情報発信の重要性 どんなビジネスでも実施しておいて損はない。

ジンです。

情報発信をやっている人って本当にまだまだ少ないです。
知識を沢山持っているのにもったいないなぁって思います。

①自分の情報なんて誰も見てくれない・・必要と思われていない。
②情報発信ってどうやれば良いのか分からない。
③情報発信なんてしなくても他で稼ぐから十分。

上記の様な理由からやらない人が多いのかなって思っています。

自分だって最初は上記の様な事を思ってやっていませんでした。

自分よりもっと知識ある人なんていくらでもいる。
そもそもやり方が分からないし時間も充てる余裕はないな。

この様な事からずっと行っておりませんでした。

ですが、今こうして行って来た事で明らかに変わった事があります。

それは、
多くの人と繋がる事ができた。
自分自身成長できた。

収益も当然伸びましたが、本当に上記の様な事が一番大きい収穫でした。

経験してみないとこの感覚は分からないものです。

現に自分が情報発信していなければモチベーションも下がっていたと思います。
物販などだけでは続けていられなかったかもしれないです。

情報発信する事で世界が一気に広がった。
収益の幅も広がった。
多くの方と繋がれた。

頑張って構築する事で多くの良い変化があったので
少し話して行きますね。

情報発信って今の時代誰でもできる。やるかやらないか。

昔と違って今って本当に簡単にブログなど作成できます。

確かにブログなどでも様々な仕掛けなど簡単にはできない部分もあります。

ですが、主要になる部分はやる気になれば誰でもできます。

①ブログ作成のYOUTUBEを沢山見る。
②その通りにやる。

簡単に言ってこれだけです。

ドメインを取得、サーバーをレンタル、テーマを購入。

この程度です。

誰しも聞いた事がない単語、カタカナなどを見ると
難しそう。。。自分になんて無理。

この様に思う気持ちは良く分かります。

ですが、いざ実施して見ると簡単にできてしまうものです。

何でも人生経験です。
やると決めてやりましょう。

決断力が無い方は、今すぐにでも作成して見ましょう。
行動が全てです。
行動しなければ何も変わる事はありません。

さあ、自分なんかでも本当にできた。
この様になって見ましょう。

情報発信って言っても何を発信すれば良いのか分からない。

ここも良く悩む部分になります。

SEOを意識して、上位表示を狙って、キーワードを決めて、サイト設計をして。。。。
こんな事は、初期から考えなくて良いです。

ある程度、何に付いて書くブログなのか。
これは決めた方が良いですよ。

例えば、物販の経験を発信して行くとか。

最初から上級者などが行っている事を意識するとそれこそ何も進みません。

何でもかんでも適当で良い。

ここまでとは言いませんが、ある程度許せる範囲であれば十分かと思います。

ある程度ってなんだよ。
ってなりそうですが、、、。

記事の内容が読みやすく、見やすい。
読んでいて苦痛にならない。
参考になるかも。

この様に思われるくらいですね。

なので、記事が読みやすい。
これはテーマなどにもよります。
また、段落を付けて目次が作成される様に書く。

この程度で良いかと思います。
頭の片隅にキーワードを意識して記事を書く。

この程度で良いかと思います。

自分の記事を読んでくれる理由って
興味がある。
共感できる。
参考になる。

この程度かと思います。

何かしら上記に当たる様な記事があったから読まれる訳です。

なので、初期は参考になる。
ここを意識して記事を書いて行くと良いかもしれません。

日記のようなものはダメって事です。

他人の日記なんて誰が喜ぶのかってことですね。
体験談とかは良いですよ。

自分と同じ方向性を向いている記事は有益だからですね。
自分にしか発信できないものになりますので差別化にもなります。

説明するのは難しいですが、あくまでも記事を読むのはあなたではありません。
他人が読みます。

それを考えた際に読まれる様にはどの様な記事を書けば良いのか?
これを考える必要があります。

分かり易い例としては、
問題解決になる記事を書く。

多くの人が記事を読む際は、自分の悩みを解決する方法はないかな?
この様に思い検索したりします。

自分自身でもその様な行動をしているかと思います。

それらを記事にすると良いという事ですね。

これでも分からないと言う方は、
自分が調べて分かった事を記事にしましょう。

調べて分かったって事は、調べる前は分からなかったって事です。

自分が知らなかった事を全員が知っている事ってあり得ません。
自分と同じく分からなくて調べる人もいるって事ですね。

この様な事を記事にして書いて行く。
あとは、読みやすい、理解し易い様に意識しながら記事を書けば良いのです。

この様に意識して書くことで、自分自身もアウトプットになり知識がより定着しやすくなるメリットがあります。

最初から読みやすい、理解し易い記事になる必要はありません。

何度も書いていれば徐々に書ける様に成長して行くものです。

8割程度の完成度で十分かと思います。

なるべく話して教えている様な感覚で記事を書くと読みやすいものになるかと思います。
調べる前の分からなかった自分に教えてあげる様なイメージです。

意識して記事を書いてみて下さい。

記事に関しても改行は意識しましょう。
読みやすさが全く違います。

改行を意識するだけで読まれる記事に変化します。
例を挙げて行きます。

(改行なし)
改行って意識しないで書くとどんどん文章が長くなって行きます。長いままで改行を使わないと読み手としては疲れてしまいます。文字の塊が視界に入り込んで来たらどう思いますか?読むのが面倒だなって思いませんか?
文章の塊ばかりある記事だと論文を読んでいる様で敬遠される場合があります。ブログを読んでもらいたいと思っているのであれば誰からでも読みやすい文章を意識して書いて言った方が良いです。2行位で改行して区切ってあげる。
同じ文章だとしても見え方が全く変わります。文字数に関しても少ない文章であればそこまで影響しないかと思いますが、多い文字数になってくると読み手には負担にしかなりません。ブログを訪れた際に読むの面倒な感じだな。
って思われた時点で折角、記事の質が良かったとしても読まれなければ問題解決にならないし、価値提供になりません。しっかり相手を意識した文章の書き方を意識して文章を作成して行きましょう。

(改行あり)
改行って意識しないで書くとどんどん文章が長くなって行きます。
長いままで改行を使わないと読み手としては疲れてしまいます。

文字の塊が視界に入り込んで来たらどう思いますか?
読むのが面倒だなって思いませんか?

文章の塊ばかりある記事だと論文を読んでいる様で敬遠される場合があります。
ブログを読んでもらいたいと思っているのであれば誰からでも読みやすい文章を意識して書いて言った方が良いです。

2行位で改行して区切ってあげる。
同じ文章だとしても見え方が全く変わります。

文字数に関しても少ない文章であればそこまで影響しないかと思いますが、
多い文字数になってくると読み手には負担にしかなりません。

ブログを訪れた際に読むの面倒な感じだな。
って思われた時点で折角、
記事の質が良かったとしても読まれなければ問題解決にならないし、価値提供になりません。

しっかり相手を意識した文章の書き方を意識して文章を作成して行きましょう。

この様に、同じ文章だとしても改行ありの方が読みやすくなると思います。
読み手が読みやすい様に書く。

これは、相手、自分にとってもメリットしかありません。
相手は読みやすく、自分は読まれて嬉しい。

この様な事も意識して書いて行きましょう。

初期にうんともすんとも反応が無くても諦めないで続けましょう。

ブログを始める事はできた。

ブログを作っている事で既に凄い部類に入るのは事実ですが、
数記事書いてもう辞めてしまっている方が多い様に感じます。

確かにやっとの思いでブログを作成して記事に何時間も掛けて書いたのに何も反応がない。。。

初期の数記事までは、続けよう。頑張ろう。

この様に書いて行きます。

ですが、人間止まると一気に動かなくなります。

明日やろう。次こそやろう。
この様になり。

数週間が経ち。数か月が経ち。

そのまま放置・・・・。

圧倒的にこの様な方が多いのではないでしょうか。

ブログなどもそう簡単には見てもらえる様になりません。
継続し続ける事で徐々にすこーしずつ見てもらえる様になって行きます。

諦めずに記事を書き続ける事で、徐々に見られる。
見られる記事数も上がって行く。
検索結果にも少しずつ載り易くなって行く。

どんどん増えて来る。

この様なものです。

これが何記事なのか?
何文字必要なのか?

これに正解はありません。

数記事では無理な事は当たり前ですが・・・。

考えても見て下さい。
Googleは広告で収益を得ています。

広告で収益を得るって事は、検索結果が良い物でなれなればならない。
この様に考えて当然です。

検索して数記事ばかりのブログなどが上位表示されていたらどうですか?
凄まじく詳細で完璧な記事であれば数記事でも良いかもしれません。

ですが、数記事って事は多くの場合、初心者が書いた確率の方が高いです。
初心者なので記事作成にも慣れていないし分かり辛いものも多い可能性の方が高い。

この様なブログをGoogleとしては上位表示する訳がありません。

上位表示することで、多くのユーザーが離れてしまいます。
ググっても訳わかないブログばっかり出て来て参考にならないから他の検索サイトにしよう。

この様になります。
当然ユーザーが減ればお金を払って広告を出している企業なども費用対効果が悪いとGoogleで広告を出さなくなります。

よってGoogleは衰退して行きます。
考えて見れば分かりますよね。

なので、ある程度Googleに認められる、少し上位に上げてやるか。
この様に思われる様にならなければならなって事ですね。

その為には、数記事などで諦めていては何も起こらない。見られない。
この様になるのは当然って事です。

誰かの役に立つ記事を頑張って書き続ける事でいずれアクセスが自然に来る様になります。
頑張って継続して行きましょう。

アクセスを早期に集める事はできないのか。①

記事を沢山書かなければならない事は分かった。
そして時間が掛かる事も分かった。

でも少しでも早くアクセスが欲しい。
この様に思うのはおかしなことではありません。

ない事もないので少し説明して行きます。

その方法は、外部誘導です。
字の通り外部から誘導して来る訳です。

一般的にブログだけでアクセスを集めようとしている場合は、検索結果経由で来てもらうしかありません。

無数にあるブログの中から自分のサイトに訪れる可能性は非常に少ないです。
その為にSEOを勉強して少しでも上位に上がる方法を様々実施する訳ですね。

ですが、SEOを勉強しても初期はそればっかりとなり行動できなくなります。

勉強する分にはした方が良いのは事実ですが、
初期は記事を書ける様になる。

こっちの方が重要かと思います。

キーワードにしてもビックキーワードを狙う事はしない。
ビックキーワードとは検索されやすいキーワードです。

例えばダイエットなどです。

ダイエットで検索する人って沢山います。

初心者の頃は、
ダイエットで記事を書けば沢山検索されるから自分のサイトも見てもらえるのではないかと思ってしまいます。

ダイエットで記事を書いた所で上位に記事が来る事はありません。
その様なビックキーワードは、ライバルが沢山いるって事ですね。

ボスが沢山いるような所に参加しても初心者なんて存在価値さえない。。。。

この様な厳しい世界です。

この様な所を狙うのではなく、ニッチを狙う。
これが大前提となります。

検索される数は圧倒的に少ない。
でも検索しない人が全くいない訳ではない。
ライバルもそんなにいない。

この様な所を意識して記事を書くと初期でもアクセスを獲得しやすくはなります。

上級者が狙わない、挑んでも来ない、その様なおこぼれを初心者は広い集めて強くなって行く。

これがセオリーです。
この様な考えは常に持っておいた方が良いです。

ライバルが多い所で戦うのではなく、自分の勝てる所で勝負する。
孫氏の兵法を活用するんですね。負けない戦略を練る事が重要です。

企業ではないのだから、圧倒的に成果を出さなくても個人では十分ってことです。

この様な事を意識するだけでもアクセスが集まる期間が早い遅いはあるかと思います。
ニッチと言えども全く検索されない様なボリュームを目指す訳ではありません。

物販で記事をかくのであればジャンルを絞るって事です。

物販で記事を書く=ライバルが多すぎる=自分では勝てない。
物販の中でも中国輸入に特化する=まだライバルが多い=まだ自分では勝てない。
中国輸入の無在庫に特化する=ライバルが減る=戦えるかも。
中国輸入無在庫をBASEに特化する=ライバルが更に減る=上位を狙えるかもしれない。

この様にあくまでもアクセスが超少ないジャンルを選ぶのではありません。
アクセスが多いジャンルを狙うのが良いのは事実です。

検索する人が多いからですね。
検索する人が多い=アクセスが多い

考え方として検索する人はある程度多いが、そのキーワードに対して更に絞って行って
ある程度戦えそうなキーワードに対して上位1位~3位を狙う様なイメージです。

アクセスを早期に集める事はできないのか。②

先ほどは、あくまでもブログのみを考えたアクセスの集め方です。
ですが、もっと早期に集める方法があります。

それが、前回書いた外部誘導です。
様々な所からブログに誘導して来る方法です。

例えば、YOUTUBEの概要欄にブログのURLを貼っておきます。

そうすれば動画を見た人がブログに訪れる可能性がある。
この様な状況を作る事ができます。

YOUTUBEの動画などで聞いた事があるかと思います。

詳細は、概要欄に書いてあるサイトから確認して下さい。
この商品が欲しい方は、概要欄から購入できる様になっています。

この様に動画などからでも自然とブログ、サイトなどに誘導が可能って事です。

検索順位なんて関係ないって事です。

大物ユーチューバーが凄まじい数の商品を売って売上を作った。
この様な場合も動画から誘導しています。

この様に動画にアクセスを集めてもっと詳細を見たい。買いたい。
この様に思われれば集客が可能になるって事です。

購入される為に作成したサイトなんてなんでも良いってことですね。
購入される為のサイトなんて数時間前に作成しても良い訳です。

普通に考えたら数時間前のサイトにアクセスを集めようと思っても莫大な広告費を払う以外ありません。
ですが、動画などから誘導する場合は、全く上位表示などの概念は必要ないって事です。

当たり前のことですが、自分の記事に辿り着く方法が、URLをクリックしてもらう。
これが答えなんですね。

SEOで上位表示を狙う際も、上位に自分の記事があるからURLをクリックされやすい。
これだけです。

違いは当然あります。SEOで誘導する場合は、常に上位であれば安定してサイトに訪れる。
動画で集める場合は、瞬発的になる。動画を出して誘導して初めて集められる。
この様な差はあります。

この事を理解できればその他インスタ、ツイッターなどその他でも同じ方法ができるって事です。

私も初期にアクセスを集めた方法は、YOUTUBEからのブログ誘導が大きいです。
ブログ単体であれば、ここまで早期にアクセスを得る事はできなかったと思っています。

それほど、絶対に実践すべき手法でもあります。

YOUTUBEからでもブログにアクセスがあり記事を沢山読まれればGoogleの検索順位も上がってきます。

ブログ記事数、動画数を比較してもキーワードに対して情報が少ないのは圧倒的にYOUTUBEです。
それだけライバルが少ないのはYOUTUBEの方って事です。

Googleの検索順位を上げるのとYOUTUBEの検索順位を上げるのとではYOUTUBEの方が勝てる可能性が高いって事です。
YOUTUBEもGoogleが提供していますから相性も抜群です。

動画の検索順位が上がればGoogleの検索にも動画が載ります。
ググった人が動画を見て、その後ブログに来る。

この様な事は本当に多いです。

やらない手はないかと思います。

商売する上で客数は最重要です。
客数さえいれば自然に売れる様になります。

頑張って諦めずに構築して行きましょう。

まとめ

情報発信をするからには誰かの役に立つ必要があります。

誰かの役に立つ事が価値提供に繋がります。
価値提供できれば対価として稼ぐ事も可能になります。

初期は何も分からなくて当たり前です。
学校などで習う物でもありません。

それが故に実施者もまだまだ少ないのも事実です。

行動するかしないかは自分自身の判断にはなりますが、今の時代普通に生きる事だけでも大変かと思います。

誰かのせいにする。

これは簡単な事です。
ですが、何も解決には向かいません。

解決できる唯一の方法が自分自身で行動するです。

行動しなければ何もかわらないので失敗もしないかもしれません。
でも、成功する事はあり得ません。

行動すれば失敗もするし成功もします。
成功する可能性は行動するしかないかと思います。

情報発信も続けていれば、自分が成長しながら対価を頂けます。
ネットを活用していますから自分の情報はいつでも見られる状況を作れます。

ネットは仕組み化する事で最大の効果を得られます。
自分の価値を提供できる分身をどんどんネット上に作成して行くイメージです。

あとは、それらを組み合わせてレバレッジを効かせます。
ブログだけ、YOUTUBEだけなどより数倍、数十倍大きな成果が出る様になります。

それを体感できるまでは頑張って行きましょう。

おすすめの記事