仕事を効率的にする10個の方法

仕事を効率的にする為の10個の方法を説明して行きます。
1.準備  2.削減 3.整頓 4.自制 5.不安 6.集中力 7.効率 8.情報管理 9.活力 10.バランス

1準備

目標を決めてスケジュールを立てます。
仕事を効率的にする為に、プランを立てておく事は、重要です。
何も考えずに毎日仕事をしてても効率化は、図れません。
前日から明日やる事を考えておく。

これだけでも、こなせる作業量は、多くなります。

良い方法だと、TO DOリストを作成すると忘れづらいです。
1,今日どうしてもやらなきゃいけないこと
2,今日やっておきたい事
3,時間があればやったほうがいいこと

この様に優先順位を決めておくとわかりやすいです。
よく、あれやるの忘れた!ヤバイ!なんていう自分みたいな人には、特におすすめです。笑
まぁ何かと記録しておかないと人間って忘れてしまうもんです。

2.削減

仕事の無駄を切り捨てます。
無駄な事を要は意識して効率化を図ります。
記事にもしてますので、参考にして見て下さい。
こちらです。

3.整頓

作業する場所を片付けます。
先ずはこの三つをやるだけで、今までとは、こなせる仕事の量が変わって来ます。
習慣化してしまえば、ダメ社員になる方が難しです。

作業効率を上げることで自分自身も楽になる。
どうせ同じ仕事をするんであれば、評価されて楽な方がいいですよね。
その為にもちょっと毎日頭を使うだけで、それが可能となるのです。
意識してみてくださいね。

4.自制

仕事のムラをなくすことです。
自制心を培う努力をしましょう。
簡単に言って自分自身のコントロールです。

そもそも人間なんて何も考えていなければだらけてしまったり、
自分自身に甘くなってしまうものです。
欲望のままにいるほうがずっとカンタンだからですね。
その為にも、繰り返し何かをする事で習慣化することです。

5.不安

ストレスに対処することです。
ストレスとは、望ましくない状況に対する体の応答を指します。
自分の気分を変えられるのは、自分しかありません。

何が原因なのか?
ストレスを生む状況を見つけてみてください。

やる事はやる。
でもたまには、自分の好きなことをやることが、ストレスを解消するのに一番効果的です。

6.集中力

仕事に没頭する事です。
目標を持てば、やらなきゃいけない事が分かるので集中できると思います。
また、机の配置替えや人が視界に入らないようにするなど、環境を変えるだけでも集中力は、高まります。

BASEにしろ環境を整えると集中できるものです。
パソコンの画面を増やす。

ちなみに会議通訳の世界では、実際の集中力の持続時間は、
15分が限界だと言われています。

その為にも、細かく時間を決めて集中する。

7.効率

時間の浪費をなくすことです。
時間をしっかり管理できないと締め切りを守れない。
帰りが遅くてストレスが溜まる。
働き過ぎなどによる肉体的疲労が出てきます。

管理さえよければ、成果も出やすい。
評価が上がる。
同じ仕事でも疲労が少ない。
などとメリットが沢山あります。

8.情報管理

インターネットを利用した情報収入や、ツールを活用することです。
現在は、情報量が半端ではなく、正しい情報を見極める必要がありますが、
有効的に活用できれば、早期に問題解決も可能です。

ツールも上手く活用し、ルーチンワークを無くすことも
効率化を図るのであれば活用すべきです。

9.活用

自分の体をいたわることです。
睡眠時間が短かい、これでは、良い仕事が出来ません。

仕事が終わらない、帰りが遅い、だから睡眠時間が取れない。
これにより、負のスパイラルに陥っているではないでしょうか。

効率を上げ、仕事を早く片付け早く帰れるように考える。
この事が、自分自身の為に、1番効率が良いです。

時には、自分を甘やかす。
自分の好きな事をする。
これもまたリラックスできます。

10.バランス

生活全般が理想的であるのか考えることです。
自分の人生の残り時間を知る、プライベートの時間が仕事に侵食されていないか、
要は、生活と仕事をしっかり分ける事が重要です。

確かに会社によっては、サービス残業が当たり前、帰りが遅くて当たり前、有給なんて取れるわけがない。

などなどいろいろと環境が違うでしょうが、自分の人生ですからね。
良く考えた方が良いかと思います。
仕事漬けの日々が続き気が付いたら、会社に人生の大半を費やしていた。

何も自分のやりたかった人生が送れずに終わった。
なんて、寂しいですよね。
将来を後悔しない為には、考えて見る事も重要です。

自分の人生は、自分でしか変えられません。
努力すれば、何でも出来ると思います。

根性です。

最悪会社を変えるのも一つの手かもしれません。
嫌々、一生働いていても毎日楽しくないのではないでしょうか。
あくまで自己責任ですが。

おすすめの記事