①ネット物販なんてやったことがない。
②ネット物販における知識なんて何にもない。
③やり方がそもそも分からない。

上記にあてはまる方はこちらのメルマガをご登録下さい。
構築に必要な競合店リサーチシート、出品管理表、自己管理表などなど
メルマガのみの随時無料プレゼントをお渡ししております。

ネット物販をロケットスタートで始めるメルマガはこちら。

最速でネット物販で収益を発生させるご案内をいたします。


ジンの生い立ち

私のネットビジネス開始して初めて実績を作ったのはせどりです。

せどりとは、有名な所でブックオフで安く本を仕入れて
高く売る(アマゾンで)って事が昔はブームでした。

今でもやられている方はいると思いますが。。。

簡単に言って、安くお店で買ってそれをアマゾンで高く売るって事ですね。

これはもうハマりましたよ。

私は、最初アフィリエイトで失敗してますからね。

その当時もアフィリエイトは稼げるみたいな情報が多くて参入した訳なんですけど。

まぁ稼げない。(自分のやり方が悪かっただけ)

アフィリエイトは成功している人にしては簡単だと思いますが、
まぁ初心者がやるとほとんど撃沈しますね。

時間ばっかり掛かり一向に報酬が上がらない。。。。

ネットビジネスでは、95%の人が5,000円すら稼げない。
良く言われる事ですね。

私もまんまこれでした。
会社に行きながらブログなどで情報を集めては参考にして実施していた訳です。

アフィリエイトの情報を集めていると
逆アフィリエイトされてしまう事がほとんどでした。笑

逆アフィリエイトなんて言葉はないと思いますが、
簡単に言って、アフィリエイトの情報を探していると
情報商材のオファーがあり、これなら行けると買いまくっていた訳です。

その当時もワンクリックで月収30万などの情報はありました。
さすがにそれにはひっかかりませんでしたが、
気持ち的には危ない事が何度もありました。

毎日ワンクリックで30万稼げたら凄くない。
副業でも絶対できるじゃん。
どうしようかな・・・・・。

みたいな時もあった訳です。

でも人生そんなに甘くない。
甘い話には罠がある。
落ち着け俺。。。。

と良く言い聞かせていたものです。

やっぱりネットビジネスは怪しい。危ない。

何度思ったことか・・・。

でもやっぱり上手いコピーライティングにはやられてしまうものです。
人間を文章で行動させてしまうからですね。

そんな私も何度も文章で情報商材を買わせて頂きました。笑

1万円の物、3万円の物、5万円の物、10万円の物・・・・。

毎回これ買えば行ける・・・。
自己投資だから買って稼げば簡単にペイ出来ちゃうじゃん。

ってある意味行動力はあったのかなとも思いますが・・。
まぁ買っても結果は出ない訳です。

コピーライティング恐るべし。。
コピーライティングをものに出来れば人間を動かす事が可能です。
それを学ぶ鉄板本が

これです。

確かに将来ネットビジネスを続けるに当たり絶対に必須な知識になりますので、読んで見て下さい。
ちなみに本屋では売っていません。

これはやべーです。

人間を文章で動かす秘密が書いてあります。
私は、何度も読み返している程の本です。

もし興味を持たれたら買って見て下さい。
消費者心理を研究しまくった内容です。
この知識があれば物が確実に売りやすくなります。

現に私がこれによって行動させられていた訳です。
納得ですね。笑

当時は情報商材を買っただけで、ろくに行動してませんでしたね。
要は、ノウハウコレクターでした。

知識はあるのに何もしてない。

今思えば最悪ですね。
そんなんでは成果が出る訳ないです。

でも、当時は気づかなかった。。。

もう、俺は稼げないのか・・・。
そんな時に出会ったのが、せどりです。

お店に行って安く買ってネットで高く売れば差額が儲かるって事ですね。

最初は、ブックオフに通いました。

100円コーナーの本をひたすら
iphoneで「せどりすと」をインストールし本を探しまくっていました。

これですね。なつかしーー。

こいつには本当にお世話になりました。ありがとー。

最終的には稼げる様になった訳ですけど、最初は全く持って成果が出ない。

仕事の休みにブックオフに行く。
せどりすとで100円本をリサーチする。

結果に出てくる上は、アマゾンで1円で売られているものばかり・・・。

何時間もブックオフにいて仕入れられたのは、
3冊が良いと所、利益にして600円くらいでした。

人って慣れてくる訳で何度も通っていてリサーチしていくと暗記していく訳です。
徐々に利益が出せそうな本が分かって来ます。

あっこの本利益出るんじゃねー!
せどりりすとでバーコードを読み込む!
100円で売っている本なのにアマゾン価格5800円!!

来たーーー!!

ついにやってやった。
これなら行ける。
ウキウキで家に帰ってアマゾン倉庫に送る。

アマゾンの在庫に反映される。

・・・・・・・。

1日経過。

・・・・・・・。

1週間経過。

・・・・・・・。

1か月経過。

・・・・・・・。

全く売れない。

何で???

安く仕入れて高く売れば良いんじゃないの?

全く持ってバカでした。

アマショウなどの波形を全く理解していませんでした。

今思えば、その本は、3か月に一回波形が動いている様な商品だった訳です。
そりゃ売れない訳だ。

その後、半年が経過し無事に3500円程で売ることが出来た訳ですが、
まぁ未熟でしたね。

せどりを開始した頃は、本なんか読んでないし、むしろ本を読む事が嫌いでした。
今思えば非常に勿体ない。

ですが、徐々に本のタイトルを見たりしていると
少しずつですが、興味が沸いてくるものです。

特にせどりストなどで調べて
アマゾンレビューなどで★5などが沢山ある商品は、
この本と出合って人生変わりました。

みたいなレビューが書いてある訳ですよ。
そんな事があるかいっ。

って思って読んで見たら

凄い。。。

マジ本って凄い。。。

嘘ではなかったとなる訳です。

本を読むと知識が増えるな。
本で得た知識を仕事でも使ってみようとなっていった訳です。

それが、私が本を好きになった理由です。
徐々にせどりに行っても
評価が良い商品を100円にて購入する事が趣味になっていました。笑

本せどりでは、実際にほとんど利益を残せませんでした(自分が売りたくなくなっていた)

が、本当に良い出会いが出来たと思っています。

せどりやってなかったら本なんて一生読んでいなかったかもしれません。。

恐ろしや。

これを気に本は読めば読むほど知識が増す事に気づきます。

その後、ダイレクト出版と出合った訳です。
ダイレクト出版はネットビジネスやる以上必須かなと思っています。

先ほども紹介しましたが、

これです。

ダイレクト出版って基本ネットビジネスに活用できまくります。
むしろネットビジネスの事しかないんじゃねってなります。

その後、何年間もお世話になる事になります。
当然今も購読しています。
毎月1冊送られて来きます。
本屋に売っていない。海外の成功者の本です。

役に立つに決まってますね。

ダイレクト出版は、海外のビジネス書を翻訳して日本で売っているだけです。
ただそれだけ。
ダイレクト出版自身も言っていますね。
今や凄まじい売上を上げる企業になっていますが、
やっている事は、海外のビジネス成功方法を翻訳して販売している。

これなんです。

でもですよ。

私にしたらメチャクチャ価値がある訳です。

得られた知識は半端ない訳です。
価値があるから購読してしまう。

これがビジネスなんだな。って思います。

私には月額払ってでも読みたい。

ダイレクト出版は、価値がある商品を提供したい。

まさにこれですね。

価値があるからお金を払うし、
価値があるものを提供できるからビジネスになる。

本当にこれだな。って思う訳です。

価値がある物に対して消費者はお金を払いたくなる訳です。

大分長くなりましたが、話を戻します。

その後、私は本のせどりを辞めます。

稼げるカテゴリーに出会えたからですね。

そのカテゴリーとは、

ゲーム、DVD、CDです。

これに出会ってから一気に売上が経つ様になります。

本は、苦手ですが昔ゲームをやりまくっていた為、
ゲームの知識は結構あった訳です。

そんなマニアックな訳ではないですが、好きなゲームで稼げれば本なんかより取っ付き易い訳です。

昔の自分は、本嫌いなのもあり余計に無理がありました。
本って種類が多すぎる訳です。

ゲームはというと圧倒的に種類が少ない訳です。

試しに全国にあるかは分かりませんが、
ワン○ーグーやゲ○には大変お世話になりましたね。

いつも通り、せどりすとでゲームのバーコードを読み取ります。
もちろんこの時にはすでに有名なバーコードリーダーを装備して。

これですね。

せどりをやるかは自由ですが、やるのであればバーコードリーダーは必須です。
まぁ色々あって私は2台持っていますが。。(故障している訳ではないのに)
これにもエピソードがありますが、後々話すとして。

せどりも経験しておくと良いかもしれません。
買い物に行く時に一緒に仕入れたりも出来ますからね。
買った商品以上に稼ぐ事も良くありましたね。笑

話を戻します。

私が記憶している最初に多く儲けた商品は、
「バイオハザード6」だったかな。

古い。

これは、ゲ○なんですが、年始の広告だったと思いますが、
バイオハザード6が中古で確か1,980円で売っていた訳ですよ。

まぁ広告の品だから利益出る訳ないかと読み込んで見た所、
アマゾン中古の最安値が3,580円だった訳です。

あれっ。これ利益でるんじゃね??

アマゾンで販売する際にゲームの利益を簡単に計算する方法として、

アマゾン価格×0.85-150=振込金額

な訳ですよ。(多少の誤差はありますが)

この場合だと
3580×0.85-150=2893

まぁこれがアマゾンで売れた際に売上金として反映される訳ですよ。

ゲ○が税込価格であったか忘れましたが、
仮に税抜きで計算したとしても
1980円=税込2138円な訳ですよ。

アマゾンから振り込まれる金額ー仕入れ金額=儲け

2893-2138=755円

利益は755円になります。

利益少なって思うかもしれませんが、
ゲームせどりの最大の利点は、回転率が非常に早い。
ほんとびっくりする位早い訳です。

さらに、ゲームせどりの美味しい点として
同じ商品がチェーン店の場合同じ価格で売っている訳です。

私は、バイオ6を何回買った事か、
最低でも50個は買っています。

行く店行く店に当時は在庫がありました。
なんせ人気ゲームですからね。
買う人が多い=売る人も多い訳です。

最初は、お店を回る度に一個ずつ買っていましたが、
徐々に面倒になって来る訳です。

同じ店で何個も買える方法ないかな??

って考えて行くようになる訳です。

最初は、

「友達に買って来て欲しいと言われたんですが2個買えますか??」

当時はなぜかビビりながら聞いて見た訳です。

そしたら

「大丈夫ですよ。」

とほぼ即答されて

「じゃあ2個下さい。」

「よっしゃーーーーーーー。言っているもんだな。」
と思ったものです。

それからと言うもの何か利益が出る商品が見つかる度にこの作戦を使うようになります。

たまには、チャレンジして3個買った事もあります。

「なぜか3人で買って一緒に対戦しようと思って」

などなど意味わからない嘘をついたりした訳です。

昔の俺。マジ雑魚だな。

さらに衝撃な事件が起きます。

これは今でも鮮明に覚えています。
某お店で「龍が如く6」が、新品2,000円で売っていました。

このゲーム面白いと有名ですが、私はやった事がありません。笑

いつも通りバーコードを

「ピッ」

まぁ利益でないだろうなぁ。

と思って画面を見たら、

アマゾン新品価格6,780円??????

!!!!!!!!!!!!!

えっ??

間違いかと思い、何度もやるがやはり新品6,780円。

しかもアマゾンランキングが68位???

ゲームせどりをやった事がある方なら分かると思いますが、
ランキング2桁のアマゾンでの売れ方は尋常ではありません。

1,000位程でも速攻で売れるゲームで
2桁、これはヤバ過ぎる。

いつもの勢いで

「2個って買えますかね?」

この時には、大分学習しておりまして、
特に友達に言われたなどは言わなくなっており、
定員が????みたいな時に、

「友達に買って来てと言われて。ダメですか?」

みたいになっていた訳です。

この当時は、ゲームをバンバン仕入れていた訳で
アマゾンランキングの2桁の威力は重々承知していた訳です。

ここで、賭けに出ます。

こんな美味しい商品。店の在庫全部が買いたい。
って思う訳です。(転売ヤー最低。)

ここで編み出したのが、景品にする作戦です。

次に行ったお店の定員に

ジン「これ何個在庫ありますか?」

パソコンで在庫を調べてくれています。

店員「今20個ありますね。」

ジン「会社の景品で使いたいんですが、18個買うことって出来ないですか?」

店員「確認して来ますね。」

ジン「多分断られるだろうな・・・・。」

数分後、店員が両手いっぱいに「龍が如く6」を持っている訳ですよ。

店員「お待たせ致しました。18点ですよね?」

ジン「はい・・。」

これは今思えばラッキーなのですが、その時のレジはアルバイトだった訳です。

確認して来ます。って言うもんだから店長に相談しに言ったのかと思っていましたが、
倉庫から在庫を持って来ただけだったみたいです。

このまま会計を36,000円クレジットで払い。
車でガッツポーズする訳です。

これはやばい。

先ほどの計算でやってみると。

アマゾン振込額は、5,613円 購入金額2,000円
一個辺りの利益3612円

これがなんと18個。しかもランキング二桁。

一撃65,000円の利益です。1店舗数十分の話です。

この日は、ひたすらチェーン店を周りました。

お店によっては在庫切れがありましたが、買える店が多かったですね。

その大量に買えた1店舗を除き「お一人様1点限り」の表示がありました。
(後日、大量に買えたお店には「お一人様1点限り」が付いていました。
確実に俺じゃん。笑)

なんとか景品作戦で2点買えたお店もありましたが、
1日で30個の仕入れに成功します。
時間差を付けて同じ店にもう一回行ったりもしていた。

その他商品も仕入れていた為、1日で15万程の利益見込み商品をゲット出来た訳です。

ゲームせどりおそるべし。

アマゾンFBAに送り仕事中に売上を確認すると当然ながらバカバカ売れています。
ゲームせどりは、FBAに到着して反映されてしまえば、その途端に売れ始めます。

龍が如くは、1週間掛からずになくなりました。

本のせどりをやっていた時は、良くても数万円だった売上が、
ゲームせどりに変えてから初月50万、その後100万、150万、200万と増加して行きました。

単価が高い事もあるし、ゲームせどりは、商品が本当に覚えやすい。
それこそリピートが出来る訳です。

一回利益が出た商品は、何度も仕入れられる。
セールなどでは更に利益が増す。

累計したら3年間位は、せどりをやっていたと思います。
ゲーム以外にも、CD、DVD(特にジャニーズ系、DVDBOXは良く売れた)
おもちゃ、家電、あらゆるものをせどってましたね。

でもある時気づく訳です。

体力が持たない。

これネットビジネスだけどなんか違くない。

せどりが労働である事に嫌気を指すようになってきます。

自分が会社の休みの日に、毎回毎回お店に行きます。
慣れてくるので、行けば利益が出ない日は絶対になかったし、儲かる訳です。

でも、

「これ一生なんて無理だ。」

確実に労働じゃん。

本業でも労働、副業でも労働。。

ゲームせどりも徐々にお店がアマゾンで利益を取れない価格設定に売価変更してくる。

つらい。

その後も、何とか売上は確保するが、これは将来性がないな。

って気づく訳です。

その後、電脳せどり、中国輸入と変化を遂げます。

ゲームせどりをやってる時も、中国輸入がブームになりつつある事は知っていました。

でも、ゲームせどりに没頭していた為、特に参入していませんでした。
(マジ、失敗。もっと早くやっていれば良かった。)

せどり経験があった事から中国輸入は比較的簡単に参入できました。

アマショウや、その他ツールで売れる商品はリサーチ出来たからですね。

せどりアナライザーは、本当に良かったですよ。
買い切りツールだし、せどりに使うツールの様ですが、
中国輸入との相性が抜群です。

簡単に言って、アマゾンで販売している出品者のデータを抜き取ってしまうツールですね。
アマゾンで「ノーブランド」で検索。
中国輸入商品がたくさん出て来る。

それを販売している販売者のデータをせどりアナライザーで抽出する。

売れている商品のみリサーチする。

利益が出る様なら代行で買う。
アマゾンで中国輸入するには大変便利なので、お勧めします。

一からリサーチしてては、効率が悪いです。
大体利益でねー。で終わます。

他社の売れている商品のみをリサーチして
利益が出るかを確認した方がリスクもないし早いです。

自分では、探し出せなかっただろう商品なども見つかりますしね。

アマゾンで中国輸入をやって見たいという方はおススメです。

中国商品を初めて輸入してみた時は、初っ端失敗しましたね。

売上って訳ではなく。莫大な量に死にかけました。笑

ゲームせどりによって金銭感覚が狂っていた私は、
リサーチを徹底的に行い。情報商材を読みあさり
最初から20万を超える商品を仕入れて見ました。

これが失敗。
荷物が12箱届きました。

バカでかい段ボール12箱です。
8畳の部屋に何とか運びますが、部屋が埋まります。笑

ゲームせどりの場合は、30万位仕入れても
アマゾンへ送る際は、大き目なティッシュの箱などに詰めれば
全て収まっていました。

それがですよ。
20万程の仕入れなのに12箱って。。。

汚ならしい段ボールに黄色いテープ(中国あるある)が
グルグルに巻かれた段ボールが12箱自分の部屋を埋め尽くしている訳です。

すげー。と一瞬思いましたが、これアマゾンに送るって大変じゃね。。

でも既に目の前には部屋を埋め尽くす段ボールがある訳です。
やる気が失せるなんて言ってられません。

休みを2日掛けて出品作業を実施。
発泡スチロールが部屋中に散らばります。
手にも発泡スチロールのカスが付きまくる訳です。(しかも中々取れない。)

箱を開けては、

「おぉ」

以外にこの商品良いじゃん。

一瞬気持ちは高まりますが、部屋の在庫量を見てまた凹みます。

お店でもらって来たティッシュの段ボール、中国から届いた段ボールに
FBAへ送る用のシールをぺたぺた貼っては箱詰めしていきます。

気合の2日間の休みを潰し、車で往復して安い配送をしているお店に持って行きます。
(郵便局より安い送料で送ってもらえる。ホームセンターが近くにあった。)

結局20箱近くの商品をアマゾンに送りましたね。
送料だけでも1万以上は掛かりました・・。

やっと終わった。

2日後、アマゾンに徐々に在庫が反映されていく。

ゲームせどり程の破壊力はないが、
にゅるにゅる売れていく感じだ。

様々な商品が売れて行き売上を作っている感じかな。

ゲームの場合は、単価が高いため、一撃ドーンって感じで
売上が上がるけど、中国輸入の場合は、1500円位の種類豊富な商品が
累計して1日20個30個40個と売れて行く。

ゲームせどり以外で初めての月商100万越えを初月から達成できた。

お店に行くわけでもない。
パソコンで、ツールを駆使してリサーチを行い。

売れる商品をリサーチし代行に依頼するだけ。
中国輸入の利点は、数が豊富にある。
ゲームせどりは、確かに取っ付き易いし商品を覚えるのも早い。

でも、在庫が数個しかない事がほとんど。

中国輸入に切り替えるしかない。

その後は、中国輸入一本に絞り効率を上げる事に重視する様になる。

初回は、どんな商品が届くのかな?
と興味津々で自宅に届けたが爆死した。
良い経験にはなったが、絶対に次は、FBA直送にしようと心に決めた。

代行業者のサービスにアマゾン直送サービスが存在する。

このサービス今思えば神なんですが、昔は何でも経験と思って一回は家に送った訳です。
まさか段ボールで部屋が埋まるとは知らずに・・。

中国輸入でも売上が経つ事が分かり、その後は、代行業者からアマゾン直送に全て切り替え販売を続ける。

やって行く中で、徐々に参入者も増加してきて
相乗り出品では、利益が少なくなってくる。

赤字商品なんかも当然出てきて結果黒字だからいいか。

などなど。色々と実践を重ねた。

徐々に相乗りでは、稼げない等の情報が飛び交うようになり、
私も利益が落ちていた事もありこのままではヤバいなとなる訳です。

中国輸入をしている中で、良い代行はないかななど。
色々探しました。

情報を探していると、中国パートナーさんに全てをやってもらっている強者がいました。

内容としては、中国人が日本のアマゾンでランキングが高い商品の
リサーチシートを送ってくれてそこから売れそうな物を選んで買ってもらう。

当然、その後はアマゾンに直送してもらっている訳だ。

しかもパートナーさんだから代行より費用が掛からないらしい。

これだ。

それからと言うもの、パートナーさんを見つける旅に出ることになる。

チャイナトレードでひたすらメッセージを送ったり、
アマゾンで販売している中国人に直接メールしてみたり。

そんな事をしていると、代行以外にもたくさん中国には代行をやってくれる
個人の方がいる事を知りました。

様々な人と費用などを話合い、リサーチシートの条件であったり交渉を続けました。

色々試した結果。

無在庫システムを一緒にやって頂いているパートナーさんに落ち着きました。

中国人は、せっかちであったり、適当であったり、返信が遅かったりする方が基本多い訳です。

その中でも、何かメッセージを送ると毎回丁寧に返答してくれて
色々と話しを聞いてくれる訳です。

この人真面目だし、丁寧だしメッチャ良いじゃん。

この人とタッグを組んでみよう。

そう決意しました。

それからは、今の無在庫システムを改善を進めながら一緒にやって来ました。

データのやり取りも最初はメールでやり取りしていましたが、
なんか面倒に感じる事になります。

何か良い方法ないかな?

そこで編み出したのがドロップボックスです。

アマゾンでは、簡易OEMをやっていた頃に外注を雇っていました。
アマゾン無在庫で、ファッションを売っていた時です。

アマゾンに新規登録をする方法を外注に教えやっていましたが、
その時に外注とデータやり取りしていたのは、ドロップボックスでした。

画像を加工して貰い、ドロップボックスに保管してもらっていました。

ドロップボックスも神ツールなので、必ず入れておきましょう。

で、中国人のパートナーさんともドロップボックスでエクセルを共有できれば
もっと作業が楽になるのではないか?

一回聞いてみようと思った訳です。

ジン「良い案が思い浮かんだんですが、ドロップボックスって知ってますか?」

パートナーさん「?????知らないです。」

ジン「やり方説明するので、やって見て下さい。」

パートナーさん「やってみます。」

数分後。

パートナーさん「できないですね。中国ではネットが規制されているから」

ジン「そうですか。残念ですね。これができればもっと効率が上がると思っているんですが・。」

パートナーさん「調べてみますね。」

ジン「私も出来ないか調べてみます。」

ネットで情報をあさり、中国では、Twitter、Facebook、Youtube、Instagram、Gmailなどには接続できない事を知る。
でも、VPSを導入すれば繋がるとの情報をゲット。

ジン「VPSって言うのがあってそれが導入できれば接続できるかもしれません。やって見る事って出来ますか?」

パートナーさん「やってみますね。」

数分後、

パートナーさん「やっぱり駄目ですね。」

ジン「そうですか。何かまた見つかったら連絡しますね。」

パートナーさん「承知致しました。」

その数日後、

パートナーさん「ドロップボックスが使える様になりました。」

ジン「本当ですか。凄いですね。良かったです。」

その後、データはドロップボックスで共有する事になる。

アマゾン無在庫で注文が入っては、注文エクセルを更新しパートナーさんが確認し注文する
商品が届いたら検品し日本のお客様に中国から発送する。
発送した際は、パートナーさんから何番発送しました。とスカイプが届く。

ドロップボックスからエクセルを確認し、
追跡番号をアマゾンに入力し発送通知を出す。

これ、良いシステムじゃね。

外注さんが出品し売れたら中国人のパートナーにエクセルで注文をする。
パートナーさんが発送したら、発送通知を出す。終わり。

アマゾンでは、独占販売の手法がある。
ファッションでは、タグを付ければ他社は参入できない。

タグを中国で依頼しショップ名の入ったタグと服に縫い付ける(首元にあるタグ)を作成する。

アマゾンで売れた実績のある無在庫商品には、タグを付けた画像を追加。

徐々に独占販売商品を増加させていた。

基本OEMは、大量に注文しなければならない。

しかも超しっかりリサーチしなければ在庫負担が半端ない。

でも、私のやっているOEMは、その場加工のOEMだった。

無在庫で出しまくる。
アマゾンで注文が入る。
ランキングが付く。

徐々に売れる様になってくる。

パートナーさんにタグ付きの画像を撮影してもらう。
アマゾンの画像を差し替える。

他社が参入できない。

売れたら、パートナーさんが中国で、タグをその都度つける。
それを送ってもらう。

基本ダメですが、タグ付きが売れたとしてもタグを付けずに送ってしまった事もありますが、
クレームなんて言われた事ありません。

そりゃそうですよね。

「なんでタグが付いてないんだー。」

なんて言う方が少ないですよね。
無名なショップ名がただ入ったタグなんてあっても無くてもお客様は文句なんていいません。笑

その後も、様々な細かな点を修正し今提供している無在庫システムが完成しました。

その後、メルカリが熱いとの事で参入してみます。

これがまたびっくり売れまくります。

しかも瞬殺で。

何これ?売れるの早すぎじゃね?

それからメルカリにどっぷりとハマる事になります。

アカウントを量産できれば売上がその分上がる。

色々と試します。

1アカウント、10アカウント、30アカウント

確かアカウントを増やす毎に売上が上がって行きます。

そりゃそうですよね。
その当時メルカリは、1アカウント120品位出せました。
それ位がギリギリアカウント停止されない出品数でした。

1アカウント120品、10アカウント1200品、30アカウント3600品

一日に出せる数が高まる訳です。

それは売上上がるわな。

アマゾン倉庫にある商品も出品していましたが、
アマゾンの箱で届いてしまう場合もあり、アカウント停止になった事もありした。

アマゾン無在庫もやりましたが、アマゾンにある自分の商品も販売していた訳です。

メルカリは、確かに売れるんですが、やはりそこそこの安い値段が爆発的に売れます。

1000円前後ですね。

やはりアマゾンから送ると送料やアカウントリスクもある為、アマゾンにある在庫を
一回自宅に返送しメルカリで販売していました。

クリックポストであれば164円で全国に送る事が出来たからですね。

アマゾン倉庫から売れていた経験も会った為、
バカバカ売れて行きます。

メルカリ恐るべし。

これアマゾンより上手く行けば売上と利益が取れるのではないか?

それからメルカリに力を入れる様になります。

メルカリツールを導入し料金を払いアカウント徐々に増加させます。
(今でも動くツールを知っていますのでやりたければ連絡下さい。)

その分売上が上がって行きます。

これはもうやるしかない。

一気に50までアカウントを増やし、今まで売って来た商品や、
メルカリリサーチで売れそうな商品をピックアップし一括して有在庫に挑みます。

その後、死亡する事など知らずに・・・・。

2016年12月初旬また中国より大量に段ボールが送られてきました。
今回は、少し金額を押さえましたがそれでも20万強段ボールにして10箱。

経験していた事もあり、仕分けをして行きます。
在庫のSKUを振り分けて管理をして行きます。

ツールに商品を登録してぶん回す準備が整いました。
明日からは、発送の鬼になるな。
クリックポストだから良いか。頑張ろう。

バカバカ注文が入り、ポストに入り切らなく2か所、3か所とポストに入れまくる日々が始まりました。
注文が入り、コメント対応しクリックポストをエクセルで一括取り込み印刷、商品へ貼り付け
仕事終わりや仕事へ行く時にポストに入れまくります。

大変だけどなんか楽しい。
どこまでやれるかやって見よう。

と思った数日後のことです。
それは2016年12月13日夜頃ですね・・・。

注文を確認しようとツールを確認すると今まで見たことがない赤く塗りつぶされている
商品がたくさんあります。

何これ。

何があったの?

メルカリで商品を確認するが、出品されていない。

えっ。バグ???

そのあと、色々ネットで検索してみると多くの方が同じ状況で祭りになっていました。笑
出品されなくなった。出品してみても上位表示されていない。

メルカリで規制が始まったらしい。

その後、今では有名な圏外がその時に始まりました。

次の日もツールを確認してもサーバーが規制されていて出品できない。
ツール開発者に連絡しても対応を考えている為、お待ちください。との事。

今までバカバカ売れていた商品が一瞬で売上0になりました。

部屋を見るとまだ8箱くらいの在庫の山が部屋を占領しています。

これどうすんだ。

その他販路で売るしかない。

アマゾン、フリル、ラクマ、ヤフオクあらゆる所へ出品しました。

1からの為、凄まじく時間が掛かります。
しかもメルカリ程高速に売れない訳です。

この時、在庫の危険性を重々理解できた訳です。
本当に辛かった。

その後も、規制の情報を収集しまくる日々が続きます。
ツールにはコミュニティーがあり、その人達と日々、情報を交換しまくったりしていました。

その後、圏外になったアカウントはもう使えないらしい。
その様な情報が飛び交います。
新規アカウントなら出品できるみたい。

そっか。

圏外になったからもう出せなかったのか。

更にアカウントを買い試して見ると出品されています。

きたーーーーー。

これでまたバカバカ売れるぞ。

と思ったのもつかの間。次の日にはまた表示されていない。

えっ。また死んだ。

その後、試行錯誤し1日の出品数が多いと直ぐに圏外になる事が分かりました。

メルカリなんてやめればいいのに。なぜか続けていました。
それ程に売れまくる魅力的な販路だったからです。

日々、実施しては検証しを繰り返します。

アカウントを買い、販売する。→売れる→圏外になる。→アカウントを買う。

これでも利益が出ていた訳です。

累計で300近くはアカウントを使っていましたね。
もったいな。

その後、ふとした瞬間に前のアカウントは本当にもう使えないのかな?

一回ツールに取り込み出品してみました。

メルカリで確認すると、反映されているではないか。。。

これはすごい。

速攻でコミュニティのメンバーに知らせると
復活している。すげー。

とたくさん感謝されました。

その後、一回圏外になってもアカウントさえ停止していなければ
2週間から1か月で復活するとわかる様になります。

多分私が一番とは言いませんが、ダントツで早く復活する事を見つけた人であったと思います。

その後は、アカウントを上手く使い訳、圏外になっては、
入れ替えこれを繰り返します。

何とか在庫もなくなりこれはしんどいなとなる訳です。

何かいい方法はないか?
今のメルカリは沢山出品は出来ない。
売上を上げるには、単価を高くするしかない。

そこで、あっ。

無在庫じゃん。

アマゾンでやっているやつをそのままメルカリでやって見れば良いんじゃん。

その後、メルカリ中国直送無在庫の開始を始めます。

メルカリ利用者は女性が多く、ファッションが良く売れます。
基本やはり値段が安い商品がバカバカうれますが、
4、5千円でも売ってみるとコメントが結構来ます。

在庫ありますか?
何サイズありますか?
購入希望です。

おぉ。

以外と良いのではないか?これでしばらく頑張ってみよう。

様々な今までの経験を駆使してメルカリ無在庫に励みます。
メルカリでは、基本即納が売れますが、以外に時間が掛かっても良いとの人もいる訳です。

私のやっている無在庫はパートナーさんの協力もあり、
注文してから大体中国から5日後位に発送通知がパートナーさんから届いていました。

メルカリでは、4~7日の発送を選び、更に商品説明分に1週間から10日程掛かります。
遅いときは2週間程掛かる旨を説明分に入れて販売してました。

これが、結構売れる。

アカウントを量産していた事が一番ですが、
様々なアカウントからコメントが来ていました。

仕事終わってからのパートナーさんへの注文、昼休憩や隙間時間に発送通知、朝のコメント返送。
これの繰り返しでした。

気づけば売上は累計150万は超えていました。

在庫やっている時より楽だな。
今後、これを外注化すれば完璧と考えていたら更にメルカリの規制が始まります。

規制と言うか、アカウント業者の逮捕ですね。2017年6月だったと思います。

これにより徐々にメルカリはもう諦めようとの思考に切り替わって行きます。

アカウントが買えない=いずれ販売できなくなる。

これですね。

私のやっていた方法は、なぜか余りアカウント停止されていないのですが、
やはり2週間に1個位は、商品の重複で複数アカウントとの理由で停止されていました。

その頃から、やっぱりどの販路も運営側が強い事に嫌気を指すようになります。

アマゾンでもいきなり、家電の規制が始まって販売できなくなったりする訳です。
そのカテゴリーを販売して生活していた人もいる訳です。

それが、一発で収入がなくなる。

これは、本当にあり得る事なのです。

やっぱりこのままではダメだ。

何か規制のない方法を探すしかない。
独自のネットショップが作れれば良いが、基本は売れない。
広告費が必要だし、月額も掛かるしリスクがある。

何か良い方法はないか?
色々探る中で、メルカリも継続して行った。

そしてBASEショップの存在に気づきます。

何これなんかシンプルだけどセンス良さそう。
情報を色々調べてみるが、
BASEは売れない。とか

無料だから全然ダメ。
など多少の記事はある物の参考になる様なサイトはなかった。

そこで、無料だしやって見るかなと行動に移してみた。

売れないと言われているだけにこれで売ったら凄くない。
しかもネットショップだから規制がほぼない。
無在庫などもやり放題じゃん。

しかもアプリもあるし、多分BASEはこれから来るんじゃないかと直感で思った訳です。
企業として将来的な金融ビジネスを目指してますし、楽天やアマゾンになろうとしている訳ではなく、
1回しか買わなかった人を毎月2回、3回と買ってもらえるようにする為、
ショップが人を集めやすい仕組みを提供したい。

こんな考えが私も共感できた訳です。
今参入者が少ない。でも売れているショップは凄まじく売れている。

これを早い段階から始めれば良いんじゃね。
今までの経験を全てつぎ込んで。

それからBASEの実践がスタートする訳です。

それと同時にBASEの情報発信もやって見ようかな?
今後の為にも仕組みは必要だしな。
って事で、youtube,ブログを作成する様になりました。

BASEを始めるも、良く分からない訳です。
確かにやり方は簡単なんですが、
なんか良く分からない。笑

メルカリでの威力を知っていただけに、
出品したら即「いいね」的なものが来ると錯覚していた訳ですが、
まぁ出せども出せども無反応。

何これ、お客さんいるの???

何も反応が来ません。
当然売れません。

まだまだ出品は少ないし売れなくて当然か。
出品を100、200と増加させる。

・・・・・・。

売れない。

経験上売れないのは分かっているけど、
本当になんて言うか

「無」

って感じなんですよ。

そこからは気合です。
現に売れているショップがある以上、お客様はいる訳です。

7つの習慣から学んだ
「インサイドアウト」
すべての問題は自分の中に有り自分が変わらなければ周囲も変わらない。

この思考に切り替えます。
自分のショップが悪い、自分のショップを変えなければ売れない。

これに気持ちをシフトしました。
それでは売れているショップは何をしているんだろうと考える訳です。

先ずは、売れているショップを見ます。

クーポンの発行を行っていたり、Line@でクーポン配ったり、
ショップフォローがメチャクチャいたり、
出品している商品がたくさんある訳です。

その後、自分のショップを見る。

間違いない。
これはまだ売れなくて当たり前だな。
って思考になる訳です。

ショップフォロワーは自分で押した1人だけ。笑
ってかゼロじゃん。

非常に見た目が宜しくないなと考えた訳です。

やはり売れているショップには、売れている理由がある訳です。

ショップ内の雰囲気を見ればこれは売れてそうだなって思えるわけです。

自分もこの雰囲気を作り出さなければ。。

先ずは、カテゴリーを見やすくして説明文でショップフォローアピールをしまくり出品数を増やす。

少しでもお客様から反応が欲しい。

そうだ。

お問い合わせしてくれたらクーポン上げよう。
Line@でクーポン発行はみんなやっている。

先ずは、他のショップの良い所を出来る限り取り込もう。
この様に考えを変えて行った訳です。

でも、どうしても気になっている部分で、ショップフォローが1人
徐々に出品しても5人10人が限度な訳です。

売れているショップは、何万フォローもいる。
自分は、数名しかいない。

これでは、見た目で売れていないショップと判断されてしまう可能性が高い。
どうにかショップフォローを増やしたい。

そこで、ショップフォローを増やす方法を調べる。
どうやらBASEmagというブログがあるみたいだ。
そこに掲載されるとフォローが増えるらしい。

先ずは、やって見る。

一回目、掲載されない。
でも、ここを修正して下さい。
って返信が送られて来た。

即修正し送って見るとiphoneがブルブルし出すではないか。

「あなたの商品がアプリでお気に入りされました!」

おぉ。

その後すぐにまたブルブル。
「あなたの商品がアプリでお気に入りされました!」

その後も、通知が上書きされる程
「あなたの商品がアプリでお気に入りされました!」
ラッシュが始まりました。

何これヤバい。

そしてついに
「商品購入通知:BASEショップにて商品が購入されました。」

やべー。

ついに売れた。

ここまで1週間、時間があれば常にBASEで売れる為にはどうしたらよいか?
行動してきた結果がついに実った時であった。

その後も、お気に入りは登録され続け
1200PVまで持って来れた。
フォローも50人程増えた。

これは、いける。

BASEmagってすげーじゃん。

これを毎日上げて行けばどんどん売れる。
明日からは毎日やって見よう。

その日は寝て、朝起きて
お気に入りされまくっているんだろうな。
と楽しみにiphone を見ると

お気に入りが止まっている。

えっ。

昨日あんなにブルブル鳴っていた携帯が
うんともすんとも言わない。

来るのは、「ふるせるの在庫確認メール」笑

なんでだ。

要は、初回に結構良い位置に掲載され拡散されたからだった。

という結果が分かった。

そうだよな。そんな甘くないよな。

その後、ちょろちょろお気に入りが増えだす。

どうしてもフォローが少ない事が貧弱に見えてしまう事が気になり、
極悪フォロー増加方法を編み出さす。

これで、500以上のフォローを獲得する。

その後、
1日気合で200品出して1品しか売れない・・・。

などなど、
出品を高めて行き600品を出品した。

初月の売上げは、9万弱。利益にして3万程。

メルカリ、アマゾンに比べては全然であるが、
売れないと言われていたBASEで初月9万なら良いのではないか?

その後も、出品を高め、2か月目で20万と売上が上がって来た。

そしてついにメルカリを脱却する日が来る。
2017年12月メルカリが本人登録の強化、銀行口座を規制を開始。

後々辞める様になるなって分かっていた。
しかしアカウントがある以上回していた。

ついに一気にアカウント停止を食らう事になる。
出金する度にアカウントが停止される。

これもう全アカウント死んでる。
全てを察知出来た。

生きているアカウントではなく、
出金したら停止されるだけのアカウントになっていた。

お金が入っているから停止されていないだけ。
出金終わったらはい終了。

ここでもうメルカリは辞めようと決心する。

何かとメルカリでも良い経験が出来たとは思っている。
特に今やっている情報発信をやるきっかけになったからだ。

メルカリなどで、規制がある毎にブログ、youtubeなどで情報を集めた。

既に知っている情報であったり、もっと自分の方が知っているのに。

などなど。

自分も発信してみようかな?
ってなったきっかけをくれたのが、メルカリ実践なのだ。

その後、音声をyoutubeにアップできる事を知り、始めて音声を取って見る。
これですね。笑

その後、更新を続けると少しづつ読者登録も増えて来る訳です。
限りなく少ないですが・・・。

その後、やはり少しでも自分の情報が参考になるという方が出て来る訳ですよ。

そこで、考えのが、この自分の構築してきたシステムを提供すれば
同じ環境でできるんではないか?

初月9万、2か月目には20万を売上た。

これは初心者の方でもリスクが少なく始められるのではないか?

今まで普通に行って来た無在庫方法だが、
知らない方には、良い情報なのかもしれない。

自分も最初は、様々な失敗をしてきた。

中国から仕入れる為には、代行を使わなければならない。
そんな事は自分では常識だけど、今始めたばかりの人は分からなくて当然だ。

中国の豊富にある商品を無在庫で販売したい。
でも、一品ずつ買うと高いからできない。

などなど。

人それぞれ悩みがあると思う。

やって見たいという方に提供してあげれば良いんじゃん。
本当にやっててリスクないし、BASEであれば規制がない。

これを初心者の方がやれば安全にネット物販で成果が出せる。

そう考えた訳です。

その為に、無在庫システムを募集させて頂きました。

これですね。

2、3人に使ってもらえれば良いかと思っていましたが、
想像以上に使ってもらえております。

ありがとうございます。

その後、何か良い企画が出来ないかと考えておりました。

やはりBASEは売りづらいのです。

続けて行けば確実に売れますが、
根気が必要な訳です。

この根気がいつまで続くかが重要です。
ゴールまで確実に進んでおり、あともう少し頑張れば成果が出るという
ゴールに辿りつけるのに辞めてしまう。

そんな方も多いのではないでしょうか?

モチベーションが下がってしまうんですよね。

人間って同じ行動を続けていて成果が出ないと、

この行動って本当に合っているのか?
このまま続けても意味がないのではないか?

って思ってしまうものです。

それでも、成果がでるまで頑張って続けていれば確実に出るんですが、
辞めてしまったり、その他稼げる情報に移ってしまうんですよね。

非常にもったいない。

そこで、考えた企画がリスクなく稼げるようにアシストしてしまおうという企画です。

無在庫システム+アシスト=成果が出る。

詳細は、別記事で書きますね。

募集は、若干名を予定しております。


ネットで稼ぐ情報を最速で手に入れる方法とは?

 ネットビジネスやりたいけど何からしたら良いか分からない。

 なるべくリスクをおいたくない方法で実践したい。

 何で自分は結果が出ないんだろう。

 自分に合っている方法がいまいち良く分からない

 情報を得てばっかりで行動ができない。

 なるべく最新の情報を手に入れたい。

などなど、ネットビジネスを実施していると悩みは尽きません。

いざ、始めようと考えていても途中で結局何をしているのか分からなくなる。

ゴールが見えない。
どこに向かっているのかも分からない。

自分には向いていないんだ。
もう諦めよう。

諦めたらそこで終了!!同じ人生を繰り返すだけです。

諦めなければ結果はいずれ出ます。

方法は様々知っています。
まずは、ジンに相談してみませんか?

初期は、物販、そして情報発信へ。
素直に行動できれば成功はできます。

一人でも多くの方の成功を導く為に無料のメルマガ講座です。

2種類のメルマガをご用意しておりますので、

あなたの状況に合わせて購読する事で、ゴールへのロケットスタートが切れます。

登録はどちらか一方でお願いします。

メルマガその1:知識0から始める初心者向けネット物販講座。

これからネット物販を初めてみたいと思っている方。

本気で成果を出したいと思っている方。

最短最速で到達できるよう無料メルマガ講座を開いております。

あなたがネット物販で稼ぐ為に好スタートをきれる様に必要な事だけをお届けいたします。

①ネット物販なんてやったことがない。

②ネット物販における知識なんて何にもない。

③やり方がそもそも分からない。

上記にあてはまる方はこちらのメルマガをご登録下さい。

ネット物販をロケットスタートで始めるメルマガはこちら。

最速でネット物販で収益を発生させるご案内いたします。

ネット物販以外の収益を発生させたい方限定メルマガ。

①もう既に物販では少しは、収益を出している。

②情報発信をしてみたいけど何をどうしたら良いか分からない。

③サイト作成ってどうやってやんの?やって見たいけどやり方が分からない。

そんな方へ、購読するだけでサイトがいつの間にか作成出来る様になっている。
ブログでは言えない秘密の戦略などお話しています。

情報発信をやって見たい方向けメルマガはこちら。

二つのメルマガを同時に見る事は絶対に辞めてください。

両方を実践する事は、初期からは難しいからですね。
作業が分散してしまう恐れを防ぐ為です。

少しずつ成長してステップアップして行かないと何をやっても結果がでない。
こんな事が非常に多いですからね。

少しずつ成果を出して成長して行きましょう。
いずれどこかでお会いして結果を語り合いながらお話できれば良いですね。


おすすめの記事