話せる自分になる。

今回は、YouTubeで必須となる。
話せる様になる方法を説明して行きます。

これを続けている事で、
いつの間にか話せる自分に変化しています。

やり方は、簡単です。
常に音声を取っていなくてもしゃべる。

何しろしゃべる。

これだけです。

えっ。
となりそうですが、
要はアウトプットするしかないって事です。

何かの本や音声で学習したことを
先ずは、話してみる。

得た知識を誰かに話すって
最初は、意外に難しい訳です。

あれっ。ここ何だったけ?
もう一度聞いてみよう。

ってなる訳です。

要は、話をする時に脳がメチャクチャ働き出す訳です。

本を読んで終わり。
音声聴いて終わり。

これは大多数の人がやっている事で、
大抵ほとんどの事は忘れてしまっています。

折角時間を使って勉強しても忘れてしまっては意味がありません。

知識を定着させる為にもアウトプットが必要です。
そのアウトプットの方法でも
しゃべる事が一番知識となります。

理解していない事は、人間しゃべれません。

しゃべれる=理解出来ている

これなんです。

これをひたすら繰り返す。
車に乗っている時でも良いし、
家の中で話すでも良いです。

要は、しゃべろ。

これを繰り返していると話せるように誰でもなります。

その後、音声を取って見ても良いかもしれません。
しゃべれるようになっているんです。

当然、音声も取れる様になるって訳です。

何度も言っていますが、
慣れです。

友達と話すときは、べらべらしゃべれますよね?

それなら出来ます。

先ずは、どこでもしゃべって練習して見て下さい。

おすすめの記事