①ネット物販なんてやったことがない。
②ネット物販における知識なんて何にもない。
③やり方がそもそも分からない。

上記にあてはまる方はこちらのメルマガをご登録下さい。
構築に必要な競合店リサーチシート、出品管理表、自己管理表などなど
メルマガのみの随時無料プレゼントをお渡ししております。

ネット物販をロケットスタートで始めるメルマガはこちら。

最速でネット物販で収益を発生させるご案内をいたします。


BASEで売上を上げるには、当然出品しなければなりません。

BASE出品に必要な事。
①商品名の決め方
②価格の決め方(セール価格含む)
③商品説明の入力
④在庫数入力
⑤画像取得
⑥表示順の考え方
⑦ラベル選択
⑧カテゴリー選択

それでは、順番に説明していきます。

商品名を適当に入れてませんか?
商品名は、考え方によっては、一番大切です。

それは、なぜか??

説明していきます。

みなさんもインターネットで商品を買う際は、
どの様な行動を取りますか?

購入の際の行動とは?
①買いたい商品名を検索する。
②カテゴリーで探す。
③ショップに入って何となく良いのがないか良い商品がないか探す。
④たまたま目に入った物を衝動買いする。

こんな感じではないでしょうか?
①の検索する方が圧倒的に多いと思います。
要は、ほとんどの場合、お客様は検索に商品名などを入れて確認します。

そこで、大切なのが商品名となります。
アマゾンでも、楽天でももちろんBASEでもそうですが、
商品名をしっかり書かないと、自分の商品が検索結果に載らない。

例えば、セーターを出品しようとした時に、

①商品名 セーター

で出す方は、いないとは思いますが、
適当に出すと、

②商品名 レディース セーター

で終わりにしてませんか?

これは、非常にもったいない出品方法となります。

なんせ、検索結果に反映されるキーワードが少なすぎます。

これくらいの商品名ではどうでしょうか?

③商品名 レディース セーター ボタンダウン ドルマンスリーブ リストフォール 全2カラー

こちらは、例ですが、
要は、同じ商品を出品する場合、①~③どの商品名が検索結果に多く載る場合が多いか?

ネットで販売する際は、この考えを常に持っていないと売れません。

①の場合は、ビックキーワード過ぎて、相当な事が無い限り
自分の商品が上位表示される事はありません。

②の場合も、①よりはマシですが、これでもまだまだ
上位表示される可能性は低いです。

③の場合はキーワードが多くどのキーワードを入れても①~②よりは
表示される可能性が高まります。

これは、あくまでも例ですが、
ネット販売では、どんなに良い商品を売っていたとしても
お客様の目に付かない商品は売れません。

検索結果で、いかに自分の商品を表示させ、商品を見てもらえるかになります。

基本中の基本になりますが、
常に商品名は、意識しましょう。

特にトレンドキーワードの対応している商品の場合は、
出来る限り意識して入れて行きましょう。

トレンドキーワードと言うくらいです。

検索する回数が圧倒的に多いです。

そのキーワードを入れて入れば自分の商品を表示させる可能性が高まるってことです。

トレンドキーワードの探し方の動画は、こちらに動画が登録してあります。
友だち追加

動画を参考に、どんどん最新のトレンドキーワードをリサーチし、
商品名に入れて行きましょう。

注意として、
商品名の長すぎ(文字数が多い)は、逆効果になります。

アマゾンでも、現在は、短い商品名の方が、好まれます。
メルカリでもそうですが、40文字までが理想となります。

なるべくごちゃごちゃした商品名は、余計にクリックされづらい為、
難しいですが、スッキリ且つその商品に合ったキーワードを入れて行きましょう。

価格の決め方は、利益率で変わってくるので一概にどれが正しいかは
その方の考え方によって変わって来ます。

利益30%は欲しいな。
っとなれば、商品原価より算出して決定する。

など、掛かる原価によって価格は決めるしかないです。

それでは、中国無在庫に掛かる原価の考え方は、

中国サイト記載の商品代金+中国国内送料+代行費用+国際送料+国内送料+BASE販売手数料(6.6%+40円)

こちらで原価を決めて行きます。
それに対して利益を乗せてくだけですね。

当然薄利の方が、値段を下げられますが、
ある程度利益は確保しなければ商売になりません。

暴利を取った方が良い訳ではなく、お客様も高いと思わない価格にするって事です。

難しいとは思いますが、やはり利益率は30%位が良いかと思います。

こればっかりは、リサーチするしかないですが、
ショップ内に薄利のお得な売れ筋を作るのも戦法としてはありかなと。

極端の例を言うと、この商品はセール価格で、赤字もしくは利益なしの
原価提供し、客数を集める。

その他商品で利益を取る。

一回購入してもらえればお客様のリストが取れる(メアド)

こんな戦法もありかなと。

先ずは、先には利益を求めず、ファンを作るのを優先する。

ある程度、フォロワーが増加すれば、
その他商品も必ずリピートしてもらえます。

色んな戦略を実行してみるのも良いかと思います。

先ずは、行動です。

これが良いかなって思った事は、
先ずやってみる。

失敗したらそれが経験となり、新たな戦略を立てる。

成功したら、それを積み上げる。

これの繰り返しかなと思います。

PDCAサイクルですね。

PDCAサイクル
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の
4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

これは、意識した方が良いですね。

常にこれの繰り返しを行っていればいずれ当たりがきます。

それを伸ばすことを実行しましょう。

考えたプランをいつまで経っても行動しない。

これが、一番成長しない事かと思います。

多少の赤字覚悟で挑む位が良いかと思います。

無在庫なんで、どんなにミスっても数千円程度です。

チャレンジし成功すれば、一瞬で元は取り返せる。

こんな感覚で、先ずは色々行動してみましょう。

 

商品説明の書き方も人それぞれですが、
ショップを始めたばかりの人などは、
商品説明でもショップフォロワーを増やせないか
考えながら書いて見てください。

 BASEショップの強みは、ショップフォロワー機能があるという事です。

ショップフォロワーの利点としては、
購入者側もショップオーナー側も利点があります。

購入者側は、お気に入りのショップの新着商品を通知にて受け取る事ができる。
すぐにフォローしたショップに入る事ができる。

ショップオーナー側は、商品を出品すると
フォロワーの方に自動的に新規に登録した商品の通知が送信される。
販促管理のプッシュ通知を通じてオススメ商品、新商品の通知が発行できる。

この様に、一回ショップフォローをしてもらい定期的に新商品
通知を送信する事で、他のショップに流入する事を防げる可能性があります。

アプリより通知が届きますので、見てもらえる可能性が高いです。

携帯は、常にお客様は持っています。
通知があれば高確率で見てもらえます。

メルマガの場合は、見逃されてしまう可能性も高いですが、
通知の場合は、設定さえお客様に変更されていなければ
ほぼ100%目にしてもらえる可能性があります。
これは、なぜ目にしてもらえるにしたかと言うと、
プッシュ通知でもそのままスルーされる可能性もあります。

毎日適当に発行していれば安心と言うわけではなく、
しっかりした文章を記入し、毎日ちゃんと開いてもらえる
努力が必要です。

適当な通知ばかりしていると徐々に興味がなくなって行き
最終的には、迷惑メール扱いと同じ様にショップフォローを取り消される場合もあります。

自分がもしお客様だったらどうかを常に意識してください。

毎日適当な文章で送られてくるプッシュ通知を見ようとしますか?
数日見たらもう見なくなる可能性の方が高くないですか?

自分が見なくなる可能性があるって事は、
同じ気持ちになるお客様がたくさんいるって事です。

本来売上に有効な販促手段も適当に実施する事で逆効果になる
可能性があると言う事を意識しておいて下さい。

では、どの様なプッシュ通知が見られるのか?

これは一例ですが、セール品に特化して通知を出す。

BASEでは、簡単にセール価格に変更できますよね?

この機能を上手く活用しましょう。

元から定価が決まっている商品を出す場合は、
何%オフと記入すればお得かどうかは、お客様は相場で判断できす。

つまり他のサイト比較すれば安いか判断がしやすいと言う事です。

しかし、中国無在庫の場合は、特に元の値段がない。
つまり、好きな価格でセール品ができるって事です。

出品する商品全てをセール価格にしては、意味がないですが、
毎日出品するのであれば1日最低6品はセール価格で出品する。

プッシュ通知で、掲載できる商品は6アイテムまでとなります。

その為、最低6品セール価格で出品すればそれを
本日のセール品として通知すれば良いのです。

本日のセールとの表題がお客様に見られる可能性がそもそも上昇する。
また、毎日セール品の通知であればショップフォロー解除の可能性は、
断然下げる事が可能と言うわけです。

その為、通知で現状適当にやっている場合は、
ショップフォロー解除の可能性もありますで、
セール品に切り替えた方が安全かと思います。

通知の話で長くなってしまいましたが、
商品説明に戻りましょう。

これは、あくまで私の考えでありますが、
商品説明には、ヘッダー、フッターを考える必要があります。

ヘッダーとは、本文上部を指し、どのページが開かれても常に共通して表示される部分です。
商品説明においてもこれは必要かと思います。

例えば、
・ショップフォロワー限定特典クーポンの発行
・LINE@のID登録でクーポン発行
などなど

固定客作りの為に必要な文章を毎回商品説明の最初に記載する。

フッターとは、本文の下部を指し、本文など主な内容以外の補助的な内容を記載する。

例えば、注意事項など

この様なものは、毎回入れる為、コピペで入力できる様、
メモ帳もしくは、エバーノートに保存しておきましょう。

これがあればあとは、真ん中の商品ごとに違う商品特徴、サイズ、カラー、素材などを入力する事で商品説明は完了します。

どうしても分からない方は、他のショップをリサーチし
研究しましょう。他のショップの良いところを真似るって事は重要です。

それでは、無在庫の強みである全サイズ、全カラーを登録して行きましょう。

現在のBASEでは、在庫登録が非常に手間が掛かる作業となっています。

「種類を追加する」で項目は、どんどん増加させる事は可能ですが、
無在庫の場合は、全カラー、全サイズを出品する事に意味がありますので、
登録を実際に行って見ればわかると思いますが、
現状は非常に時間が掛かる作業となっています。

例としてカラーが3色(ブラック、ホワイト、レッド)、
サイズが4種類S、M、L、XLの場合で説明して行きます。

もしこの様な商品を出品する際は、

ブラックS、ブラックM、ブラックL、ブラックXL

ホワイトS、ホワイトM、ホワイトL、ホワイトXL

レッドS、レッドM、レッドL、レッドXL

上記の様に12種類登録する必要があります。

私は、途中これが手間で、
カラーのみ3色登録し、サイズはお問い合わせ下さい。
また、購入の際は、備考欄に希望サイズを記入お願い致します。

としてました。。。。

これなら、お客様から問い合わせ後に、
パートナーさんに在庫も確認してもらえる訳だよ。
って事はだよ。
在庫切れの際も購入前にお断りできるし
他の商品に切り替えてもらう戦略なども取れて
楽じゃね??

ってことで、やっていた訳ですよ。

ですが、、、、。

BASEって説明文読まないで買う人が多いんですよ。
また、こちらから連絡しても無反応の場合が多い事多い事。

完全に私の考えが通用しなかった。

普通に購入され、備考欄にも希望サイズが何も書いてない・・・・。

「ご購入頂き購入ありがとうございます。」
希望サイズをお知らせ下さいませ。
扱いサイズは、S、M、L、XLとなっております。
Sサイズ詳細(バスト、衣丈、肩幅などなど)



こんなのをメールで送った訳ですよ。

・・・・。

はい。返信なし。

数日後、

「希望サイズをご連絡頂けないと商品の発送準備に入る事が出来ない為、
恐れ入りますが、希望サイズをご返信の程、宜しくお願い致します。」

・・・・・。

無反応。

入金前の場合は、そのまま日にちが経過し自動キャンセル。

入金後の場合は、再度最終メールを送信。
「○日までに返答がない場合は、キャンセル手続きをさせて頂きます。」

この様なメールを送ってキャンセルになりました。

この様な場合が、BASEでは良く起きます。
もしかしら自分だけかもしれませんが・・・。

その為、出品時は、非常に手間ですが、
全サイズ、全カラーを最初から設定しておくことをオススメ致します。

やっぱりサボっちゃダメだよって事ですね。

BASEはメルカリなどと違い構築されて行く為、
面倒ですが、頑張って丁寧に登録して行きましょう。

一品一品出品する毎に確実に構築されて行きます。

私みたいに後々余計に時間を取られない様に
丁寧に出品して行きましょう。

今後、BASEがバージョンアップして
カラーとサイズが別々に設定できる様になる日が
早く来る事を祈りましょう。

それでは、具体的な出品方法を説明して行きます。

出品するには、画像が必要となります。

タオバオなどは、右クリックで画像保存が可能ですが、
アリババは、保存が出来ません。

その場合は、画像のキャプチャーソフトを使用します。
キャプチャーソフトは、フリーでありますが、

オススメを紹介しますね。(リンクからサイトへ行けます。)

Rapture

こちらは、非常に使い易いです。
インストール後は、おにぎりボタンを押せば、
画面が固まりますので、ドラッグで範囲を指定すればキャプチャできます。
私は、メインでこちらを使っています。

タスクバーに常駐させて置くと直ぐに実行できるので、楽になります。
おにぎりをタスクバーにドラッグ&ドロップすれば完了です。

また、保存フォルダを設定しておくと何処に保存したか
分からなくならずに管理が楽になります。

Raptureを起動し、適当に範囲指定し、その指定枠内で、
右クリックをすれば、設定が選べるようになります。

設定⇒保存より自動保存項目の標準ファイル名に

%y%m%d_%h:%n:%s

を入力すると日時で保存されて便利です。
標準フォーマットは「JPEG」
が良いと思います。

また保存したいフォルダを作成して
自動保存項目のフォルダにパスを入力すればOKです。
windows10でパスを表示するには、
rapture_20171110232553

この様にフォルダを開くと上部にアドレスバーがありますので、
そこをクリックすれば表示されます。

私の場合は

「F:\おにぎり画像」

これをコピーして貼り付ければ完了です。

これで、サクサク画像が取得可能になります。

 

WinShot 1.53a


こちらの方が、画像処理の種類が豊富、
細かくカスタマイズが可能です。

BASEをやるには、上記2点で問題ありません。

どちらか使い易い方で良いと思います。

これを活用し、前回教えたサイトで、画像を取得すれば画像の用意は完了です。

注意点として、
中国語が入っている画像は出品しては、ダメです。

これは、例ですが、上記の様に中国語が入っている画像は避けましょう。
これは極端な例ですが、この様なバリバリ中国語が入っている画像は、使わない。

また、画像に被ってショップURLなどが記載されている画像もあります。

この様な画像も避けた方が良いでしょう。

同じショップであれば、大体同じ様な画像を使う事が多い為、
どうしても出したい商品がある以外は、
画像に何も書いてないショップを最初から探す方が早いですね。

いざ、エクセルなどで、出品商品の管理をしている場合は、気をつけましょう。

出品したい商品をエクセルに記載し、いざ画像を取得しようとしたら
上記の様な中国語が記載されている画像ばかりのショップの場合は、
その時点で画像が取得出来ず、出品が出来なくなってしまいます。

そうすると今まで掛けた時間が無駄になります。

その為、まずは、画像が出品出来そうか確認してからエクセルなどで
記載して行く事をオススメ致します。

2度手間を防ぐ為にですね。

ショップにより同じ画像を掲載する傾向が多い為、
画像が良いショップを見つけたら
そのショップの扱っている商品で且つちゃんと売れている商品を
どんどん出品んする事をオススメ致します。

やって行けば分かって来ると思いますが、
なるべく2度手間にならない様に考えて出品して行きましょう。

私も昔良くやっていました。

エクセルで、出品候補をどんどん記入して行き、
いざ画像を取得しようとしたら中国語バリバリで
全然画像が使えない・・・・・。
せっかく頑張ったのに・・・・。

ってことにならない様に先に画像は確認しておきましょう。

まぁ、この文字の入った画像も画像加工する事で消す方法もありますが、
そこまで最初は拘らなくて良いと思います。

画像加工に自信のある方は加工して文字を消して出品する事で
差別化に繋がりますので、それも手かもしれません。
(画像文字が入っていることで、加工する事が手間で出品されていない可能性もあります。)

でも、得意じゃない方は、そんな事をしなくても
出品を続けて行けば売れますから安心して出品を続けて下さい。

私もアマゾンに出品する際に文字入りの
画像を消す作業を外注化しておりました。

ベトナム人に・・・・。

凄く安くやってくれるので・・・・。

感動しますよ。

あっ。文字が消えてるって。

スゲーな。

こんな事ができるんだなって。

でも、BASEでは、売上が上がってからで良いと思います。

あとは、白抜きですね。

アマゾンでは、必須の事ですが、
白抜きをする事で、ライバルに見つかりにくくなる可能性が高まります。

白抜きサイト(有料)

clippingmagic

このサイトは、本当に簡単に白抜き加工ができます。
アマゾンでは、必須の白抜きが簡単にできます。

確かに有料になりますが、アマゾンで新規出品をやるなら必須ですね。

こんな感じになります。
左が加工前、右が白抜き後の画像です。

緑で残したい部分の線を引きます。
その後、赤色で消したい背景をなぞれば

びっくり!!

簡単に白抜きできているではないか!!!

アマゾンをやっている人にはおすすめです。
officeのパワーポイントでも無料でできますが、
快適さがまったく違います。

是非、無料でも体感できたと思いますので、
試して見て下さい。

clippingmagic

確か日本円で月額1700円程です。
作業効率を考えれば必須のサイトとなります。

BASEでも白抜きを実施することで、
商品を強調し見やすくすることができます。
また、競合に商品が見つかりにくくすることも可能です。

売上が行ってない場合は、必要ありません。

あくまでも、売上が高くなってきて、
ライバルに画像検索で見つかりにくくしたい時などに
利用すると良いかもしれません。

 

表示順の考え方に行きましょう。
ブログやサイトでも考え方は一緒ですが、
上位表示されている商品、サイトはクリックされ易い傾向にあります。

BASEショップにおいても、商品の順番を入れ替える事は可能です。

今後、良くこの商品は売れるなぁ
などの場合は、
その商品を常に上位に上げておくことで売上がもっと見込めるかもしれません。

良く売れる=たくさんのお客様が欲しいと思っている。

そんな商品を下の方に置いておくのは勿体ないですね。
常に上位表示させる事で、
ショップに来た際にお客様の目に付く可能性が高まり
売れ方が変わって来ます。

パレートの法則がありますが、
全商品の上位20%の商品が売上の80%を占める。
全顧客の上位20%が売上の80%を占める。

この事からも、上位20%の商品を中心に商品ページを強化して行く方が効率が良いです。

商品ページの強化とは、
「商品名の見直し」「商品説明の見直し」「画像の増加」「SEOキーワード」などですね。
真似されないように画像を白抜きするのもありかもしれません。
画像検索で簡単に見つけることを避けることができます。
あくまでも全画像の白抜きをする人はいないと思いますので、
全画像を白抜きする以外は抑制程度の効果となります。

本気で真似されたくない場合は、画像を撮影するしかないです。

バーチャルイン

この様にお金を掛けて商品を撮影する事で、
アマゾンでは、上手くやればOEMしなくても
独占販売も可能です。BASEでも真似されにくくなります。

あっ。BASEでも画像撮影無料でしたね。
今後、無在庫で売れてきたら、
在庫を持って見て販売する際にBASEに撮影頼むと良いですね。
掛かる送料以外は無料でやってくれるみたいなので。

話がそれましたが、

ここの表示順にチェックすると登録した商品が1番上に表示されます。
チャックをしなければ一番下に表示されます。

商品管理で、上記画像の3本線をマウスでドラッグすれば簡単に入れ替える事ができます。
と書きましたが、結構手間が掛かります。

商品数が少なければ良いのですが1000品を超えて来ると
入れ替えだけで数時間掛かると思います。

私の場合は、上位に売れ筋を表示させる位しかいじっておりません。
その他は、カテゴリー設定をしているのでそこから
表示される事を祈るばかりにしています。

基本は、カテゴリーをしっかり実施していれば
上位表示させておきたい商品以外はそのままで良いと思います。

 

こればっかりは、私も良く分からないと言うか
やる方の判断になります。

まぁ私は基本適当につけていますが、
セール品には、セールを付けているくらいですね。

NEWをつける事もありますが、
商品をどんどん出品して行き何千もなった際に
その頃には当然その商品はNEWではない訳です。

でもそれをいちいち変更していたら
途方に暮れる作業になります。

その為、適当で良いのではないかと思います。
細かく言うと景品表示法の問題もあると思いますので
出品者様にお任せいたします。

 

ここは、非常に重要です。本当に重要。超重要です。

多分ここをサボると今後の売上に大きく響くと思います。
商品登録の際もカテゴリー設定よりカテゴリー追加は可能ですが、

APPSのカテゴリー設定よりしっかり初めから作成しておきましょう。

基盤を作成しておくと商品登録の際に追加したい時に追加する程度で終わります。

このカテゴリー設定は、無在庫販売では必須です。

何も設定せずに何千品も出品した後に設定しようと思っても
何日間も掛かるだろうし、たぶん無理ってなってやらないと思います。

ここは、BASEがネットショップであるから必要なんです。
メルカリ、アマゾンなどでは最初からカテゴリーは
母体が作成してくれていますよね。

それを出品する側は選んで終わり。ですよね。

でも、BASE作成時はカテゴリーを自分自身で作成しないと存在しません。
何千品も出品してカテゴリー作成しないと
ほとんどの商品が見られない状態で終わります。

永遠に下に行くお客様はそういません。

その為、出品前に必ず設定しましょう。

こちらの設定方法もLine@限定で動画を配信しておりますので、
そちらを確認し設定して下さい。

何度も言いますが、BASEショップでは、
全てが一から作成となっておりますので、
必ずカテゴリーは出品前に設定して下さい。

ここは本当に重要です。
後々後悔しない為にも設定は適当ではなく、
正確に実施しておいて下さい。


ネットで稼ぐ情報を最速で手に入れる方法とは?

 ネットビジネスやりたいけど何からしたら良いか分からない。

 なるべくリスクをおいたくない方法で実践したい。

 何で自分は結果が出ないんだろう。

 自分に合っている方法がいまいち良く分からない

 情報を得てばっかりで行動ができない。

 なるべく最新の情報を手に入れたい。

などなど、ネットビジネスを実施していると悩みは尽きません。

いざ、始めようと考えていても途中で結局何をしているのか分からなくなる。

ゴールが見えない。
どこに向かっているのかも分からない。

自分には向いていないんだ。
もう諦めよう。

諦めたらそこで終了!!同じ人生を繰り返すだけです。

諦めなければ結果はいずれ出ます。

方法は様々知っています。
まずは、ジンに相談してみませんか?

初期は、物販、そして情報発信へ。
素直に行動できれば成功はできます。

一人でも多くの方の成功を導く為に無料のメルマガ講座です。

2種類のメルマガをご用意しておりますので、

あなたの状況に合わせて購読する事で、ゴールへのロケットスタートが切れます。

登録はどちらか一方でお願いします。

メルマガその1:知識0から始める初心者向けネット物販講座。

これからネット物販を初めてみたいと思っている方。

本気で成果を出したいと思っている方。

最短最速で到達できるよう無料メルマガ講座を開いております。

あなたがネット物販で稼ぐ為に好スタートをきれる様に必要な事だけをお届けいたします。

①ネット物販なんてやったことがない。

②ネット物販における知識なんて何にもない。

③やり方がそもそも分からない。

上記にあてはまる方はこちらのメルマガをご登録下さい。

ネット物販をロケットスタートで始めるメルマガはこちら。

最速でネット物販で収益を発生させるご案内いたします。

ネット物販以外の収益を発生させたい方限定メルマガ。

①もう既に物販では少しは、収益を出している。

②情報発信をしてみたいけど何をどうしたら良いか分からない。

③サイト作成ってどうやってやんの?やって見たいけどやり方が分からない。

そんな方へ、購読するだけでサイトがいつの間にか作成出来る様になっている。
ブログでは言えない秘密の戦略などお話しています。

情報発信をやって見たい方向けメルマガはこちら。

二つのメルマガを同時に見る事は絶対に辞めてください。

両方を実践する事は、初期からは難しいからですね。
作業が分散してしまう恐れを防ぐ為です。

少しずつ成長してステップアップして行かないと何をやっても結果がでない。
こんな事が非常に多いですからね。

少しずつ成果を出して成長して行きましょう。
いずれどこかでお会いして結果を語り合いながらお話できれば良いですね。


おすすめの記事