ジンです。

私は動画などで情報発信をした方が良いよ。
と何度も言っています。

そんな事から興味を持ってくれる人も多くなって来ました。
私も当然、情報発信を始めた時は、素人です。

初期なんて適当に記事を書いていました。
アクセスなんて意識していないし、記事を書いていればどんどん見てもらえるようになって来る。

この様に思っていました。

ですが、勉強している内に徐々に分かって来た訳です。

適当に記事を書いていては意味がないと・・・。

そんな事で、今回は私も初期に陥ったどのようにブログを作成して行けば良いのか?
これについて解説して行こうと思っています。

動画も貼っておきますね。
動画を見る事で、徐々にレベルアップが図れてくると思います。

ブログを始めた初心者の多くがやってしまう事。

ブログを作ろう。
この様に考えて、サーバーに契約し、ドメインを取得し
ワードプレスをインストールします。

そして、有料のテーマを購入してカスタマイズして行きます。

よし、準備が整った。
じゃあ記事を書こう。

タイトルを適当に決めて何となく書いて行く。
自分の感覚でどんどん記事を書いていく。

あれっ。
アクセスが全く来ない。

なんで???
記事が足りないのかな???

もっと記事を入れてみる。

やっぱりアクセスが来ない。
今更ブログで稼ぐなんて無理なのかも・・・。

辞めて行く。
この様な事になります。

でも、基本的な事が理解できていない為、アクセスが来ていない訳ですね。

自分のブログに来てもらう為にはどうすれば良いのか?

先ずは、他人が自分のブログを見る為にはどうすれば良いのか?

これを考えなければなりません。

自分のサイトには、当然アドレスがありますよね?
https://○○.com

この様なURLですね。

確かにこのURLをGoogleに打ち込めば自分のサイトを見せる事ができます。

ですが、こんな事をしている人がいる訳はありません。
じゃあURLを教えるからサイトに来てね。

企業などチラシに記入してばら撒くならまだしも、
一般人の人が自分のアドレスをばら撒くなんてしない訳です。

自分のサイトに来てもらう為には、
検索エンジン(Google、Yahoo!)から自分のサイトに辿り着いてもらう必要があります。

ここまでは、理解できたと思います。

検索エンジンで、自分のサイトを表示させる事ができればアクセスが来る可能性があります。
検索エンジンってどのようにして使うのか?
これを考える必要があります。

キーワードを打ち込んで使いますよね。

何か分からない事があった場合、
キーワードを打ち込んで記事を検索して問題を解決する。

これが、Googleの使い方な訳です。

使い方を理解すれば記事の書き方が分かってくるかと思います。

記事を書く際にキーワード選定が一番重要である。

情報を集めているとキーワードが一番重要ですからね。
この様な事を良く耳にすると思います。

初心者にしては、キーワード???
何となく分かるけど・・・。
何かしらキーワードを入れていれば良いんじゃないの?

この位に思っているかもしれません。

でも、キーワード選定って本当に重要です。
重要って言うかアクセスを集めるには必須なんですね。

先ほども言いましたが、記事を見る際に
他人が行っている行動とは、キーワードをGoogleに打ち込んで表示された記事を読む。

これしかない訳です。

キーワードを打ち込んで、自分のサイトが表示されて初めて自分のサイトに来てもらえる。

だからキーワードを決めて記事を書かないと検索される事がないって事ですね。
検索される事がない=アクセスなんて来ない。

キーワードを考えてないで記事を書いている場合は、
記事なんて別に読んで欲しくないし・・・。
この様な行動を取っているのと同じなんですね。

キーワードは、何となく重要な事は分かった。
では、どのように書けば良いんだ?

この様な疑問が次に沸いてきます。

ブログを見てもらう為には、型がある。

Googleもロボットなんですね。

Googleが、記事を選定する際に決めている事があります。
キーワードを誰かが、打ち込んだ。

表示結果にどの記事を一番上に持って行こうかな?
この様にGoogleが考えた時に、優先的に選ぶのが、
記事タイトルになります。

記事タイトルに打ち込んだキーワードが一致しているもの。
これを上位にした方が解決できそうかな。

この様にGoogleは考えるんですね。

例えば、
転売 稼ぐ

このキーワードで検索する人がいるとします。

Googleは、この悩みを解決できる記事はどれかな?
って考えて順位を決めている訳です。

検索して見ました。

この様に全ての記事タイトルに
転売 稼ぐ
というキーワードが入っています。

記事を上位に持って行く為の基本中の基本の考えになります。
タイトルが一致すれば上位に持って行ける訳ではありません。

そんな簡単な話ではないですからね。

でも、最低限の条件として
キーワードが入っている事が基本になります。

ここまで分かれば後は、型にはめて記事を書いて行く。

ブログ記事のタイトルの型
誰が?何に悩んでいるのか?
誰が?何を望んでいるのか?
先ずは、これを頭に叩き込んで下さい。
これを元に記事を書いて行くイメージですね。
アクセスが来るとは何なのか?
悩みがあるから検索する。
そして記事を読んで解決していく。この流れを自分の記事でするからアクセスが来る訳です。
アクセスを集めたいのであれば、
問題を解決できる記事を書いて行けば良いと言うわけですね。

問題を解決する為に記事を書く。基本中の基本。

良くある間違いが適当な日記みたいに記事を書いて行くことです。

正直言って、自分の日記に興味を持ってくれる人なんてほぼいません。
芸能人などであれば話は別ですが、一般人の日記なんて読みたい人の方が少ない訳です。

これを理解すれば、
日記の様に書いて行く記事は当然アクセスなんて集まらない訳ですね。

重要な事は、
誰かが、何かに悩んでいるから記事を書く。

これが正解です。

これを考えて行くと、記事を自分勝手に書くというよりは、
問題を解決する為に、記事を正しく書かなければならない。

誰かが悩んでいる事を解決してあげる。
Googleには、まだ解決されている記事がない。
その為、自分は、回答を知っているから書いて解決してあげる。

この様な言い方の方が良いかもしれません。

その為に、キーワード選定が必要なんですね。

キーワードは、時代と共にどんどん増加して行きます。
物販で言っても、昔にメルカリなんて存在しませんでした。

メルカリが存在しない=メルカリで検索する人はいない。

メルカリが登場して初めて、メルカリと言うキーワードで検索する人が存在する。
メルカリでも様々な悩みが存在する。

メルカリで売上を上げたいと悩んでいる人は、
メルカリ 売上アップ で検索するかもしれない。

メルカリで、商品を購入したい人が検索するかもしれない。
メルカリ 購入方法 で検索する。

この様に、キーワードってどんどん増加して行きます。
新たな商品が発売されたとしても、またキーワードが増加するってことですね。

これを考えれば、キーワードはどんどん増えるし、
それに対する悩みも増える。

増えた分のキーワードに対して、記事が全てある訳ではない訳です。
回答がまだ書かれていない記事を自分で見つけて解決してあげればアクセスは取れるってことですね。

キーワードって言っても需要があります。

キーワード検索される月間件数を意識しなければならない。

キーワードの重要性は理解できた。

じゃあ、キーワードを選定して記事を書こう。
このキーワードにもボリュームが存在します。

アクセスを考えた際に、キーワードからの流入を考える事は理解できたと思います。

キーワードのボリューム???
次は、この事を理解しましょう。

普通に考えれば分かる事ですが、
キーワードを検索する回数は数字で表す事ができます。

副業と言うキーワードを選定したとします。

副業で検索する人は、今は多いですからね。
この記事を書いて上位表示できれば多くのアクセスを集める事ができます。

でも、このアクセスにも限界は存在します。
それが、月間検索件数なんですね。

月に「副業」のキーワードで何回検索されているのか?
これを確認する必要があるって事ですね。

検索回数を確認するサイトは沢山あります。
有料のもの、無料のものと。

今回は、無料のもので検索結果を確認して行きましょう。
使う物は、Ubersuggestですね。

こちらのサイトにキーワードを打ち込むことで、
月間検索回数を調べる事ができます。

副業で検索して見ましょう。

この様な結果になりました。
副業のみのキーワードでは、月間検索ボリュームが135,000回となります。

月に135,000回検索されているってことですね。
絶対にありえませんが、仮に副業のサイトがこの世に1つしかなかった場合、
135,000アクセスをそのサイトが独占する事ができます。

ですが、100万アクセスを達成しようとしても
副業のみでは、達成できない事も理解できると思います。

この様に、検索することで、
キーワードの需要をある程度調べる事ができるってことですね。

どんなに100万アクセスを副業で集めるって言っても無理って事です。

アクセスとは、人数の様なものです。
PVとは違いますからね。

PVは、一人が記事を何個読んだかになります。

1人としても、10記事を読んだ。
この場合は、1アクセス、10PVになります。

アクセスよりPVが多くなるんですね。

ここまでは、理解できたかと思います。
どんなにキーワード選定をしたとしても限界があるんだよってことですね。

キーワードにもレベルが存在します。

先ほど、「副業」と言うキーワードのボリュームが月に135,000回ある事が分かりました。
この副業と言うキーワードは、ビックキーワードという事になります。

基本的な事を理解しておきましょう。
ビックキーワードとは、1語キーワードで1万以上のボリュームがあるもの。
ミドルキーワードとは、2語キーワード1,000~10,000未満。
スモールキーワードとは、3語以上で1000未満のキーワード。

この様に分かれます。

当然、ビックキーワードで上位表示した方がアクセスが多く得られます。
その為、初期からビックキーワードを選んで記事を書いてしまっている場合があります。

ですが、結論から言うと
初心者がビックキーワードでライバルに勝てる訳がありません。
その為、アクセスなんていつまで経っても来ない。

ここを理解しましょう。

なぜ、ビックキーワードで初心者が勝てないのか?

これを考えて見ましょう。
ビックキーワードと言う位です。
検索されまくるキーワードなんですね。

そんな検索されまくるキーワードをGoogleが容易な考えで上位に持って行こうとしますか?
それこそ、Googleの利用者にも影響が起こる可能性があるキーワードの訳です。

多くの人が、そのキーワードで検索して記事を見た。
その際に、適当な記事であったり、解決できない記事が上位にあったとしたら・・・。

利用者としては、
もうGoogleなんて使わない。

この様な流れになってしまう訳です。

それをGoogleとしても防ぎたいですよね。

その為に、ビックキーワードで上位を取っているサイトは、
優良なサイトである事が条件になります。

そこには、権威性なども考慮されて来るってことですね。

例えば、何か病気になった時に、
病院の先生が話す事とそこらへんにいる一般人が話す事。

どちらが信頼できますか?

当然、病院の先生が話した事を信じる訳です。

これが権威性ですね。

記事にもこの様な権威性が必要な場合もあります。
例えば、医療に関わる記事なんかを書く時に、
今では、素人が書いた記事は、上位を取れません。

大抵、専門家が書いた記事が上位を占める訳です。

これには、当然Googleにも考えがある訳です。

優良なサイトを上位に表示しなければならない。
その為に、素人が書いた記事と専門家が書いた記事。

どちらに信憑性があるかと言うと専門家になります。

だから、専門家が書いた記事を素人が勝つ事はできない事になります。

この様に、キーワード選定も重要ですが、
初めから勝てないキーワードも存在する事を知っておきましょう。

初期に狙うキーワードは、スモールキーワードから。

検索ボリュームも理解して、記事を書く際に先ずは、
型とスモールキーワードを意識して記事を書く。

ブログ記事のタイトルの型
誰が?何に悩んでいるのか?
誰が?何を望んでいるのか?
型はこれですね。

また、スモールキーワードは、3語以上で1000未満のキーワード。
これを意識して記事を書いて行きましょう。

そして、ライバルチェックも忘れずに。
記事を書く前にライバルチェックを行う事で、よりアクセスを集める事ができます。
スモールキーワードなら絶対に全部勝てる訳ではありません。
既に、強いサイトがスモールキーワードで上位を取っていた場合は勝てないからですね。
記事を書くには、スモールキーワードを先ずは、検索してみる。
そこで、検索結果に表示された記事を確認して1位を取れるのか?
これを考える必要があります。
でも、これもずっとやっていても進みません。
ある程度、行けると思えば記事を書く。
この程度で良いかと思います。
明らかに、勝てないサイトが多い場合は避けるってことですね。
スモールキーワードを狙う意味は、
初期でも上位表示する事で、少ないアクセスを集める為ですからね。

ブログで気を付けることのまとめ

先ずは、上記を意識することで、
アクセスが全く来ない。

この様な可能性を無くすことができます。

ライバルの弱い所から攻めて行く感じですね。

徐々にアクセスを集められるようになって強くなれば
強いライバルにも挑めるようになってくる。

RPGゲームの様なもんですね。

ビックキーワードでいきなり記事を書く。
これは、装備も何もしていないレベル1の勇者がいきなりラスボスに挑むようなものです。

考えれば分かるけど勝てる訳がない。

ブログ作成では、聞けば分かるけど
この様な事をやってしまっている人が非常に多いわけですね。

徐々にレベルを上げて行く事が重要なんですね。
レベルを高めて行けば必ず成功して行けますので頑張って行きましょう。

おすすめの記事