ジンです。

私も副業でビジネスを行っています。
そこで必須になるのがブログなんですね。

自分のブログを持つ事で、
自分の持っている価値観を提供できます。

私も、教えている方には、なるべく情報発信を推奨しています。

そこで多くの質問を頂く今回のテーマであるブログの書き方について話して行きます。

キーワードに対して解決する文章を書く。

ブログで書きたい事を書く。
これも重要な事です。

ですが、どんなに熱い気持ちがあっても
見れくれる人がいなければ、存在価値がない。

ここに気づかなくてはなりません。

私も実は、BASEの情報を発信していますが、
実は、その他のビジネスに関しても話して行きたいと思っています。

なぜBASEで情報を発信しているのか?

これを行っている意味を話せば理解してもらえるかと思い話して行きます。

多くの人が検索するキーワードで記事を書いても勝てる訳がない。

先ずは、これを理解する必要があります。

悩みに対して答えを書けば良いのなら、
多くの人が悩んでいるキーワードで記事を書けば良いのではないか。

この様に考えます。

これも確かに正解です。

例えば、男性の悩みで多い。
ハゲで考えて行きましょう。笑

ハゲに悩む人が多いのは男性であれば
理解できると思います。

ここで分かり易くする為に、
ハゲに対する知識が凄まじくある人がいるとします。

ハゲに詳しい人
私は、昔から悩んでいたから結構知識は持ってますよ。
様々調べましたからね。
普通の人が知らないことだって沢山知っています。
この知識を提供できれば育毛グッズなどアフィリエイトして稼げるかも。
この様に、日々本当に悩んで来て調べまくった人は、
知識量が半端なくあります。
この人の情報を見る事ができれば参考になる方も沢山いて悩みを解決できるかもしれません。
でも、ここで重要なのが

この人の情報を見る事ができれば
ここになります。
例えば、この人が書ける情報としては、
ハゲの原因。
ハゲの治療。
ハゲの髪型。
ハゲの予防。

この辺りが需要があると思い、記事を書いていきます。
ハゲの原因は、コレだ。
ハゲの治療には、これが良い。
ハゲを隠す髪型とは。
ハゲを予防する食事とは。
この様に、考えられるキーワードを含めて記事を書いて行きます。
そして、気づきます。
誰もサイトを見てくれないと。。。。
頑張って、何日も何日も自分の知識を書いて行きます。
ですが、誰もアクセスしてくれません。
徐々に誰にも見られないし、アフィリエイトリンクを貼っても成果になりません。
その後、辞めてしまいます。
この様に、初期に情報発信を始めよう。
この様に考えた時に、多くの初心者がこの様な事態に陥ります。
要は、キーワードの選定を間違ってしまう訳ですね。
キーワードには、ビックキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードがあります。
今回の方のキーワードは、ビックキーワードになる訳ですね。
例えばこの方の書いたハゲの予防の記事が、
ハゲ 予防 のキーワードで一番上にいたとします。
この場合は、この方の報酬は、○百万は行くでしょう。
それ程、需要がある(悩みが多い)キーワードだからですね。
こんなキーワードを企業が狙わない訳がありませんよね。
考えて見れば分かるかと思います。
この様に、初期に一番多く間違えてしまう事が
キーワード選定なんですね。

初心者から、ビックキーワードを狙いに行ってしまう。
だから稼げない。

良くある例では、
ダイエット、痩せる、筋トレ、美容などなど。

多くの人が悩んでいそうなキーワード。

これを選んで記事を必死に更新している訳ですね。

残念ながら、これではいつまで経っても誰にも見てもらえません。

上位表示する事が難しいからですね。

キーワードは、初心者でも勝つことが可能なものを選ぶ。

キーワードと言っても∞に存在する訳で、
人間も自分で思っている以上に多くいます。

こんなキーワード誰が検索するんだ。
この様な事も考えるかもしれません。

ですが、意外にいる場合もあるんですね。

じゃあ、誰も知らない様なキーワードで記事を書けば良んだ。
この様に思う人もいるかもしれません。

ですが、残念ながらこれも間違いなんですね。

誰も知らないキーワードを使用して
確かにそのキーワードで1位を取った。

これでも、アクセスは集まらないんですね。

要は、そのキーワードで検索する人がいないからですね。

つまり重要な事は、
ある程度需要もありそうなニッチキーワードで記事を書く。

この必要があります。

私も、ブログについてはプロではありません。
上にはいくらでもいますからね。

ですが、私が初期からアクセスを集める事が出来たのは、
このニッチなキーワードで記事を書くことある程度知っていたからです。

私が情報発信をした際に
初期から気を付けていた事なんですね。

例えば、私が、物販や中国輸入だけをキーワードに決めて記事を書いていた所で、
アクセスなんて集まらなかった訳ですね。

私は、BASE(ベイス)をキーワードに入れる事で、
早期にアクセスを集める事が出来ました。

その理由がニッチなキーワードだったからです。
また、ある特定の需要が存在したからなんですね。

BASE(ベイス)は、今では少し聞くようになりましたが、
昔は、存在自体知らない人も多かったんですね。

ですが、BASE(ベイス)を実践している人はいた訳で、
実践をしていると悩みが出てきます。

それに対して記事を書いて行けばアクセスが集まって来るかもしれない。

この様に考えた訳です。

その結果として、早期からみられるサイトを比較的早く立ち上げる事が出来ました。
その為、今後ブログを作ってみたい。

この様に考えている人は、この点に注意してサイトを作成して見て下さい。
間違ってもビックキーワードは狙わない。

これが初期には重要です。

キーワードはどのように選定すれば良いのか?

次に出て来る疑問としては、
どの様なキーワードで記事を書けば良いのか?

どんなジャンルで実践するかで変わってきますが、
今回は、アフィリエイトでペラサイトを作る感覚で解説して行きます。

なぜペラサイトで話して行くかは、
ペラサイトほど、ニッチなキーワード選定が必須だからですね。

ペラサイトを知らない人に簡単に解説すると、
ペラサイトとは、1ページで完結するペラペラなサイトの事です。

良くサプリメントなどをアフィリエイトする時に利用されるページですね。
1ページに何か所かアフィリリンクが置いてあり、
読んだ人が、そのリンクから商品を購入する事で、報酬が得られます。

現在は、Googleのアルゴリズムの頻繁な変更から
ペラサイトは稼げない。

この様な事も言われていますが、
現に稼いでいる人もいるのも事実です。

要は、やり方次第かと思っています。

このやり方次第と言うのがキーワード選定次第って事ですね。

現在、ネットには無数のサイトが存在します。
その為、何かしらキーワードを入れればある程度
解決できるサイトが見つかると思います。

ですが、ニッチなキーワードで良くあることですが、
自分の調べたいキーワードを入れても中々納得できる回答が見つからない。

こんなキーワードも良くあると思います。

ここにチャンスがある訳ですね。

解決したいのに解決できるサイトが無かった。

じゃあ、解決できた後に、自分で解決した事を記事にすれば良い訳です。
意味分かりますかね。

自分が悩んでいるって事は、
他人も悩んでいる可能性もあるって事ですね。

自分で調べて読んだサイトで良くある事。
「これを知りたいわけじゃないんだよなぁ。」
「全く書いてないし」
「ここまでは分かったけど、もっと具体的に知りたいんだよな。」

この様な経験って良くあると思うんですね。

だから、その様な方に対して、答えを知っているのであれば
そのキーワードに対する答えを書いてあげる。

これが正解だと思っています。

キーワードで検索してくる人の悩みも様々です。
自分の書いた答えで解決できる人。できない人。

自分の記事で全員の悩みを解決する事は大抵無理ってことです。
誰か一部の人でも、解決してあげる事ができればそれで良い。

この様な感覚で記事を書くと良いかもしれません。
まだまだキーワードに対して全員の解決に至っている記事はない。
狙えるキーワードはまだまだ探せばいくらでも見つかる。

まとめてみましょう。

今後、情報発信などで、ブログなどを書く際に気を付ける事。

ビックキーワードは、選ばない。
ニッチで、ある程度需要がありそうなキーワードを選定する。

具体的に言えば、そのキーワードで検索して見て
ライバルチェックをして見るって事ですね。

キーワードで検索して、
一番上や10位以内に入っている記事を見て、
直感で自分の書いた記事が勝てるのか?

これを考えて見る事です。

例えば、
「副業 稼げる ネットショップ」

このキーワードで書こうかなと決めて
検索して見ます。

先ずは、「副業 稼げる ネットショップ」この3語のキーワードがタイトルに入っているか確認します。

ここで、タイトルに副業だけのサイトが多かった場合は、チャンスになります。
要は、ピンポイントでこの3つのキーワードを狙った記事はないって事ですね。

この場合は、記事の内容が良ければ、
最初は無理だとしても時間が経つと1位になれる可能性があります。

この3語キーワードに対するライバルは少ないって事ですね。

仮に3語ともタイトルに入ったサイトが多かったとしても
無料ブログが上位であったり、内容が薄いサイトが上位に来ている。

この場合も、しっかり良い記事を書けば勝てる。
この様に考えて行きます。

初期にこれも、あれもと考えていると作業が止まるので、
ある程度の意識で問題ないです。

書くことで、スキルがどんどん高まる事と
記事1個だけでアクセスを集める考えは持たない方が良いからですね。

ニッチキーワードで上位表示できる記事を量産して行く。
最初は、1つの記事に5PV、10PV、50PVと少ないかもしれない。

これで良い訳ですね。

例え50PVとしてもその様な記事を100記事書けば5,000PVとなります。

ビックキーワードで1万PVを狙うのではなく、
少ないアクセスでも安定してPVを積み重ねて行くイメージですね。

その方が、アルゴリズムの変更でも長く残っていけるサイトが出来ると思っています。

1万PV取れる記事でも、だから安心ではないんですね。
それが一生であれば良いかもしれませんが、
アルゴリズムの変更で、その記事が圏外に飛んだら・・・。

一切アクセスがなくなってしまって死亡・・・。

この様な可能性も十分あります。

それだったら、少ないアクセスでも一個の記事が飛んでしまっても
残りの記事のアクセスは生きている。

この方が、安心ではないでしょうか。

情報発信での収益もやり方で多く変わります。
私は、少ないアクセスでも大きな収益を産める仕組みを作っています。

アドセンスなどで稼ぐ場合は、膨大なアクセスがないと
生活するのは難しいでしょう。

でも、私の場合は、少ないアクセスでも大きな収益を得られる。
その為、そこまで莫大なアクセスは必要ではないんですね。

コツコツ記事を増やして、少しずつ安定してアクセスを増やして行けばそれで良い。

この様なサイトを目指して構築を続けています。
少しでも参考になればと思います。

おすすめの記事