度成果が出るまでやってみる。

これが、本当に重要だと思っています。

同じ成果なんて出ないんです。

まずは、自分でやって見て結果としてどうだったのか?

その結果に対して、どこに要因があってその結果になったのか?
それを分析して修正を繰り返して行く。

これが最短だと思っています。

いきなり初期から数十万、数百万なんて夢をみないで確実に積み上げて行く。

それがいずれ大きな金額に変わっていく。

これだと思っています。

最初から、夢を見た金額を目指していては、いつまで経っても結果は出づらいですし挫折する方が多いです。

ネットを使ってまずは、数千円、数万円の結果を出す。

これってすごい事だと思った方が良いです。

基本、稼げなくて終わる訳ですから。

その壁を超えたのであればあとは、その方法を複数構築して行ったり、収入をあげる方法を実践したり。

これだけだと思っています。

楽して金儲けなんてできません。

副業なら尚更です。

甘い情報に惑わされないでください。

副業で稼ぐって本当に大変です。

休みを全て潰して作業する。
こんなのは当たり前だと思っています。

ネットを本業にしている人なんてたくさんいます。
その人たちと同じ土俵で戦うんです。

簡単に勝てる訳なんてありません。

ネットを本業にしている人は、それだけの収入が頼りです。
副業の様に安定した収入なんてないんです。

そんな人たちに甘い考えで勝てると思っていたら大間違いです。

本業にしている人たちに勝つにはどうしたら良いのか?
時間は限られている。

遊んでいる暇なんてない。

この様な考えを持っていなければなりません。

副業だって稼げます。
でも、楽して稼げるほど甘くない。

これを本当に理解しておいて欲しいと思っています。

本業よりも大きな稼ぎを出すには、ネットを使ったビジネスがやはり参入しやすい訳です。

やる気があれば今日からでも、今すぐにでも参加できます。

本業があっても時間を確保して参入すれば良い訳ですから。

あとは、本気で実践できるのか?
本気で人生を変えたいと思っているのか?

これだと思います。

副業には甘えがどうしても出てしまいます。
そりゃそうです。
本業辛くてやめたいから副業で成功して本業なんて辞めてやる。

って実践する方が多いですからね。

その気持ちはすごくわかります。
その気持ちを本気にして欲しいと思っています。

副業に挑むということは、何かを犠牲にしなければなりません。

もっとも大きなところでは、体力であったり時間、お金だと思っています。

本業がいくら辛くても時間を確保して実践しなければ成果なんてでません。
今日は疲れたからやらない。
本業頑張ったから良いか。

こんなことでは成果が出ないわけですね。

今は、ネットで稼げる様な情報が出回り過ぎています。
簡単に稼げるなんて情報には惑わされないでください。

簡単ではないです。
ビジネスですから。

甘い気持ちで参入しようと思っているなら参入しない方が良いです。
基本、お金を逆に取られて元の生活に戻るだけです。

本気で絶対に行動してやる。
人生を本気で変えないとならない。

その様な強い意思がないと無理だと思っています。

その様な意思がないと、すぐに諦めたり凹んだり誰かを恨んだりして終わるからですね。

意志が強い人は、やはり行動が違います。
諦めない。行動する。素直である。

この様な傾向にあると思っています。

教材や塾に入るのもそうです。
意志が強ければ成功する可能性は高いです。

買ったから成功できる。
これは大間違いなんですね。

教材なんて説明書みたいなもんです。

説明書を見ても作らなければ完成なんてしないわけですね。

どんなに良い教材があっても実行しなければ成果なんて出ない。

成果が出ていない人の多くが行動しない。
これは、誰しもが言っていることです。

成功の速さは人によって違います。
でも、諦めないで行動を続けている以上、自分自身が成長します。

経験ができるし、知識が増えます。

行動を続けていれば成功しか残っていません。
諦めずに自分の人生を本気で変える。

この様に思って実践を続けていけば良いと思っています。

私のLine@にも様々な質問が来ます。

意思が弱い方、強い方。

成果が出ている人は、強い方しかいません。

強い意思があれば行動が変わります。
行動すれば習慣が変わります。
習慣が変われば人生が変わります。

一度の人生。本気になるのも良いと思います。


ネットで稼ぐ情報を最速で手に入れる方法とは?

 ネットビジネスやりたいけど何からしたら良いか分からない。

 なるべくリスクをおいたくない方法で実践したい。

 何で自分は結果が出ないんだろう。

 自分に合っている方法がいまいち良く分からない

 情報を得てばっかりで行動ができない。

 なるべく最新の情報を手に入れたい。

などなど、ネットビジネスを実施していると悩みは尽きません。

いざ、始めようと考えていても途中で結局何をしているのか分からなくなる。

ゴールが見えない。
どこに向かっているのかも分からない。

自分には向いていないんだ。
もう諦めよう。

諦めたらそこで終了!!同じ人生を繰り返すだけです。

諦めなければ結果はいずれ出ます。

方法は様々知っています。
まずは、ジンに相談してみませんか?

初期は、物販、そして情報発信へ。
素直に行動できれば成功はできます。

一人でも多くの方の成功を導く為に無料のメルマガ講座です。

2種類のメルマガをご用意しておりますので、

あなたの状況に合わせて購読する事で、ゴールへのロケットスタートが切れます。

登録はどちらか一方でお願いします。

メルマガその1:知識0から始める初心者向けネット物販講座。

これからネット物販を初めてみたいと思っている方。

本気で成果を出したいと思っている方。

最短最速で到達できるよう無料メルマガ講座を開いております。

あなたがネット物販で稼ぐ為に好スタートをきれる様に必要な事だけをお届けいたします。

①ネット物販なんてやったことがない。

②ネット物販における知識なんて何にもない。

③やり方がそもそも分からない。

上記にあてはまる方はこちらのメルマガをご登録下さい。

ネット物販をロケットスタートで始めるメルマガはこちら。

最速でネット物販で収益を発生させるご案内いたします。

ネット物販以外の収益を発生させたい方限定メルマガ。

①もう既に物販では少しは、収益を出している。

②情報発信をしてみたいけど何をどうしたら良いか分からない。

③サイト作成ってどうやってやんの?やって見たいけどやり方が分からない。

そんな方へ、購読するだけでサイトがいつの間にか作成出来る様になっている。
ブログでは言えない秘密の戦略などお話しています。

情報発信をやって見たい方向けメルマガはこちら。

二つのメルマガを同時に見る事は絶対に辞めてください。

両方を実践する事は、初期からは難しいからですね。
作業が分散してしまう恐れを防ぐ為です。

少しずつ成長してステップアップして行かないと何をやっても結果がでない。
こんな事が非常に多いですからね。

少しずつ成果を出して成長して行きましょう。
いずれどこかでお会いして結果を語り合いながらお話できれば良いですね。


おすすめの記事